体験授業無料受付

医学部受験対策

医学部受験対策

医学部受験生の前に立ちはだかる3つの壁

大学受験の中でも最も狭き門であり、最難関とよばれる医学部受験。
医学部合格を目指す受験生の前には、乗り越えるべき困難な3つの壁が立ちはだかります。

①最難関である”医学部”受験

医学部受験は、入学定員に比べて志願者数が多く、倍率は平均して10倍から20倍と非常に厳しい戦いとなっております。加えて、偏差値が平均65~70と受験母集団のレベルも非常に高くなっているために、最難関学部と呼ばれています。

②医学部受験のための勉強量は膨大

医学部受験では、受験科目が多く、覚えることや取り組まなくてはならないことが膨大です。試験範囲が多いことに加えて、医学部の合格を勝ち取るためには高い得点率が必要となっているため、勉強量が必然的に膨大となります。

③医学部は問題傾向が独特

医学部で出題される問題は、他学部と比べ問題傾向が独特です。例えば、英語では通常の試験問題には出されないような医学単語などが頻繁に出題されるため、あらかじめ入念に対策をしておく必要があります。さらに、一次試験を突破しても二次試験で面接試験や小論文試験を設けている大学がほとんどであるため、これらの試験にもきちんと対策をする必要があります。

 

友の会の家庭教師の強み

医学部受験突破のためには、これらの3つの壁をクリアしなくてはなりません。しかし、生徒様ひとりだけで乗り越えることはなかなか難しいのが現状です。
東大家庭教師友の会には実際に最難関学部である医学部に合格を果たした難関大学生家庭教師が多数在籍しているため、自身の経験に基づいた医学部受験対策を行うことが可能です。友の会の家庭教師にご興味を持たれた方は、ぜひお問い合わせ下さい。

 

▼生徒様の学年をクリック!

 

 

new_pc_btn_experience_common

このページに関連する家庭教師紹介

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集