体験授業無料受付

渋谷教育学園渋谷中学高等学校対策ページ

渋谷教育学園渋谷中学高等学校対策ページ

渋谷教育学園渋谷中学高等学校(渋渋)とは

渋谷教育学園渋谷中学高等学校(渋渋)では、グローバル社会で活躍できる人間を育成するため「自調自考の力を伸ばすこと」「国際人としての資質を養うこと」「高い倫理感を育てること」を教育目標として掲げています。

シラバス(学習設計図)を活用し、「何を学び、学んでいることは何につながるのか」「全体のどのあたりを勉強しているのか」を自分で確認し、授業に目標を持ち、積極的に参加して、毎日の学習に取り組むことができる点が渋谷教育学園渋谷中学高等学校(渋渋)の特徴と言えるでしょう。

東京大学をはじめ、東京工業大学、一橋大学、旧帝国大学などの難関国立大学、慶應義塾大学、早稲田大学などの難関私立大学に多数合格しています。

2016年の東京大学合格者数は30名と首都圏の名門校と言えるでしょう。

入試 第1回 第2回 第3回
日程
(2017年)
2月1日 2月2日 2月5日
偏差値 70
募集定員 男女70名 男女70名 男女23名
受験科目 国・算・理・社
(国・算 各50分 各100点)
(理・社 各30分 各50点)
倍率(2017年) 3.8倍 3.1倍 8.2倍

 

渋谷教育学園渋谷中学高等学校(渋渋) 入試内容と傾向・対策

渋谷教育学園渋谷中学高等学校(渋渋)は首都圏有数の難関中学校であり、早めの対策が重要となります。

各教科の入試内容と傾向・対策を簡単に紹介していきますので、ぜひご参考ください!

 国語の入試傾向と対策算数の入試傾向と対策理科の入試傾向と対策社会の入試傾向と対策  

渋谷教育学園渋谷中学高等学校(渋渋)の国語

渋谷教育学園渋谷中学高等学校(渋渋)の国語は、試験時間50分、大問2題という出題形式です。(100点満点)

渋谷教育学園渋谷中学高等学校(渋渋)の国語は、物語文、論説文が各1題出題されます。

物語文では、複数の登場人物の立場で心情を把握する問題が多く出題されます。そのため、どの登場人物の心情なのかを常に意識して、文章を読むように心がけましょう。

論説文では、対立・対比の構造が明らかな文章が多く出題されます。文章自体の難易度は難しくないため、丁寧に読めば確実に得点できます。

解答形式ですが、選択式と記述式が中心であり、同程度の割合で出題されます。

選択問題は、5つの選択肢があり、最後の1つに絞ることが難しい選択肢となっているため、難易度が高いという特徴があります。
選択問題では、「本文中にある“根拠”に基づいて解く」ことが基本です。常にこのことを意識して選択問題を解くようにしましょう。

記述問題は50字~80字程度がほとんどであり、「複数の要点を簡潔にまとめる力」「自分の言葉で表現する力」が求められます。記述問題が半分を占めるため、過去問等で記述問題対策をしっかりと行いましょう。

また、記述問題の演習をする際には、自分の解答を他人に見てもらい、「要点を簡潔にまとめられているか」「自分の言葉で表現できているか」を確認してもらいましょう。

しかし、
「自分の解答を見てもらう人がなかなかいない」
「過去問を解いた後どうすればいいかわからない」
といった悩みを持つお子様もいらっしゃるかと思います。

そのようなお悩みをお持ちの方は、一度お問い合わせください。

お問い合わせはこちらをクリック 

渋谷教育学園渋谷中学高等学校(渋渋)の算数

渋谷教育学園渋谷中学高等学校(渋渋)の算数は、試験時間50分、大問5題という出題形式です。(100点満点)

渋谷教育学園渋谷中学高等学校(渋渋)の算数は、大問1が計算問題と一行問題、大問2以降が応用問題となっています。

解答形式は、答えのみを記入する問題と記述問題となっています。

記述問題は、毎年4題程度出題され、解答用紙に途中式や考え方を記述する問題となっています。

また、応用問題だけでなく、計算問題・一行問題でも記述問題が出題されます。そのため、計算問題でも、日頃から途中式を書く癖を身につけておきましょう。

計算問題・一行問題では、「食塩水の問題」「パターンの書き出し問題」などが出題され、難易度は大問1にしては、難しい問題となっています。問題集等でしっかりと対策を行い、計算力を高めておきましょう。

また、「特殊算」「数の性質」「平面図形・立体図形」は頻出問題がですので、これらの分野を重点的に対策しておきましょう。

応用問題では、「割合と比」「平面図形・立体図形」「速さ」「規則性」「数の性質」「グラフ問題」「場合の数」が頻出問題となっています。また、応用問題では、「考えられるパターンを全て記述する問題」が出題されるといった特徴もあります。

そのため、「粘り強く解く力」が求められます。問題集等で難しい問題を解く際に、解法が全くわからないからという理由で、すぐに解答を見るのではなく、途中まででも自力で解くなど普段から粘り強く問題を解くようにしましょう。

そうすることで、入試本番で「粘り強く解く力」が発揮されるものです。普段から、粘り強く解くことを意識しておきましょう。

渋谷教育学園渋谷中学高等学校(渋渋)の理科

渋谷教育学園渋谷中学高等学校(渋渋)の理科は、試験時間30分、大問4〜5題程度という出題形式です。(50点満点)

渋谷教育学園渋谷中学高等学校(渋渋)の理科は、物理・化学・生物・地学の4分野から出題され、分野が混合している問題が出題されます。
また、身近な現象についての問題が多く、渋谷教育学園渋谷中学高等学校(渋渋)独自の問題が多く出題されるのが特徴です。

解答形式は、選択式、記述式、作図となっています。記述問題では、現象の理由を説明させる問題が多く出題される傾向にあります。「科学的なことを理解する力・考える力・表現する力」が備わっているかを判断する問題となっています。

そのため、知識をただ暗記するのではなく、科学的な事象に対して「なぜこのような現象が生じるのか」といったように考える癖を身につけ、さらにわかりやすく説明できるようにしておきましょう。 

渋谷教育学園渋谷中学高等学校(渋渋)の理科では、リード文や図がヒントとなるといった特徴があります。過去問で、どの部分が解答のヒントとなっているかを確認し、ヒントから解答を導き出す力を身につけておきましょう。

また、大問中の小設問の順番が、後半の問題を解くための「誘導」になっている場合があります。こちらも過去問等で確認し、どのような「誘導」になっているかをあらかじめ知っておきましょう。 

渋谷教育学園渋谷中学高等学校(渋渋)の社会

渋谷教育学園渋谷中学高等学校(渋渋)の社会は、試験時間30分、大問4〜5題という出題形式です。(50点満点)

渋谷教育学園渋谷中学高等学校(渋渋)の社会は、地理・歴史・公民の各分野から出題されているほか、
時事問題も出題されています。また、分野単体での出題だけでなく、地理・歴史・公民・時事が混合した問題も出題されます。

時事問題は、最近話題になったニュースを出題する傾向にあり、詳しい知識が必要となる場合が多いです。

日頃から新聞やニュースを見る習慣をつけるだけでなく、気になったニュースや注目されているニュースは自分で調べるなど、詳しい知識を身につけるように心がけましょう。

解答形式は、記号選択、適語補充、記述となっています。

記号選択は、一見簡単そうに見えますが、「当てはまらないものを選べ」「該当するものがなければ×を選べ」といったようにミスを誘うような問題が多いのが特徴です。過去問等で問題形式に慣れるなど対策をしっかりとしておきましょう。

記述問題は、難易度が高く、考えさせるような問題が多いのが特徴です。そのため、完璧な解答を目指すのではなく、部分点を取ることを目指しましょう。「この問題は何をポイントとしているのか」を意識するようにしましょう。

渋谷教育学園渋谷中学高等学校(渋渋)の社会は、試験時間の割には問題数が多く、解答速度が求められるといった特徴もあります。

試験時間30分であるのに対して、問題数が30問程度であるため、1問当たり約1分で解く必要があります。

問題集などで基礎力を身につけるだけでなく、
過去問等で問題傾向や解答形式に慣れ、
解答速度が上げるようにしましょう。

 

東大家庭教師友の会ができること

現在、東大家庭教師友の会には
渋谷教育学園渋谷中学高等学校出身教師が多数在籍!

トップレベルの学生家庭教師が多数登録している東大家庭教師友の会なら、
渋谷教育学園渋谷中学高等学校入試を徹底サポートし、合格への最短ルートを示すことができます。

東大家庭教師友の会の教師たちは東大をはじめとする難関大学に在籍しているだけではなく、
採用率20%という厳しい基準をクリアした質の高い家庭教師ばかりです。

質の高い指導が要求される渋谷教育学園渋谷中学高等学校受験にも対応できる家庭教師を求めている方は、ぜひ東大家庭教師友の会に一度お問い合わせください。

お問い合わせはこちらをクリック

 

実際にあったお問い合わせ事例

ここでは東大家庭教師友の会で実際にあったお問い合わせをご紹介致します。

〇渋谷教育学園渋谷中学高等学校を志望されるご家庭様からの問い合わせ事例

・塾のフォローをしつつ、渋谷教育学園渋谷中学高等学校対策をしてほしい。
・SAPIXの教材で分からない部分をフォローしてほしい。
・まずは偏差値を上げて、その後に渋谷教育学園渋谷中学高等学校対策をしてほしい。
・中学受験までの勉強計画など、勉強の流れを作ってほしい。
・勉強に身が入っていないので厳しく指導して欲しい。
・毎回宿題を出し、勉強の習慣づけと基礎の定着を図ってほしい。
・受験までのメンタルケアをお願いしたい。
・弱点フォローとノートの取り方を指導して欲しい。
・塾に通わず、家庭教師だけで渋谷教育学園渋谷中学高等学校に合格したい。
*このようなお問い合わせを多数いただいております!

 

中学受験塾のフォローにも強い

渋谷教育学園渋谷中学高等学校合格のため、
大手中学受験塾に通われているお子様も多いかと思われます。

東大家庭教師友の会は中学受験塾のフォローにも対応しております。
詳しくは以下をご覧ください。

  • SAPIX
  • 日能研
  • 四谷大塚
  • 早稲アカ
  • 希学園
  • zkai

 

料金

中学受験対策なら

中学受験準備コース

料金

(税抜)

小1~小5…4,000円/時間
コース内容 中学受験を意識した受験対策向きの家庭教師をご希望の小5までの生徒様向けのコースです。しっかりと基礎を築いた上で受験学年に臨めるよう、中学受験を経験した教師がサポートします。
中学受験コース

料金

(税抜)

小6…4,500円/時間
コース内容 中学受験を意識した受験対策向きの家庭教師をご希望の小6の生徒様向けのコースです。実際に中学受験を経験した教師だからこそ、受験のテクニックはもちろん、入試直前のメンタルケアまで行うことができます。
難関国私立受験コース

料金

(税抜)

小1~小5…4,500円/時間
小6…5,000円/時間
コース内容 御三家・国立などの難関校を目指す生徒様向けのコースです。難関中学を受験し卒業した教師が自身の経験をもとにノウハウを伝授し、志望校合格に向けた指導を行います。
プレミアム中学受験コース

料金

(税抜)

小1~小5…5,000円/時間
小6…5,500円/時間
コース内容 上記条件に加え、当会で定めた条件をクリアした、指導経験が豊富な家庭教師をご希望の方向けのコースです。

new_pc_btn_experience_common

このページに関連する家庭教師紹介

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集