体験授業無料受付

No001◆東大合格への勉強法

No001◆東大合格への勉強法

浪人生の英語、勉強時間、判定について

質問

こんにちは。

無事浪人(駿台生)に突入し、東京大学文三に向けて勉強を進めているのですが、
質問が3つほどあります。

1つ目は、英語に関してです。自分は英語が非常に苦手で、今年のセンターも8割代だったので、
かなりの危険意識を持っています。それで、この春休み中に基礎英語力の強化をしようと、
単語は速読英単語(上級)をこの休暇中に2回終わらし、文法は即ゼミ3(分厚い方)をやり、
長文は日栄社の英文解釈(上級)をやっています。東大にはリスニングがあると思うのですが、
それは予備校が始まってからパーフェクトリスニングを購入し、やろうと思っています。

しかし、自由英作文の対策は行っておらず、対策を打つ為に、色々と探していると、
「基本例文暗記が良い」とのことなのですが、どうなのでしょうか?例文暗記が本当に英語力の
向上に繋がるのでしょうか?また、それならば、負担の少ない「基本例文300選」か700ほど
ある本(いずれも駿台文庫)なのかどちらが良いのでしょうか?
それと今後の英語学習に向けて英語のおすすめ参考書を教えていただけると幸いです。

2つ目は、勉強時間についてです。この春休みの自分の勉強時間は、ショックから少しだらけて、
【瀕死状態の国語は3時間、数学3時間、英語2時間(もう少し上げるつもりです)、得意な日本史1時間、初めて学ぶ地理は1時間の計10時間ぐらい】なのですが、勉強時間はどのような時間配分で、
どのくらいの時間を勉強するのが最適なのでしょうか。

3つ目は、判定についてです。浪人になるとA判定をとらないときついと言われたのですが、
本当なのでしょうか。少し心配です。

 

回答

1)英語に関して
センター試験ではコンスタントに9割とれることが必須です。東大に受かった人でも英語で
85%くらいの人もいるでしょうが、やはり基礎を固めていけば9割は取れるはずなので、
頑張ってください。
速読英単語(上級)はかなり難しいですよね(大学生なのに僕も今取り組んでいます(笑))。
あれが完璧にできていなくてもセンター、二次試験ともに問題ありませんよ。
そのため、2回やれば十分です。まず、センター試験でどういう問題で失点しているか、
チェックしてみて、その分野の対策を重点的にしてみてください。

また、『パーフェクトリスニング』は難易度もちょうどよいですし、いい教材なのですが、
まずはセンターをはじめ、リスニング以外の能力アップに重点を置いてください。

次に、自由英作文対策は僕も基本例文暗記がいいと思います。
オススメは『Duo 3.0』(アイシーピー)
です。基本例文暗記で得られる表現に加えて 単語・熟語も同時に覚えられます(単語は細かい字で書かれたものは無理に覚えなくても平気です)。
あとは『実戦編 英作文のトレーニング』(Z会出版)
です。見てもらえればわかると思いますが、 自由英作文の問題もありますし、なにより巻末の頻出基本例文が非常に良いです。一冊でお得な感じです。

2)勉強時間に関して
浪人のスタートからそれだけできていれば十分です。安心してください。配分に関しては一つだけ。
4月中はひたすら苦手科目だけやってみてください。他の科目は少しでも良いですから、徹底的に穴を
埋めてください。苦手科目をなくすこと(減らすこと)が東大合格への近道だと思います。初修の地理の
基礎知識を詰め込むのがいいでしょう。『入試に出る地理用語&問題2000』(Z会出版)
など 良いようです。徹底的にできるのは今だけです。

3)判定に関して
A判定はなかなか出ません。浪人時代、全国で50位に入ってもB判定でした。意味不明です(笑)
Aが出たらそれは嬉しいですし、やる気も出ますが、CやDが出たときもあります。
大切なのは、年10回以上ある模試を受けて、時には喜び、時には落ち込み、次に向けて努力すること
です。そうすれば入試本番まで精神的にどんどん強くなれます。僕の場合、極端に言えば、東大模試の方が
本番よりよっぽど緊張しました。本番の朝、「あとはわかることだけ書いておしまいだ。」と思っていたら
勝ちだと思います。

長くなりましたが、これはひとえに僕も一浪して駿台に通い、無事に東大に受かったからです。
しかも、現役の時は、センター試験であと2点足らず、足きりでした。ショックでした。
だから気持ちがわかります。

腐らず、驕らず、身体に気をつけて頑張ってください

                                 「東京大学」家庭教師一覧へ                                  東大生プラスワン教師紹介へ

new_pc_btn_experience_common

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集