体験授業無料受付

明治大学付属明治中学校対策ページ

明治大学付属明治中学校対策ページ

明治大学付属明治中学校とは

明治大学付属明治中学校は東京都の私立中学校です。「質実剛健」「独立自治」の精神を養うことを教育方針としており、学校行事や班・部活動にも力を入れています。

入試 第1回

第2回

日程 2月2日 2月3日
偏差値 68  
募集定員  男女90名 男女60名
受験科目   国語100点・算数100点・理科75点・社会75点
倍率(平成28年度)  2.9倍 4.3倍

 

明治大学付属明治中学校 入試内容と傾向・対策

明治大学付属明治中学校の国語 傾向・対策

明治大学付属明治中学校の国語は試験時間50分です。(配点100点)近年は大問2題(「読解問題」と「漢字問題」)の形式が取られており、また文章内容は主に論説文(説明文)が扱われます。

解答形式は、選択肢・空所補充・抜き出し・乱文整序・語句記述・説明記述などと多岐にわたりますが、特筆すべき点として「シンプルな説明文」が挙げられます。 

この「シンプルな設問文」を攻略するための最大のカギは「解法」をいかにうまく使うかということです。塾で習う解法通りに忠実に解き進めていくことが高得点への近道と言えます。

塾の授業や課題として出される演習においても、ただ解いて解説を聞いて終わりにするのではなく、解答に至るまでのプロセスを明確にしておくことが重要です。特に、間違った問題からは正解以上に多くのことを学び取ることができます。解き方の過程のどこが間違っていたか?そこをしっかりと確認して頭に刻み込んでおくことが、同じ間違いを繰り返さない秘訣です。

それらの過程を通じて、同種の設問に共通する解き方の過程を身につけられれば、それが「解法」となります。自分なりにノートを作ってポイントを書き留めるなど工夫を凝らせば、さらに確かなものになるでしょう。

明治大学付属明治中学校の算数 傾向・対策

明治大学付属明治中学校の算数は試験時間50分です。(配点100点)算数については、傾向が比較的強く表れています。

大問1は計算問題(小数・分数を含む四則計算、□を求める還元算)を含む一行問題です。

大問2以降は、割合と比・速さ(旅人算)・平面・立体図形を中心に、幅広く出題されます。

また、奇をてらった問題(いわゆる”捨て問”)というのは出題されにくく、分量もきわめてオーソドックスです。都内上位校としては少なめであり、時間不足になって解けないということは無いでしょう。どれだけ勉強してきたかがそのまま結果につながる試験問題と言えます。

しかしながら、いくら捨て問が出題されず、解きやすい問題が並んでいるとしても油断は禁物です。その中で自分が「簡単だ」と思えるものは他の受験生がみても同じことです。この解きやすさも明治大学付属明治の競争率の高さに一役買っているのです。あと一歩のところで周りに差をつけることが合格への近道と言えるでしょう。そしてそのためには早い段階から、当たり前のことを着実にこなせる力をつけておくことが必要になります。

明治大学付属明治中学校の理科 傾向・対策

明治大学付属明治中学校の理科は試験時間40分です。(配点75点)理科についても、物理・化学・生物・地学のすべての分野からまんべんなく出題される傾向があります。知識問題は受験頻出レベル、計算問題も同様に頻出の典型問題です。塾のテキストで基礎知識を着実にものにして、一問一答形式のような参考書を併用すると効果的です。計算問題も思考力を試されるようなひねったものはほとんど出題されないため、テキストレベルで十分対応できます。一度解いた問題を着実にこなせるかどうかが合否を分けると言えるでしょう。

明治大学付属明治中学校の社会 傾向・対策

明治大学付属明治中学校の社会は試験時間40分です。(配点75点)大問数は近年3題構成が定着しています。地理・歴史・公民・時事、全ての単元から出題され、基本的に各大問はそれぞれの単元に対応していますが、複数の単元が組み合わさった融合問題が出題されることもあります。解答数は年度によりばらつきが見られますが、配点比率で見ると、地理・歴史がメインで、公民・時事の比率はさほど大きくありません。

設問では、リード文や説明文が用意され、それに関する小問が並ぶ形式です。これらの小問に地図などの諸資料が組み合わさる場合が多く見られます。

解答形式は、選択肢・事項記述・年代整序・説明記述などからまんべんなく出題されます。明治大学付属明治中学校の社会の大きな特徴としては、ある分野に関して、徹底的に掘り下げた設問が出題されるということが挙げられます。もちろん、その分野についての込み入った知識が要求されるようなことはないので、見た目に惑わされず習ったことを着実に解答できることが重要です。

 

東大家庭教師友の会ができること

現在、東大家庭教師友の会には
明治大学付属明治中学校出身教師が多数在籍!

トップレベルの学生家庭教師が多数登録している東大家庭教師友の会なら、明治大学付属明治中学校入試を徹底サポートし、合格への最短ルートを示すことができます。

東大家庭教師友の会の教師たちは東大をはじめとする難関大学に在籍しているだけではなく、採用率20%という厳しい基準をクリアした質の高い家庭教師ばかりです。
教える方にも質の高い指導が要求される明治大学付属明治中学校受験にも対応できる家庭教師を求めている方は、ぜひ東大家庭教師友の会に一度お問い合わせください。

 

実際にあったお問い合わせ事例

ここでは東大家庭教師友の会で実際にあったお問い合わせをご紹介致します。

〇明治大学付属明治中学校を志望されるご家庭様からの問い合わせ事例
・塾のフォローをしつつ、明治大学付属明治中学校対策をしてほしい。
・自分で考える力をつけさせてほしい。
・SAPIXの教材で分からない部分をフォローしてほしい。
・まずは成績アップさせて、その後に明治大学付属明治中学校対策をしてほしい。
・中学受験までの勉強計画など、勉強の流れを作ってほしい。
・毎回宿題を出し、勉強の習慣づけと基礎の定着を図ってほしい。
・受験までのメンタルケアをお願いしたい。
・弱点フォローとノートの取り方を指導して欲しい。
*このようなお問い合わせを多数いただいております!

 

中学受験塾のフォローにも強い

明治大学付属明治中学校合格のため、大手中学受験塾に通われているお子様も多いかと思われます。
東大家庭教師友の会は中学受験塾のフォローにも対応しております。
詳しくは以下をご覧ください。

  • SAPIX
  • 日能研
  • 四谷大塚
  • 早稲アカ
  • 希学園
  • zkai

 

料金

中学受験対策なら

中学受験準備コース

料金

(税抜)

小1~小5…4,000円/時間
コース内容 中学受験を意識した受験対策向きの家庭教師をご希望の小5までの生徒様向けのコースです。しっかりと基礎を築いた上で受験学年に臨めるよう、中学受験を経験した教師がサポートします。
中学受験コース

料金

(税抜)

小6…4,500円/時間
コース内容 中学受験を意識した受験対策向きの家庭教師をご希望の小6の生徒様向けのコースです。実際に中学受験を経験した教師だからこそ、受験のテクニックはもちろん、入試直前のメンタルケアまで行うことができます。
難関国私立受験コース

料金

(税抜)

小1~小5…4,500円/時間
小6…5,000円/時間
コース内容 御三家・国立などの難関校を目指す生徒様向けのコースです。難関中学を受験し卒業した教師が自身の経験をもとにノウハウを伝授し、志望校合格に向けた指導を行います。
プレミアム中学受験コース

料金

(税抜)

小1~小5…5,000円/時間
小6…5,500円/時間
コース内容 上記条件に加え、当会で定めた条件をクリアした、指導経験が豊富な家庭教師をご希望の方向けのコースです。

new_pc_btn_experience_common

このページに関連する家庭教師紹介

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集