体験授業無料受付

No007◆東大・一橋の受験基礎知識その1

No007◆東大・一橋の受験基礎知識その1

受験校によって対策は変わってくる

質問

私は今高2なんですけど、今まで全くといっていいほど家で勉強した事がなかったんです。でも最近になって東大や一橋に行きたいと思い始めました。今からでも間に合うと思いますか?
そして勉強の流れとして高2の間に何を使ってどうやって勉強すればいいでしょうか??

ちなみに何もやらずに受けた8月の河合の記述模試は英語が67で国語57で数学は受けてません。

 

回答

英語や国語の成績を見る限りでは間に合うと思いますが、数学などの他科目の成績がわからないので、「十分間に合います」とは言いきれません。志望校を考える上で、どこを目指すかは人の自由です。  偏差値が足らなくても目指すことならできます。高1、2のうちは自分の偏差値などにそれほど拘らず、上位校を目指すことも必要だと思います。

これから本気で東大や一橋を目指すのであれば、各科目の勉強法(過去記事を参照してください)   以上に、知っておいてほしいことがいくつかあります。

今まで東大や一橋の受験を考えてこなかった、あるいは大学受験そのものについてあまり考えたことが ない、知識がないという方のために、いくつか基礎知識をお教えします。

まず、東大文系も一橋も前期試験を受けるためには、センター試験で国語、数学ⅠA・ⅡB、英語、地歴、公民、理科を受けることが必要です。この科目数がどちらも非常に多いため、高3になってから 二次試験対策ばかりもしていられないという困難な状況が待っています。
また、二次試験では東大文系は国語、数学、英語、社会二科目(日本史、世界史、地理のうち二科目) を受けることになります。
ここでも社会二科目や、英語の様々な分野からの出題が、受験生にはなかなか時間がなく対策しづらい ところです。そして、社会の科目選択もかなり重要になってきます。

一方、一橋では東大より社会が一科目少なくて済みますが、一橋の世界史・地理は日本一難しいと言っても過言ではなく、対策しても点数がなかなか取れないということが挙げられます。

東大、一橋どちらを受けるにしても、他の大学以上に計画的な勉強が不可欠です。
高3になってから英数に取り組み始めると、他の科目に必ずしわ寄せが来るので、このブログでも何度も言っているように、特に東大や一橋などの難関国立を受ける人は高2のうちに英数をバッチリにしましょう。

模試の偏差値で言えば、どちらも最低でも60、欲を言えば65欲しいところです。
高2のうちから少しくらい焦っていた方がいいです。受験まではあっと言う間です。

頑張ってください。

                                 「東京大学」家庭教師一覧へ                                  東大生プラスワン教師紹介へ

new_pc_btn_experience_common

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集