体験授業無料受付

No.43 サピックス(SAPIX)中学部 クラス分けテスト対策

blog

No.43 サピックス(SAPIX)中学部 クラス分けテスト対策

2017年07月26日

こんにちは!東大家庭教師友の会スタッフの石井です。

最近、学会発表のため台湾に行ってきました!

台湾のお土産を持ってオフィスに行くのですが、着いた瞬間にお土産の存在を忘れ、未だにスタッフに渡せていません!

さてさて、本日のテーマは、『サピックス(SAPIX)中学部 クラス分けテスト対策』です!

サピックス中学部に通っているお子様の中には、

「クラス分けテストで高得点が取れない…」

「クラス分けテストで思うような結果が出ず、上位のクラスに入れない…」

などと悩んでいるお子様もいらっしゃるのではないでしょうか。そんなご家庭様は必見です!

目次

 

 

 

サピックス(SAPIX)中学部
クラス分けテスト対策”3つ”のポイント!

①基礎固め・苦手克服

サピックス中学部のクラス分けテストは難易度が高いため、基本的な問題で確実に得点する必要があります。

そのため、基礎固め・苦手克服は必須です。

基礎固めのポイントは、基本問題を毎日コツコツ勉強することです。

毎日コツコツ勉強するためには、学習計画立て、勉強習慣づけが非常に重要です。

自分に合った学習計画を立て、毎日勉強する習慣を身につけましょう。

苦手克服のポイントは、何が苦手なのかを明確にすることです。

今まで受けたテストの結果などを参考にして、お子様はどこでつまづいているかを明確にするようにしましょう。

その上で、なんでつまづいているのか、どこを理解できていないのかというように、苦手である原因を見つけ出しましょう。

②通常授業の復習

クラス分けテストは、サピックス中学部の通常授業の内容に関連した問題も出題されます。

そのため、通常授業の復習が必要不可欠です。

通常授業内で扱った問題はもちろん、授業で扱わなかった問題、宿題に課された問題、授業内での復習テストや確認テストなど復習することはたくさんあります。

しかし、学校と塾の両立で忙しい中学生は、これらすべてを復習する時間はありません。

よって、特に重要な問題やお子様が苦手な問題を優先的に解くなど効率的な勉強法を身につける必要があります。

③試験に慣れる

授業にはついていけるけど、クラス分けテストで高得点取れない…というお子様が多いです。

様々な理由が考えられますが、原因の一つとして試験に慣れていないことが挙げられます。

外部の模試を受けて試験に慣れるのもいい方法ですが、日頃の勉強から試験を意識するとよいでしょう。

具体的には、問題を解く際は時間を決めるようにしましょう。

そのため、塾の先生などに「この問題は何分くらいで解くのが目安なのか?」を事前に聞いておくと良いでしょう。

 

東大家庭教師友の会ができること!

クラス分けテストで高得点を取るためには、お子様に合った対策が重要です。

しかし、お子様に合った指導はサピックス中学部に通っているだけでは難しいと思います。

なぜなら、サピックス中学部は集団塾であるため、生徒一人一人にかけることができる時間が限られているからです。

そのため、『サピックス中学部+家庭教師』というのがベストだと、個人的には考えています。

東大家庭教師友の会には、 お子様のお悩みを解消したい!という熱意ある教師が多数在籍しております。

サピックス中学部クラス分けテストにお悩みの方は、是非、お気軽にお問い合わせください!

また、サピックス中学部対策ページもありますので、そちらもご覧ください!

▷サピックス(SAPIX)中学部対策ページ

資料請求・お問い合わせはこちら!

new_pc_btn_experience_common

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集