体験授業無料受付

共立女子第二中学校対策ページ

共立女子第二中学校対策ページ

共立女子第二中学校とは

明治19年に、女性の社会的な自主性と自立を目的に設立されたのが共立女子第二中学校の起源です。

現在八王子に建つ共立女子第二中学校・高等学校は、「誠実・勤勉・友愛」を校訓として、周りを理解し、自己から発信のできる、真の美しさを身につけた女性の教育に力を注いでいます。

また共立女子第二中学校の具体的な教育方法として、実際に校内で野菜作りを体験したり、3年間で100冊もの本を読む読書指導を行っていることなどが挙げられ、他の中学校にはない、独特の教育が特徴となっています。

試験回 第1回 AM 第1回 PM 第2回 AM 第2回 PM
偏差値 38 39
試験日時 2月1日 9時〜 2月1日 15時〜 2月2日 9時〜 2月2日 15時〜
募集定員 50名 35名 25名 10名
2科目受験・配点 国語100点・算数100点
4科目受験・配点 国語100点・算数100点・理科50点・社会50点
倍率(2016年) 1.2倍 2.4倍 2.9倍 9.2倍

*この他にも、English 4-Skills Test や、適性検査型の試験がありますが、どちらも1回目PMの試験と同じ時間帯に行うので、同時に受験はできません。

 

共立女子第二中学校の入試傾向と対策

共立女子第二中学校の国語

共立女子第二中学校の国語は、試験時間が60分で、大問3題構成の100点満点の試験となっています。大問1と大問2は文章題で、説明文と物語文の2種類の文章が出題されます。本文の内容をよく理解し、訊かれている問いに対して的確な解答を出せるようにしましょう。

また、国語に関する簡単な知識を問われることもあります。有名な作品の作者などは、普段から意識して覚えるようにしましょう。大問3は漢字の読み書きや、熟語などの知識問題です。基礎的な問題は確実に得点できるように、間違えた問題は確実に復習して定着させていくことが大切です。

共立女子第二中学校の算数

共立女子第二中学校の算数は、試験時間が60分で、大問5題構成の100点満点の試験となっています。大問1は、単純な四則演算と簡単な文章の計算問題です。計算ミスなどがないように、見直しをしっかりして確実に得点しましょう。計算問題は演習量の多い者勝ちです。日々勉強するようにしましょう。

次に、図形に関する問題が出題されます。面積や体積を求める問題は、解法を自力で導き出す練習をしておきましょう。一見複雑でも、簡単な問題であることもあります。図をよく見て慎重に解いていきましょう。速さや場合の数の問題もよく見られます。毎年出題の傾向は似ていますので、練習を重ねて、問題ごとの規則性を素早く理解し、解けるようにしておきましょう。

共立女子第二中学校の理科

共立女子第二中学校の理科は、試験時間が社会と合わせて60分で、大問4題構成の50点満点の試験となっています。「物理」「化学」「生物」「地学」の4分野から平等に出題されるので、まんべんなく知識をつけておくことが必要です。

基本的に選択問題となっていますが、理由を求められる問題や、計算して必要な解答を出すものもあります。基礎的な内容の暗記はもちろんですが、単純な暗記だけではなく、理由やその原理まで答えられるようにしておきましょう。実験方法や観察に関する問題も、仕組みを理解して演習を重ねるようにしましょう。これにより、理科で高得点を狙えるはずです。

共立女子第二中学校の社会

共立女子第二中学校の社会は、試験時間が理科と合わせて60分で、大問3題構成の50点満点の試験となっています。「歴史」「地理」「公民」の3分野から平等に出題され、基礎的な知識を身につけていることが重要です。資料集や参考書を読んだ後、過去問などで練習を重ねていきましょう。主に選択問題ですが、記述問題や単語を記入させる問題も出題されています。

また、時事問題は日頃からニュースや新聞などに目を通し、現在の世界の大きな流れや事件についての知識をつけておくことが大切です。

 

東大家庭教師友の会だからできること

共立女子第二中学校出身の教師数が業界トップクラス

東大家庭教師友の会には、共立女子第二中学校出身の家庭教師が多数在籍しております。
お子様の志望校である共立女子第二中学校出身の教師は、自身の中高生活の話をすることでお子様の学習意欲を高めたり、中学受験本番の体験を話すことでお子様の気を引き締めたり、良きお姉さんとして指導することができます。

指導力の高い難関大生家庭教師

東大家庭教師友の会は難関大生であれば誰でも家庭教師になれるわけではありません。
面接の際に、人間性や指導力を見ているため、採用率は20%以下という厳しい水準になっています。そのため、お子様の力になりたいという熱い思いを持った教師が多いことが特徴です。

共立女子第二中学校受験生をトータルサポート

共立女子第二中学校の過去問対策はもちろん、SAPIXや日能研などの塾の授業のフォローなども可能です。また、勉強習慣の確立や勉強計画の作成も、お子様と一緒に行います。お子様の苦手や理解できていない部分を、一緒に乗り越え、共立女子第二中学校合格まで導きます。

 

 

中学受験塾のフォローにも強い

共立女子第二中学校合格のため、大手中学受験塾に通われているお子様も多いかと思われます。
東大家庭教師友の会は中学受験塾のフォローにも対応しております。
詳しくは以下をご覧ください。

  • SAPIX
  • 日能研
  • 四谷大塚
  • 早稲アカ

new_pc_btn_experience_common

このページに関連する家庭教師紹介

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集