体験授業無料受付

聖光学院中学校対策ページ

聖光学院中学校対策ページ

※聖光学院中学校科目別対策はこちら

聖光学院中学校受験でこんなお悩みはないですか?

塾の勉強がうまくいっていない

聖光学院志望のお子様が塾に通われているご家庭様から、次のようなご相談を多数いただいています。

・塾の授業についていけず、分からないところがそのままになっている
・塾のテストの成績が落ちている
・復習や宿題など、自宅学習がうまくできていない

過去問の使い方が分からない

高学年になると、自分で過去問に取り組むお子様も多いと思います。しかし、どういう風に解き進めていけばいいか、また、志望校の傾向をどう分析したらいいのか分からず困っているといった、過去問に関するご相談も多数いただいています。

苦手科目(単元)がある

「模試や塾のテストで国語の成績だけが悪い」・「算数の中でも図形問題だけができない」など、特定の科目や単元だけに苦手意識が強いというお子様は非常に多いです。特に塾に通っている場合、個別に苦手分野だけ対策をすることは難しく、そのまま放ったらかしになってしまいがちです。

 

東大家庭教師友の会ができること

難関大生家庭教師が聖光学院受験をサポート

友の会には、聖光学院をはじめとする難関中学校から実際に東大早慶などの難関大学に合格した家庭教師が在籍しています。また、友の会では登録した全ての大学生が家庭教師になれる訳ではありません。友の会で指導する教師は、面接・体験授業を含む採用率20%以下の厳しい選考をクリアした、指導力・人間力のある優秀な家庭教師です。単に勉強を教えるだけではなく、お子様の相談相手になったり、自身の経験を語ることによってお子様のモチベーションを高めることもできます。

塾のフォローにも対応

友の会では、中学受験塾に通うお子様の塾のフォローにも対応しています。塾のテキストを用いて塾の授業の復習や宿題の手伝いなど、様々な形でサポートできます。家庭教師なら、塾の勉強とは別に苦手分野の克服に特化した指導もできます。

塾別の対策ページもありますので、よろしければそちらもご覧ください。

過去問対策もサポート

過去問の活用にお困りのご家庭様には、過去問の解説だけでなく、過去問を計画的に進めるように指導したり、過去問から志望校の出題傾向の分析を行うなどの指導も可能です。

 

ご家庭の声

友の会を利用して実際に聖光学院中学校に合格されたご家庭の声です。

当会の家庭教師と受験を終えての感想

先生の教え方がとてもうまく分かりやすく、そして優しかったため、スムーズに勉強をどんどんと進めていくことができました。特に苦手だった理科は、力を大きくのばすことができ、試験では得点源になることができたと思います。先生にはとても感謝しています。

当会の家庭教師をご希望された理由

受験まであと数か月という時期に、理科の知識に穴がたくさんあることがわかり、個別指導の必要性を感じた時、知人から貴会を紹介いただき、希望しました。

当会の家庭教師の感想

とてもていねいに、また、親身になってご指導いただき、安心してお任せすることができました。“理科”のみではなく受験に対する対策全般についても教えていただき、非常に満足しております。ありがとうございました。

 

お気軽にお問い合わせください!

友の会では、まずはお問い合わせいただいたご家庭様のご依頼内容をもとに選抜した教師の体験授業を受けていただいて、教師とお子様・ご家庭様の相性を見ていただくことができます。教師は何度でも変更できるので、ご家庭様に合う教師が必ず見つかります。

上でご紹介したご相談内容以外にも、様々なご依頼をいただいています。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

 

聖光学院中学校科目別対策

国語対策 | 算数対策 | 理科対策 | 社会対策

聖光学院中学校の国語対策

聖光学院中学校の国語は、150点満点60分、大問4題構成です。

大問1が漢字の書き取り問題、大問2が語句問題、大問3、4が読解問題という構成です。読解問題は、2題合わせて9,000字ほどで、多くの文章量を処理しなくてはなりません。また、記述問題が少ないからといって、試験時間に余裕はないため、過去問演習を通じて、時間配分などの対策を練っておく必要があります。

聖光学院中学校の国語で最も注意すべきなのは、選択問題です。選択肢が5つあるうえに、選択肢の文章も長いため、読み込みが甘いとなかなか正解できません。なんとなくで選んでしまうと、いかにももっともらしい選択肢に飛びつき、間違った解釈のまま進んでしまい選択問題が総崩れになる危険性もあります。根拠を持って選択する習慣をつけておきましょう。

聖光学院中学校の算数対策

聖光学院中学校の算数は、150点満点60分、大問5題構成です。

大問1では一行問題の延長のような比較的解きやすい問題が出題されます。数の性質、比と割合、特殊算などの基本知識は確実に押さえておきましょう。典型的な問題をスピーディに解き、差がつきやすい難易度の高い問題にいかに時間を割けるかが合否を左右します。

n進法整数に関する問題は聖光学院中学校の定番であり、重点的に対策することが合格の近道です。これらの問題は差がつきやすいため、なるべく多くの時間を割いて確実に点を重ねましょう。過去問演習を通じて、問題の難度の見極め、時間配分を決めて解く訓練が効果的です。

聖光学院中学校の理科対策

聖光学院中学校の理科は、100点満点40分、大問4題という出題形式です。
聖光学院中学校の理科は、選択問題が中心ですが、単純な知識の暗記では歯が立ちません。 設問の意図を的確に読み取る読解力、グラフから解答の根拠を抽出する情報処理能力がなければ正解に結びつかない問題が数多く並びます。

また、聖光学院中学校の理科で差がつきやすいのは、計算問題です。回路図の抵抗計算、力のつり合いを計算する問題、気体の発生、水溶液の中和反応、浮力の計算問題などは、重点的な対策が必要です。

聖光学院中学校の社会対策

聖光学院中学校の社会は、100点満点40分、大問4題という出題形式です。

聖光学院中学校の社会は、単純な知識の丸暗記では通用せず、深い教養が求められます。特に歴史分野では各時代の断片的な知識ではなく時代の流れを含めて理解しておく必要があります。また、問題文を読むスピード、基本問題は素早く解ける手際の良さが必要となります。設問にたどりつくまでのリード文も非常に長くなっているため、長い文章を読みこなす読解力、情報処理能力も求められます。

聖光学院中学校の社会は、得点率8割以上の高得点勝負になります。まずは、基本的な知識を問う問題を取りこぼさないことが重要です。基本問題で点数を失うと、合格点に到達するのが非常に困難になります。基礎的な知識の定着はもちろん、学校の所在地である横浜市や神奈川県に関連した問題にも触れておくと良いでしょう。

聖光学院中学校受験でこんなお悩みはないですか?

中学受験塾のフォローにも強い

聖光学院中学校合格のため、大手中学受験塾に通われているお子様も多いかと思われます。
東大家庭教師友の会は中学受験塾のフォローにも対応しております。
詳しくは以下をご覧ください。

  • SAPIX
  • 日能研
  • 四谷大塚
  • 早稲アカ
  • 希学園
  • zkai

 

料金

中学受験対策なら

中学受験準備コース

料金

(税抜)

小1~小5…4,000円/時間
コース内容 中学受験を意識した受験対策向きの家庭教師をご希望の小5までの生徒様向けのコースです。しっかりと基礎を築いた上で受験学年に臨めるよう、中学受験を経験した教師がサポートします。
中学受験コース

料金

(税抜)

小6…4,500円/時間
コース内容 中学受験を意識した受験対策向きの家庭教師をご希望の小6の生徒様向けのコースです。実際に中学受験を経験した教師だからこそ、受験のテクニックはもちろん、入試直前のメンタルケアまで行うことができます。
難関国私立受験コース

料金

(税抜)

小1~小5…4,500円/時間
小6…5,000円/時間
コース内容 御三家・国立などの難関校を目指す生徒様向けのコースです。難関中学を受験し卒業した教師が自身の経験をもとにノウハウを伝授し、志望校合格に向けた指導を行います。
プレミアム中学受験コース

料金

(税抜)

小1~小5…5,000円/時間
小6…5,500円/時間
コース内容 上記条件に加え、当会で定めた条件をクリアした、指導経験が豊富な家庭教師をご希望の方向けのコースです。

new_pc_btn_experience_common

このページに関連する家庭教師紹介

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集