体験授業無料受付

横浜共立学園中学校対策ページ

横浜共立学園中学校対策ページ

横浜共立学園中学校に、
今のままで合格できますか?

横浜共立学園対策は非常に難しい

神奈川(横浜)女子御三家の中高一貫校

横浜共立学園中学校は言わずと知れた神奈川(横浜)女子御三家の一角を担う私立女子中学校です。
偏差値は70前後を推移しており、東大・早慶などに100名以上が合格します。

横浜共立学園中学校を志望する上で、

・塾の勉強で精一杯…

・応用問題が解けない…

・自分から勉強しようとしない…

・過去問が難しくて解けない…

こんな状況になっていませんか?

勉強量を増やすだけでは、志望校合格はおろか、成績は下がり続けてしまうでしょう。

横浜共立学園志望の5年生の生徒様の実際の声

塾で習ったことは、そのままの問題なら解けるが、少し捻ったり応用になっていたりすると解けなくなってしまう。また、国語は長文読解が苦手で成績にばらつきがあり、算数は計算ミスが多く、理解したつもりが理解していないことが多い。国算の指導をメインに、理社の勉強の仕方も教えて欲しい。過去問が難しくて手をつけることもできない。

なぜ成績が上がらないのか?

お子様の成績が上がらない理由はたった1つです。
それは

正しい勉強方法を知らないから。

Benesse総合研究所の『小・中学生の学びに関する実態調査』では、
全体の約40%もの小学生が
『上手な勉強のやり方がわからない』と回答しているのです。
 

誤った方法で勉強量を増やしても、勉強嫌いが進むだけです。

しかし、「正しい勉強方法がわからない」
と頭を悩ます親御様が非常に多いのが実情です。

横浜共立学園出身の家庭教師?

”正しく”勉強すると…

学習効率が格段に上がる!

お子様が正しい方法で勉強すると、単位時間あたりの学習効率が大幅にアップします。
短い時間でも、今まで以上に多くのことを理解し、自分のものにできる
のです。

勉強の楽しさがわかる!

今までの「わからない」が「わかる!」「解ける!」に変わっていくと、
「もっと勉強したい!」「もっと成績をあげたい!」という好循環につながります。

志望校に合格できる!

正しい勉強方法さえマスターすれば、苦手科目は克服でき、得意科目はもっと得意になります。
成績が上がる好循環で、お子様の志望校合格は大きく近づきます。

各科目の傾向・対策はこちら!

 

横浜共立学園出身の家庭教師紹介

中学受験を一緒に乗り越えましょう!

性別 女性
所属大学 東京工業大学
出身中学 横浜共立学園中学校
指導可能科目 [小]国語,算数
[中]数学
[高]化学,文系数学,物理,理系数学
指導への意気込み 勉強の辛さや苦しさは人一倍理解できるつもりです。一緒にその辛さ苦しさを乗り越えて、その先にある勉強の楽しさを感じてもらえるように頑張りたいと思います。

勉強の楽しさや面白さを伝えたい!

性別 女性
所属大学 早稲田大学
出身中学 横浜共立学園中学校
指導可能科目 [小]国語,理科,社会,算数,英語
[中]国語,数学,理科,社会,英語
[高]世界史,古文,文系数学,日本史,漢文,現代文,英語
指導への意気込み 一見大変で投げ出したくなる受験勉強ですが、その中に面白い・楽しいと感じられる点はいくつもあると思っています。
それらを発見できる指導をしたいと思っています。

横浜共立中学校受験生の方のお問い合わせ事例

お子様の学習状況

・志望校:桜蔭・フェリス・横浜共立
・学習状況:偏差値は50前後を推移。中学校の話などをしながらモチベーションをあげてほしい。

教師への希望条件

・女性、中学受験の経験がある方。東京大学在学中の方。
→実際の指導教師 :桜蔭中学校出身、東京大学工学部在籍の教師

指導条件と結果

週2回120分

合格校:横浜共立中学校,鎌倉女学院中学校 合格!

 

業界最多数 友の会の
横浜共立学園出身の家庭教師の特徴

横浜共立学園出身教師多数在籍!

①入試問題の傾向と対策から学校生活までを熟知している!
②勉強戦略を立案し、着実にお子様の成績を上げていく『指導力』
③お兄さん・お姉さんのようにお子様の憧れとなるような『人間力』

現在、無料で体験授業を実施しています。
今すぐこちらをクリック!

お問い合わせはこちら

合格体験記

合格体験記3

 

横浜共立学園中学校 入試内容と傾向・対策

横浜共立学園中学校の国語 傾向・対策

横浜共立学園中学校の国語は、A方式が試験時間45分、大問3題、B方式が試験時間50分、大問3題という出題形式です。(100点満点)

横浜共立学園中学校の国語では、選択問題と書き抜き問題が中心ですが、それに加え、4~5問の記述問題も出題されます。記述問題は、A方式の場合は2行程度、B方式は3行程度で答えさせるものとなっています。

選択問題が中心的に出題されるとはいっても、横浜共立学園中学校の場合は、選択肢が5つある問題や、「合っているものにはA、合っていないものにはBと答える」といった複雑な問題が多く、簡単には正解できません。過去問や問題集を活用して、選択肢の選び方を身に付けておきましょう。また、4〜5問出題される記述問題は、ほとんどが「簡潔に説明しなさい」という設問です。文中から的確に根拠を抽出して、制限字数内に収める要約力が必要です。日頃から文章の内容を30〜50字程度で要約する練習を積んでおきましょう。

読解問題を苦手とするお子様の中には、「国語のセンスがない」と成績の向上を諦めてしまうお子様もいらっしゃいます。しかし、文章の読み方や問題の解き進め方をしっかりと把握すれば、誰でも高得点を取ることができます。「記述問題・選択問題への対策方法がわからない」「どのような勉強方法をすれば読解力が付くのかわからない」などでお悩みの場合は、ぜひ東大家庭教師友の会の家庭教師を有効にご活用ください。

 

横浜共立学園中学校の算数 傾向・対策

横浜共立学園中学校の算数は、A方式が試験時間45分、大問5題、B方式が試験時間50分、大問6題という出題形式です。(100点満点)

横浜共立学園中学校の算数では、大問1に計算問題と一行問題が出題されます。頻出単元として「数の性質」「場合の数」「食塩水の濃度」「比」「通過算」などが挙げられます。それ以降の大問では、数量や特殊算からの出題が2~3題続き、最後の2~3題では、平面図形や立体図形から出題されるという問題構成になっています。特に、図形問題では、移動やグラフ、水の深さなどの高度な問題が扱われます。

横浜共立学園中学校の算数で合格点を取るには、前半部分の基本的な問題を確実に得点し、後半部分の応用問題に時間を残す必要があります。過去問演習を通じて、時間配分などの対策を練っておきましょう。ただ、横浜共立学園中学校の場合、答えのみを書く解答形式で、計算の途中でケアレスミスがあると、大きな失点につながってしまうため注意が必要です。ケアレスミスを減らすためには、お子様の計算の過程をすぐそばで見て、間違えたらその都度指摘することが有効な対策方法です。

 

横浜共立学園中学校の理科 傾向・対策

横浜共立学園中学校の理科は、試験時間40分、大問5題という出題形式です。(100点満点)

横浜共立学園中学校の理科は、「生物と環境」「物質とエネルギー」「地球と宇宙」の3分野からバランスよく問題が出題されます。出題形式は、選択問題、適語記入問題、記述問題、作図問題などさまざまで、物理や化学分野では基本的な計算問題も2~3問出題されます。
横浜共立学園中学校の理科の特徴として、複数の単元が融合した総合問題が挙げられます。扱われやすい範囲の基礎的な知識を確実に定着させ、日頃から知識同士のつながりを意識して勉強するようにしましょう。また、過去問演習を通じて、問題形式に
慣れておきましょう。

 

横浜共立学園中学校の社会 傾向・対策

横浜共立学園中学校の社会は、試験時間40分、大問4題という出題形式です。(100点満点)

横浜共立学園中学校の社会では、歴史・地理・公民の3分野にまたがる総合問題が出題されるため、単なる暗記だけでは、高得点を取ることはできません。また、適語記入問題では漢字指定の問題が多い上に、選択問題についても、「正しいものをすべて選びなさい」「誤っているものを2つ選びなさい」といった複雑な問題が数多く扱われるため、1問1問慎重に解き進めていく必要があります。教科書はもちろん、資料集を有効に活用し、基礎的な知識を確実に定着させておきましょう。
また、横浜共立学園中学校
の社会の記述問題は、15字以内の字数指定の設問が大半を占めます。そのため、要点を簡潔にまとめる力が求められます。過去問演習を通じて、字数内に要点をまとめる練習を積んでおきましょう。

 

中学受験塾のフォローにも強い

横浜共立学園中学校合格のため、大手中学受験塾に通われているお子様も多いかと思われます。
東大家庭教師友の会は中学受験塾のフォローにも対応しております。
詳しくは以下をご覧ください。

  • SAPIX
  • 日能研
  • 四谷大塚
  • 早稲アカ

 

神奈川(横浜)の女子御三家対策はこちらから!

  • 横浜雙葉中学校はこちら
  • フェリス女子学院中学校はこちら

new_pc_btn_experience_common

このページに関連する家庭教師紹介

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集