体験授業無料受付

慶應義塾大学 看護医療学部ページ

慶應義塾大学 看護医療学部ページ

慶應義塾大学看護医療学部
特色や科目別対策について
看護医療学部の特色 看護医療学部の科目別対策

 

慶應義塾大学看護医療学部の入試対策
家庭教師をお探しの方へ

小論文や英作文など
苦手科目の対策にお困りではないですか?

慶應義塾大学看護医療学部の受験科目には、答えが一つに定まっておらず文章力が必要な小論文と、読解力や英作文のテクニックが必要となる英語、そして広範囲の学習かつ解くスピードが必要になる数学・生物・化学があります。

慶應義塾大学看護医療学部に合格するためには、どの科目も重点的に対策をする必要がありますが、お子様一人で取り組んでいくのは大変なことです。

ご家庭でお子様が以下のようなご相談されていませんか?

「小論文を書いても毎回添削してくれる人を見つけるのが大変」

「英作文を練習しても文法があっているかわからない」

「数学で得点できない分野がある」

「生物や化学で未習な分野がある」

このような苦手科目・苦手分野に対しては、なるべく早い段階で対策を立てる必要があります。

”どう対策したら良いかわからない”とご家庭で悩んでいる間にも、受験の時期は近づいてきます。

 

 

 

慶應義塾大学看護医療学部の対策
東大家庭教師友の会という選択を!

 苦手科目・苦手分野を克服できます

お子様はそれぞれ苦手意識を抱えている科目や分野があるはずです。

”対策しなくてはいけない”と思いながらも、なかなか手につかずに、勉強を始めてもつまずいてしまう。

だからこそ、家庭教師という選択を考えていただきたいのです。期間を設けてスケジュールを立て、家庭教師とマンツーマンで集中的に対策をすることで、苦手科目や苦手分野を克服することができます

東大家庭教師友の会は厳しく指導力を判定し、教師を採用しておりますので、安心して苦手科目の克服に取り組んでいただけます。

お子様だけの学習プランを立てられます

慶應義塾大学看護医療学部に合格するためには、お子様に特化した学習プランが必要です。

・苦手科目をいつまでに克服するのか
・いつから過去問を解き始めるのか
・どれくらいの頻度で小論文の練習をしていくのか

以上のような学習プランをお子様の進路状況に合わせてご提案させていただきます。

学習プランを立てることで、お子様は勉強する時に「今日は演習問題を5問解こう」「今日はこの分野を終わらせよう」というように目標を掲げながら勉強することになります

何も目標を立てずに勉強するよりも、時間にメリハリがつき集中して勉強に取り組むことができるでしょう。

難関大生がお子様のメンターになります

メンターとは受験勉強において、勉強を教えるだけでなく、精神面のサポートをする役割のことです。

家庭教師とは、ただ勉強を教える教師ではありません。

お子様の話や相談を聞きながら、一緒に合格を目指していく役割が家庭教師だと考えております。したがって、一方的に勉強を教える予備校や塾とは異なるのです。

東大家庭教師友の会に在籍する教師は、難関大に合格した経験をもつ教師です。彼らもお子様と同じような悩みや不安を抱えて受験を乗り越えてきたのです。

だからこそ、お子様にとってお兄さん・お姉さん的な頼れる存在として、自らの経験を元に指導に当たります。熱意のある教師しか採用しておりませんので、お子様のモチベーションをあげる役割を担うことも可能です。

 

 

看護医療学部を目指す方からの
お問い合わせを受けています

東大家庭教師友の会には、慶應義塾大学看護医療学部を目指されている方からお問い合わせを頂いております。

実際の内容は以下のような内容です。

「生物を基礎から教えてほしい」

「小論文の書き方を教えてほしい」

「英語対策として参考書選びから一緒にしてほしい」

これらに加えて、”リーダーシップのある教師”、”明るく社交的な教師”というような性格面のご要望も承っております。

 

 

おすすめのコースはこちら 

大学受験準備コース

料金

(税抜)

高1~高2…4,000円/時間
コース内容 大学受験を目指す高校1,2年生向けのコースです。大学受験を経験した教師が自身の経験を元に、計画的に指導を行います。
大学受験コース

料金

(税抜)

高3,浪人生…4,500円/時間
コース内容 大学受験対策をご希望の方向けのコースです。大学受験を経験した教師だからこそ、受験のテクニックはもちろん、入試直前のメンタルケアまで行うことができます。
AO・推薦対策コース

料金

(税抜)

高1~高2…4,000円/時間
高3,浪人生…4,500円/時間
コース内容 AO・推薦受験にて大学に入学した教師による指導をご希望の方向けのコースです。小論文の書き方や面接対策など、自身の経験をもとに指導を行います。
プレミアム大学受験コース

料金

(税抜)

高1~高2…5,000円/時間
高3,浪人生…5,500円/時間
コース内容 上記いずれかの条件に加え、当会で定めた条件をクリアした、指導経験が豊富な家庭教師をご希望の方向けのコースです。

 

 

まずは資料請求から!

「家庭教師をつけるか迷ってるだけだから…」
「決めていないのに、問い合わせて大丈夫なの…?」

このように思われるかもしれませんが、まずは資料請求をしてみませんか?

迷っている間も受験は一刻一刻と近づいています。

まずは、東大家庭教師友の会から何かしらのアドバイスをもらって、次に進むことが大事なことです

お気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

資料請求&お問い合わせはこちら

 

 

慶應義塾大学看護医療学部の
特色や科目別対策を知りたい方へ

 ここからは、慶應義塾看護医療学部の特色や科目別対策についてご紹介いたします。

 

 

 

慶應義塾大学看護医療学部の特色

慶應義塾大学の看護医療学部は、私立看護大学の中で最も偏差値が高く、看護学部を目指す受験生にとって憧れの学部となっています。しかし看護医療学部は「憧れ」だけで人気なのではなく、優秀な看護師を育てるカリキュラムやキャリアアップ・海外への進出を見据えて看護師を目指す学生をサポートする体制が整えられているため、毎年多くの学生が志願します。 それでは具体的に看護医療学部の特色を見ていきましょう。

○医療系三学部合同教育

2011年度より医学部・看護医療学部・薬学部の三学部合同で行うプログラムが必修科目になりました。学生の頃から学部を超えたグループディスカッションを行うことで、医療専門職連携のあり方を学びます。 

○海外研修プログラム

春季・夏季休校期間には3つの海外研修プログラムが設けられています。
①イギリス「世界の医療・保健制度Ⅱ」
②アメリカ「臨床看護実践」
③ラオス「プライマリーヘルスケアと国際保健Ⅱ」

○慶應大学病院への就職率が高い

卒業生の6割が慶應大学病院へ就職をしています。高度医療の研究を進める大学病院で勤務したいと考えている人は、慶應大学病院へ就職できる可能性が非常に高くなります。

 

 

 

 

慶應義塾大学看護医療学部
科目別対策

看護医療学部は毎年約600人が受験し、その倍率は約3.8倍です。
試験形態は一次試験(学科試験)+二次試験(面接+小論文)から構成されており、特に二次試験対策に力を入れる必要があります。 以下では、慶應義塾大学看護医療学部の試験対策について見ていきましょう。

慶應義塾大学看護医療学部 一次試験対策

配点方式は
Ⅰ.英語(300点)+数学(200点)
Ⅱ.英語(300点)+化学(200点)
Ⅲ.英語(300点)+生物(200点)
のいずれかから選択します。

英語(90分)

看護医療学部の英語は、文法・語法問題が1題、読解問題が5題、自由英作文が1題、計7題の問題構成になっています。読解問題の大半が選択問題ですが、一部和文英訳や内容説明問題が記述式で出題されます。

ポイント

文法・語法問題
 難易度はさほど高くないので、確実に得点しておきたいところです。

読解問題
 標準的な難易度ですが、90分という試験時間を考えると、決して余裕はありません。速読力を養成するために、問題集を活用して、標準レベルの読解問題を早く正確に解く訓練を積んでおきましょう。

自由英作文
 テーマや指定語数が国公立二次試験の形式に類似した本格的な問題となっています。自分の主張を簡潔に文章で表現するために、自由英作文対策の問題集を活用して慣れておきましょう。また、必ず答案を他人に添削してもらうことが大切です。

 

数学(80分)

看護医療学部の数学は、数ⅠAⅡBから、大問5題が出題されます。大問3までは空所補充形式、大問4・5が記述形式になっています。

ポイント

高度な計算処理能力が必要
 時間80分に対して問題数が非常に多いため、計算でミスをすることが無いようにしましょう。

標準的な難易度の問題
 「チャート式解法と演習数学(数研出版)」(黄チャート)をはじめとする、範囲全体を網羅できるテキストを繰り返し解き、確実に得点しましょう。

「整数問題」「式の証明」を得意にする
 大問5では「整数問題」や「式の証明」などが扱われることが多いです。多くの受験生が苦手としており差が付きやすい単元なので、重点的に対策しておきましょう。

 

化学(80分)

看護医療学部の化学は、大問3題から構成されています。問題形式としては、選択式の問題に加えて、30~60字程度の記述式の問題も出題されます。また試験時間に対して計算量が膨大なため、入念な過去問演習を通じて時間配分や問題を解く順序などの戦略を立てておく必要があります。

ポイント

化学Ⅰ・Ⅱの範囲を広く網羅するべき
頻出の内容は電離平衡天然有機化合物の範囲があげられますが、出題分野は年々変化する傾向にあるため、化学Ⅰ・Ⅱの範囲をまんべんなく勉強しておきましょう。

標準的な難易度の問題集を繰り返す
思考力を問われる問題が多く、知識の丸暗記だけでは解き進めることはできませんが、慶應義塾大学の他学部の化学に比べると易しいレベルにあるといえます。標準的な難易度の教科書や問題集を繰り返し解いて多くの解法パターンを身に付けましょう。

 

生物(80分)

看護医療学部の生物は、例年3題の大問で構成されており、一つの大問にさまざまな分野の問題が含まれます。

ポイント

苦手な分野を作らずに徹底的な基礎固め
 難易度としては標準的なレベルですが、毎年さまざまな分野から問題が出題されます。80分という短い時間で、計算問題も含め得点できる問題は確実に落とさないようにしましょう。特に生物IIからの出題が多く、遺伝子進化系統分類などが頻出となっているため、重点的な対策が必要です。

記述や論述の対策は必須
 考察問題や計算問題は時間がかかり、短時間でのデータ処理や計算、結果をもとに結論や推論を展開する論述力が求められます。過去問を元に、数行で重要単語を用いて文章をまとめる力を身につけましょう。

日頃から生物の知識に敏感に
 知識問題の難易度は比較的高く、教科書に載っていないハイレベルな問題も見受けられます。日頃から参考書などを用いて知識のインプットを心がけましょう。また、DNAについては医学的内容や新しい内容が出題されることが多いため、普段から医療に通じる生物学にどれだけ関心を抱いているかがカギになるともいえるでしょう。

 

 

慶應義塾大学看護医療学部 二次試験対策

小論文(70分)

看護医療学部の小論文は、例年2題から3題出題されます。課題文は看護学に関する内容が頻出です。急速な少子高齢化が進む日本において高齢者を支える専門職としての看護師はどういう姿であるべきなのか、将来自分が看護師になったときどのような責務を果たすべきなのかなど、看護について日頃から深く考えておきましょう。

ポイント

文章力の対策は必須
 小論文において最も重要な点は、難解な文章を書き連ねるのではなく、誤字脱字のない、明快で文章の構造をとらえやすい文章を書くことです。自らの主張を簡潔な文章に表す能力は簡単に身につくものではないので、日頃から新聞の社説を要約する練習を積みましょう。

他人からの添削やアドバイス
 小論文を書いた後は、練習であっても必ず他人からの添削やアドバイスをもらうようにしましょう。そして毎回違う人に依頼するのではなく、一貫して同じ人から添削してもらうことが好ましいです。お子様に沿った学習プランを作成し添削を進めるという点に関して、家庭教師は非常に有効です。

 

面接(約20分)

看護医療学部では人物面をかなり重視しているため、面接は合否を分けるうえで非常に重要な位置を占めるといわれています。

ポイント

看護について考える練習が必須
 面接の内容は、看護を学ぶにふさわしい人材かどうかを基軸として、志望動機、高校時代の活動、ボランティア経験について聞かれることが多いです。また、理想の看護師像、看護師として活躍したい分野についてなど、将来看護師になった自分の姿を明確にイメージしておかなくては答えられない質問も聞かれます。日頃から看護について深く考えておくと同時に、模擬面接を行うなど、実践的なスキルも身に付けておきましょう。

 

まずはお問い合わせ、資料請求から!!
お問い合わせはこちら

慶應義塾大学在学教師
6,500
在籍!!

new_pc_btn_experience_common

このページに関連する家庭教師紹介

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集