体験授業無料受付

No.46 サピックス(SAPIX)中学部 SS特訓対策”3つ”のポイント

blog

No.46 サピックス(SAPIX)中学部 SS特訓対策”3つ”のポイント

2017年08月15日

こんにちは!東大家庭教師友の会スタッフの石井です。

最近、友の会スタッフで、そうめん、スイカ、かき氷を食べました!夏ですね〜!

夏気分を味わうことができて、とても楽しかったです!

さてさて、本日のテーマは、『サピックス(SAPIX)中学部 SS特訓対策』です!

サピックス中学部SS特訓を受講しているお子様の中には、

「サピックス中学部SS特訓が難しくてついていけない…」

「サピックス中学部のSS特訓の復習が全然できない…」

などと悩んでいるお子様もいらっしゃるのではないでしょうか。そんなご家庭様は必見です!

目次

 

 

 

サピックス(SAPIX)中学部
SS特訓対策”3つ”のポイント!

①基礎固め・総復習!

サピックス中学部SS特訓は、中学2年生はテーマ別講座、中学3年生は志望校別講座となっています。

SS特訓は難関高校合格のための講座なので、難易度は非常に高いです。

そのため、基礎固め、総復習ができていないとSS特訓の授業についていくことはできません。

しかし、「基礎固め、総復習って、どう勉強すればいいのかわからない…」と悩むお子様が非常に多いです。

加えて、中学生は学校の授業、部活、習い事、サピックスの授業と非常に忙しいため、効率的に基礎固め、総復習する必要があります。

特に重要な問題だけを復習して、基礎力をつけるなどの工夫をするといいでしょう。

「重要な問題がどんな問題なのかわからない…」など基礎固め、総復習でお悩みのご家庭様は、ぜひ、東大家庭教師友の会にお問い合わせください!

東大家庭教師友の会の家庭教師は、限られた時間の中で「基礎固め」「総復習」を行い、難関高校・難関大学の合格を勝ち取った経験があります。

東大家庭教師友の会の家庭教師は、効率的に基礎固め、総復習を行うノウハウがあります!

▷東大家庭教師友の会へのお問い合わせはこちら!

②苦手克服!

SS特訓で扱う問題は応用問題がほとんどであり、基礎事項の習得が前提として授業が進んでいきます。

そのため、苦手で基礎もままならない分野を放置しておくと、応用問題を解くことが非常に難しくなり、その結果SS特訓の授業についていくことができなります。

つまり、苦手の克服はSS特訓の授業についていくために必須なのです。

しかし、「苦手克服って、どうやればいいのかわからない…」とお悩みのお子様が非常に多いです。

苦手克服をするには、何が苦手なのかを明確にすることが重要です。

今まで受けたテストの結果などを参考にして、お子様はどこでつまずいているかを明確にするようにしましょう。

その上で、なんでつまずいているのか、どこを理解できていないのかというように、苦手である原因を見つけ出しましょう。

苦手である原因を見つけられないなど、苦手克服にお悩みをお持ちのご家庭様は、ぜひ、お気軽に東大家庭教師友の会にお問い合わせください!

友の会の家庭教師が、苦手克服を全力でサポートをします!

▷東大家庭教師友の会へのお問い合わせはこちら!

③”効率的な勉強ノウハウ”を身につける!

中学生は、学校の授業、部活、サピックスの授業などの両立をする必要があり、非常に忙しいです。

時間があまりないため、SS特訓の授業についていくためには効率的な勉強ノウハウを身につける必要があります。

●効率的な勉強方法

限られた時間の中で、「自分がやるべきことは何か?」ということを考え、優先順位を決めることで、効率的に勉強することができます。

しかし、「やるべきことが多すぎてどれが優先的にやるべきなのかわからない…」など、効率的な勉強方法がわからないお子様が多いのが現状です。

そんなお悩みの方は、ぜひ、東大家庭教師友の会にお問い合わせください!

東大家庭教師友の会の家庭教師は、限られた時間内で「難関大学に合格するために、自分がやるべきことは何か?」ということを考え、受験勉強をしてきました。

つまり、やるべき勉強の優先順位を決めて、効率よく受験勉強を行い、難関大学に合格しています。

そのため、難関公立高校合格を勝ち取る効率的な勉強方法を身につけてきています!

その効率的な勉強方法をお子様に丁寧に教えることで、SS特訓にもついていけるようになります!

●自分に合った学習計画立て

SS特訓は、毎週日曜日に講座が開かれます。

それにもかかわらず、

「今日は、学校の宿題があるから…」
「今日はSS特訓の復習する気分じゃない…」
「SS特訓の問題は難しいからやる気が出ない…」

などの理由をつけて、SS特訓の復習をしないお子様が多いのが現状です。あなたのお子様は当てはまらないでしょうか?

その日の気分で勉強をしていたら、SS特訓の復習どころか勉強自体なかなか進みません。

これは、学習計画をきちんと立てていないのが原因です!

学校の授業、部活、習い事、サピックスの授業などの予定を考慮して、「明日の17時から18時まで、SS特訓の数学でつまずいた問題を復習をする!」くらい具体的な学習計画を立てるようにしましょう。

「具体的な学習計画を立てることができない…」とお悩みのご家庭様は、ぜひ、東大家庭教師友の会にお問い合わせください!

東大家庭教師友の会の家庭教師は、「難関大学に合格するためには、自分には何が必要なのか」といったことを考え、自分に合った学習計画を立て、難関大学の合格を勝ち取った経験があります。

つまり、目標を達成するための自分に合った学習計画立てのノウハウがあります!

東大家庭教師友の会では、これらの効率的な勉強ノウハウをお子様に丁寧に教えます!

 

東大家庭教師友の会ができること!

SS特訓の授業についていくためには、お子様に合った対策が重要です。

しかし、お子様に合った指導はサピックス中学部に通っているだけでは難しいと私は考えています。

なぜなら、サピックス中学部には数多くの生徒がいるため、教師が生徒一人一人にかけることができる時間が限られているからです。

そのため、SS特訓対策には『サピックス中学部+家庭教師』というのがベストだと、個人的には考えています。

サピックス中学部SS特訓にお悩みの方は、是非、お気軽にお問い合わせください!

また、東大家庭教師友の会では、サピックス中学部のフォローも行っております!

ぜひ、こちらもご覧ください!

▷サピックス(SAPIX)中学部対策ページ

資料請求・お問い合わせはこちら!

new_pc_btn_experience_common

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集