体験授業無料受付

No.7 ◯◯オリンピック!!

blog

No.7 ◯◯オリンピック!!

2015年12月14日

こんにちは!東大家庭教師友の会スタッフの柴田です。
だんだん寒くなってきましたね。この時期になると、受験前はマスクを二重に付けて風邪の予防していたのを思い出します。やりすぎですね・・・(笑)
それはさておき、これからスタッフブログを書いていくことになりました。不慣れな文章ですが最後までお付合いいただけると幸いです。

オリンピックはオリンピックでも・・・

表題にもあるように今回はオリンピックについて書きたいと思います。 2020年に東京でオリンピックも決まったということで、東京オリンピック! と思った方、残念ながら違います。 今回は数学オリンピックについてお話しさせていただきたいと思います。

数学オリンピックとは?

数学オリンピックとは、「毎年行われる、中・高校生を対象とした数学の問題を解く能力を競う大会」です。大会には日本数学オリンピックと国際数学オリンピックの2つがあります。国内大会では約3000人を超える人が参加し、上位6名に入ると日本代表として国際大会に出場することができます。一方国際大会は、世界100ヶ国を超える国々から約500名以上の学生が集まり、数学力を競います。
国内大会、国際大会共に上位3名には金・銀・銅のメダルが送られます。また国際大会では、観光や国際交流などのプログラムが組み込まれており、各国選手と交流を深めることもできます。この大会で上位に入るにはかなりの数学の力が必要になってきます。

数学オリンピックで良い成績を取ると・・・

みなさんご存知の通り、2016年より、東京大学などでAO入試が始まります。 東京大学のAO入試の募集要項によると学校の調査書の他に、「いずれかの分野で高等学校等の生徒として飛び抜けた才能を有すること」を証明するものを提出することを求められます。この1つに数学オリンピックで顕著な成績があります。
つまり、数学オリンピックで良い成績を取ると東京大学に出願することができるのです。また東京大学だけでなく、他の大学のAO入試にも出願することが可能です。

最後に

これまで数学オリンピックのお話しをさせていただきましたが、 受験、定期テストなど数学の勉強は身近なものです。 東大家庭教師友の会には、数学オリンピックに出場、入賞した先生、数学入試本番満点教師、模試で1位を取った教師など数学に自信を持った先生が多数在籍しています。 ぜひ、友の会の家庭教師を活用して数学の対策をし、成績の向上、大学合格を掴んで みませんか?

>>詳しい数学対策はこちら

new_pc_btn_experience_common

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集