体験授業無料受付

英語対策-関係詞-

英語対策-関係詞-

関係詞対策

苦手とされている方が多くいらっしゃいますが、関係詞は長文読解においても非常に重要な単元です。したがって、最優先すべきは、早い段階で基礎を理解し、苦手な箇所を早期に克服することです。友の会の難関大生なら、生徒様のつまづきやすいポイントを正確に把握し、二人三脚で苦手克服に貢献します!
友の会教師陣による関係詞の解説・指導法の一例をご覧下さい。

 

なぜ関係詞が苦手なのか

関係詞の基本の構造が理解できていない
関係詞は文と文をくっつける役割を持ちます。そのこと自体は理解していても、いざ問題で出るとそれが関係詞だと見抜けない生徒様が多くいるようです。
その原因は関係詞の基本的な理解ができていないことに起因しています。
ここで簡単な例文を紹介します。 関係詞
上記のようにHe is a man に更にHe speaks Englishという文を第2の主語となりくっつける役割を持つのが関係詞であるwhoです。
これが基本的な理解となります。

 

基本の徹底定着

それぞれの関係代名詞の使い方を細かく時間をかけて指導した後は、それを定着させるために問題を解いてもらいます。
具体的には10問程度の例文を複数回テストします。

関係詞1

 

実践的な練習

課題として、関係代名詞と疑問詞の違いに対する理解が浅い生徒様も多いです。
ですので、関係代名詞を確実に理解し、そのアウトプットもできるようになった生徒様には次の段階の指導を行います。 それが疑問詞との使い分けです。
関係代名詞と疑問詞の二つの文を用意し、その文の構造や単語の役割を生徒様から先生に説明してもらいます。

関係詞2

 

友の会ができること

上記のようなプロセスを経て指導をして、生徒様の理解が追いついているか、追いついていないならどこでつまづいているのかを受験生目線で細かくサポートしていきます。
また、上記では紹介しきれなかった 応用問題についても指導する事は可能です!
二人三脚で関係詞を根本から理解し、得点源にしましょう!
友の会の難関大生なら関係詞の問題を解く上での疑問点やポイントを的確に教え、生徒様の学習をサポートします!

詳しい指導法をクリック

  • 現在完了

     

  • 不定詞

     

  • 長文読解

     

new_pc_btn_experience_common

このページに関連する家庭教師紹介

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集