体験授業無料受付

横浜雙葉中学校対策ページ

横浜雙葉中学校対策ページ

横浜雙葉中学校に、
今のままで合格できますか?

横浜雙葉対策は非常に難しい

神奈川(横浜)女子御三家の中高一貫校

横浜雙葉中学校は言わずと知れた神奈川(横浜)女子御三家の一角を担う私立女子中学校です。
偏差値は70前後を推移しており、東大・早慶などに毎年100名以上が合格します。

横浜雙葉中学校を志望する上で、

・塾の勉強で精一杯…

・応用問題が解けない…

・自分から勉強しようとしない…

・過去問が難しくて解けない…

こんな状況になっていませんか?

勉強量を増やすだけでは、志望校合格はおろか、成績は下がり続けてしまうでしょう。

横浜雙葉志望の5年生の生徒様の実際の声

模試での成績が奮わず、自信をなくしています。元気に引っ張って欲しいです。また、ケアレスミスが多く、同じ間違いを繰り返してもそれを反省する姿勢が見られません。演習量を増やし、無駄な失点を減らせるようにしてください。
それに、基礎が徹底されていないので応用問題が解けていません。基礎からの指導お願いします。

なぜ成績が上がらないのか?

お子様の成績が上がらない理由はたった1つです。
それは

正しい勉強方法を知らないから。

Benesse総合研究所の『小・中学生の学びに関する実態調査』では、
全体の約40%もの小学生が
『上手な勉強のやり方がわからない』と回答しているのです。
 

誤った方法で勉強量を増やしても、勉強嫌いが進むだけです。

しかし、「正しい勉強方法がわからない」
と頭を悩ます親御様が非常に多いのが実情です。

横浜雙葉出身の家庭教師?

”正しく”勉強すると…

学習効率が格段に上がる!

お子様が正しい方法で勉強すると、単位時間あたりの学習効率が大幅にアップします。
短い時間でも、今まで以上に多くのことを理解し、自分のものにできる
のです。

勉強の楽しさがわかる!

今までの「わからない」が「わかる!」「解ける!」に変わっていくと、
「もっと勉強したい!」「もっと成績をあげたい!」という好循環につながります。

志望校に合格できる!

正しい勉強方法さえマスターすれば、苦手科目は克服でき、得意科目はもっと得意になります。
成績が上がる好循環で、お子様の志望校合格は大きく近づきます。

各科目の傾向・対策はこちら!

 

横浜雙葉出身の家庭教師紹介

メリハリをつけて的確に指導します!

性別 女性
所属大学 横浜市立大学
出身中学 横浜雙葉中学校
指導可能科目 [小]理科,算数
[中]数学,理科,英語
[高]化学,文系数学,物理,理系数学
指導への意気込み 生徒にたいしては優しさと厳しさを使い分けて、ほめてのばすことを心がけています。生徒にとってなにがメリットになるのかを考え時間内により多くのことを学べるようにします

業界最多数 友の会の
横浜雙葉出身の家庭教師の特徴

横浜雙葉出身教師多数在籍!

①入試問題の傾向と対策から学校生活までを熟知している!
②勉強戦略を立案し、着実にお子様の成績を上げていく『指導力』
③お兄さん・お姉さんのようにお子様の憧れとなるような『人間力』

現在、無料で体験授業を実施しています。
今すぐこちらをクリック!

お問い合わせはこちら

合格体験記

合格体験記3

 

横浜雙葉中学校 入試内容と傾向・対策

国語 傾向・対策算数 傾向・対策

理科 傾向・対策社会 傾向・対策

 

横浜雙葉中学校の国語 傾向・対策

横浜雙葉中学校の国語は、試験時間50分、大問3題という出題形式です。(100点満点)
横浜雙葉中学校の国語では、大問1の知識問題では、漢字、同音異義語、季語、ことわざ、慣用句など、さまざまな問題が出題されます。知識問題は日頃から入念に対策しておかない限り、決して得点できないため、差がつきやすいポイントとなっています。コツコツと語彙力を養成しておきましょう。
また、記述問題への対策も重要です。横浜雙葉中学校の記述では、2~3行程度の空欄に自由に記述する問題が出題されます。記述量が多いため、文中の言葉をまとめただけでは文章量が不足してしまいます。過去問や問題集を活用して文中の言葉を自分の言葉で言い換えたり、文章を肉付けしたりする力を身につけておきましょう。

 

横浜雙葉中学校の算数 傾向・対策

横浜雙葉中学校の算数は、試験時間50分、大問3題という出題形式です。(100点満点)
横浜雙葉中学校の算数では、平面図形・立体図形と絡めたグラフの問題がよく出題されます。後半の大問2・3では、答えだけでなく途中式や考え方も記入する問題が例年3問ほど出題されています。日頃から途中式や考え方を丁寧に書く習慣を身につけておくことが効果的な対策となります。
また、頻出の
水槽の体積」「点の移動のグラフ」「立体図形の求積問題」など図形問題への対策は必要不可欠です。問題集や過去問を活用し、数多くの問題に触れ、さまざまな解法のパターンを身につけておきましょう。

 

横浜雙葉中学校の理科 傾向・対策

横浜雙葉中学校の理科は、試験時間40分、大問4題という出題形式です。(80点満点)
横浜雙葉中学校の理科では、化学・物理・生物・地学の4分野からそれぞれ1題ずつ出題されます。横浜雙葉中学校の理科は試験時間に対して問題数が多く、時間的な余裕がないことが特徴として挙げられます。
また横浜雙葉中学校の理科では難問・奇問は出題されませんが、「正しいものをすべて選べ」「正しいものを2つ選べ」といった選択問題など、正確性を必要とする問題が出題されます。まずは苦手分野をなくして、基礎的な知識を確実に定着させておく必要があります。

 

横浜雙葉中学校の社会 傾向・対策

横浜雙葉中学校の社会は、試験時間40分、大問3~4題という出題形式です。(80点満点)
横浜雙葉中学校の社会は、設問数が45問ほどで、地理・歴史・公民の3分野からそれぞれ1題ずつ出題されます。試験時間と設問数を考えると、1問につき1分もかけられないため、時間に余裕がない入試問題となっています。ただ、
基本的な知識を問う問題がほとんどなので、各分野の基礎知識を確実に固めておくことが効果的な対策となります。また、グラフや図、表の読み取り問題が頻出であることも、横浜雙葉中学校の社会の特徴です。日頃から資料集を活用し、視覚的な情報も取り入れながら対策しましょう。

 

 

 

中学受験塾のフォローにも強い

横浜雙葉中学校合格のため、大手中学受験塾に通われているお子様も多いかと思われます。
東大家庭教師友の会は中学受験塾のフォローにも対応しております。
詳しくは以下をご覧ください。

  • SAPIX
  • 日能研
  • 四谷大塚
  • 早稲アカ

 

神奈川(横浜)の女子御三家対策はこちらから!

  • フェリス女子学院中学校はこちら
  • 横浜共立学園中学校はこちら

new_pc_btn_experience_common

このページに関連する家庭教師紹介

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集