体験授業無料受付

早稲田大学 理工学部ページ

早稲田大学 理工学部ページ

早稲田大学  理工学部の特色

早稲田大学理工学部は、先進理工創造理工基幹理工の3学部を擁し、理工学部一括で入学試験を行います。

先進理工学部の特色

先進理工学部は、毎年約5,000人が受験し、その倍率は約3.7倍です。先進理工学部では、「伝統・定評ある理工系教育を継承しつつ、新しい時代に即した効果的な教育研究を推進する基礎と応用の融合を体系的に構築すること」を目指しています。

創造理工学部の特色

創造理工学部は、毎年約3,700人が受験し、その倍率は約4.2倍です。創造理工学部では、「社会が直面するさまざまな問題を科学技術の観点から解決し、多様な価値を反映した新しい豊かさの創造」を目指しています。

基幹理工学部の特色

基幹理工学部は、毎年約4,300人が受験し、その倍率は約3.8倍です。基幹理工学部では数学・応用数理という理学から、機械・電子系、情報系などの工学、そしてメディア・映像分野を含む表現工学まで、広い学問領域を扱っています。

 

早稲田大学理工学部 入試対策

理科の試験は物理・化学・生物のうちから2科目を選択しますが、受験できる科目は学科ごとに指定されています。また先進理工学部に限っては、受験する学科によって理科の科目の配点が異なります。

英語(120点/90分)

理工学部の英語は、大問5題から構成されています。早稲田大学の中では比較的難易度は低めですが、それでも私立理系学部の中では難しい部類に属します。長文読解では化学や文化に関する専門的な文章が扱われます。文中では多くの専門的な英単語が含まれているので、文脈から意味を類推する力が必要です。専門分野に関する背景知識をつけるためにも、過去問演習を入念に行いましょう。また理工学部は早稲田大学の他学部とは異なり、文法問題では比較的易しい問題が出題されます。得点源とするために、標準的な難易度の文法問題集を活用して、文法知識の定着を図りましょう。

数学(120点/120分)

理工学部の数学は、大問5題から構成されており、すべて記述式で解答します。例年、微分積分の分野から必ず出題されているので、重点的な対策が必要です。加えて、証明問題と図示問題も毎年出題されています。全体的に難易度が高く、高度な計算処理能力や論理的に解答を進める力が要求とされます。教科書でカバーできないような応用問題には新課程 チャート式 基礎からの数学」(青チャート)「理系数学の良問プラチカ」などを活用し、頻出問題・典型問題を確実に解けるように対策しておきましょう。

物理(60点/もう1科目と合わせて120分)

理工学部の物理は、大問3題から構成されています。そのうち2題は力学電磁学から毎年出題されており、残りの1題は波動熱力学の分野から出題されます。ある程度出題傾向が定まっているため、対策はしやすいでしょう。計算問題が非常に多く出題され、膨大な量の計算を処理しなくてはなりません。試験自体の難易度も高いため、応用問題に柔軟に対応できるように、公式や定理を丸暗記するのではなく、その原理の深い理解に努めましょう。また全ての問題を解き終えるために、過去問演習の際には時間配分を考えながら取り組む習慣をつけましょう。

化学(60点/もう1科目と合わせて120分)

理工学部の化学は、大問3題から構成されています。知識問題が多く扱われるため、器具の名称や使用方法、実験の操作の意味などの基礎知識の暗記は必要不可欠であり、失点は致命的であることを意識しましょう。理論では、周期表・原子構造の理解をもとに、化学結合と物質の性質を問う問題が頻出です。有機では、有機化合物の構造決定、官能基の性質・反応と示性式・構造式、油脂や脂肪酸の構造、ペプチドの構造やアミノ酸配列について問われる問題がよく出題されます。また無機に関しては、物質の製法・性質、イオン反応・沈殿反応と呈色、錯イオンの生成などが頻出です。

生物(60点/もう1科目と合わせて120分)

理工学部の生物は、大問3題から構成されています。出題範囲が広く、基本問題から発展問題まで幅広く扱われるため、苦手分野が1つでもある場合は早急に対処しましょう。また、問題量が非常に多いため、時間内に解ききるのは困難です。過去問演習の際には制限時間を意識しながら確実に得点できる問題から優先的に解き始めるなど戦略を練っておきましょう。知識問題、計算問題、実験問題のいずれも難易度が高いので、「実戦 生物重要問題集 生物基礎・生物」などのハイレベルな問題集を活用しましょう。また近年、論述問題が出題されることも増えてきたので、実験の考察などを2文程度で書けるようにしておきましょう。

 

おすすめのコースはこちら 

大学受験準備コース

料金

(税抜)

高1~高2…4,000円/時間
コース内容 大学受験を目指す高校1,2年生向けのコースです。大学受験を経験した教師が自身の経験を元に、計画的に指導を行います。
大学受験コース

料金

(税抜)

高3,浪人生…4,500円/時間
コース内容 大学受験対策をご希望の方向けのコースです。大学受験を経験した教師だからこそ、受験のテクニックはもちろん、入試直前のメンタルケアまで行うことができます。
AO・推薦対策コース

料金

(税抜)

高1~高2…4,000円/時間
高3,浪人生…4,500円/時間
コース内容 AO・推薦受験にて大学に入学した教師による指導をご希望の方向けのコースです。小論文の書き方や面接対策など、自身の経験をもとに指導を行います。
プレミアム大学受験コース

料金

(税抜)

高1~高2…5,000円/時間
高3,浪人生…5,500円/時間
コース内容 上記いずれかの条件に加え、当会で定めた条件をクリアした、指導経験が豊富な家庭教師をご希望の方向けのコースです。

 

東大家庭教師友の会ができること

東大家庭教師友の会に所属しているのは、早稲田・慶應・東大をはじめとした難関大生であり、その全員が採用率20%以下の厳しい選抜を突破した家庭教師です。多くの友の会の家庭教師は実際に難関大学の入学試験を突破しているため、自身の体験を基にした的確な指導が可能です。また、友の会では早稲田大学理工学部を志望する生徒様に対し、早稲田大学理工学部に所属する家庭教師のご紹介が可能であるため、どのような点に注意して受験に取り組めば良いか、大学の雰囲気はどのようなものなのかなどの詳細な情報を生徒様にお伝えすることが可能です。早稲田大学を志望する生徒様をお持ちの方は、ぜひ一度お問い合わせください。

お問い合わせはこちら

new_pc_btn_experience_common

このページに関連する家庭教師紹介

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集