体験授業無料受付

No.47 読書感想文の書き方

blog

No.47 読書感想文の書き方

2017年08月21日

こんにちは!家に籠ってずっと本を読んでいた結果、100冊を超えたことが中一の夏休みの思い出、友の会学生スタッフの深澤です。

前置きのように私は読書が好きなので、今回は夏休みの宿題の定番「読書感想文」の書き方についてお話したいと思います!

夏休みの宿題に読書感想文が出されることは多いのですが、「何をどのように書いたらいいのか、、、」悩んだ結果後回しにしてしまうお子様が多いことも事実です。

あなたのお子様は読書感想文をスムーズに書き終えていますか?もしまだなら、以下の点を参考にしてアドバイスをしてあげてみてください。

目次

①本の選び方のコツ
②読むときのコツ
③文章の構成

 

①本の選び方のコツ

まずは、どんな本で読書感想文を書くのか。 学校で課題図書が指定されているという場合は別ですが、「本選びが、読書感想文の書きやすさを決める」と言っても過言ではないでしょう。

ここで本を選ぶ際に一番大事にしてほしいのは、「自分(お子様)自身が興味のある図書」を選ぶということです。 「有名な図書だから」という理由で本を選んでしまうと、自身と結び付けて考えるのが難しくなって、書きにくくなってしまうので注意してください。

では、「興味のある図書はどのように選べばいいのか、、、」そう悩まれる方もいらっしゃるかもしれません。

図書館にはお勧めの本を展示してあることが多いので、軽く読んでみて自分(お子様)に合った一冊を見つけてもらうのがお勧めです!

また、「本のタイトルや表紙などが気に入ったから」という理由でも構いません。見た目 がその本全体の雰囲気を表していることも多いので、難しく考えずに取り掛かってみましょう!

 

②読むときのコツ

本を決めたら読む段階に入っていくのですが、ここで後で書きやすくなるためのコツがあります。

それは「内容を忘れないように付箋を貼りながら読む」ことです。

いくらページが少ない本でも、読み終えたときに「どこにどんな内容が書かれていたか」をすべて覚えていることはできません。

あとで書きやすくするためにも、読む段階で「共感できる部分」「自分なら違う行動をとると思った部分」など、心が動かされたポイントを見つけてしまいましょう。

 

③文章の構成

さて、いよいよ書き始めです。

———-

(0.図書選定理由)
「なぜその本を選んだのか」を書きます。
※課題図書の場合は除いてください。

1.あらすじ
簡潔で構いません。あくまでも感想文がメインなので、あらすじの分量が多くなってしまわないように気をつけることが大切です。

2.感想
②で貼った付箋を参考に、自分が最も感情を動かされた部分について書きます。「ここが〇〇だから良かった。」という感想だけでなく、「自分ならこうしただろう」など、自分や、自分の体験と絡めて書くことがポイントです

3.終わりに
「この本を読んで〇〇を得た。」 「この本を読んでこれから〇〇していこうと思った。」などを書いて締めくくります。

———–

以上の構成に沿って書くとスムーズでしょう。

文章力が弱いと感じた方は

以上の点に従っても、上手く文章が書けない様子のお子様、、、

友の会の家庭教師なら、読書感想文などの作文の指導も行っています。 文章を書くコツだけでなく、添削をしてもらうことでより良い文章が書けるように致します。

また、作文を書く力は、国語の成績向上や推薦入試にとって非常に重要な力です。

しかし、文章力は短期間で身につくものではないので、少しでも苦手を感じたならすぐに対策をすることが大切です。 友の会の家庭教師とともに、書く演習と添削を繰り返して文章力を上げていきましょう。

このページをご覧になって、少しでも気になった方はお問い合わせください!

>>>作文対策についてもっと知りたい方はこちら

資料請求・お問い合わせはこちら!

最後までお読みいただきありがとうございました!

new_pc_btn_experience_common

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集