体験授業無料受付

No008◆東大に向けて、計画の立て方とは?

No008◆東大に向けて、計画の立て方とは?

基礎の反復

質問

こんにちは。東大を目指しているのですが、受験までにどういう計画でいこうか、ハッキリ決まらず悩んでいます。東大合格のためにはセンターで9割近く取り、さらに二次で6割を取らなくてはならないということを聞いているので、基礎力と応用力の両方を身につけないといけないと思ってます。何月まで基礎力の勉強をして、何月から応用力の勉強をやればよいのか教えて下さい。

 

回答

東大受験についてのご質問ということで、東大合格に近付くためには、どのように計画を立てればいいのかお答えします。

東大の合格に必要なのは基礎力と応用力、というのは確かに正しいのですが、このように書くと語弊があります。
実際のところは、基礎力と応用力の比率が5対5で必要なのではなく、8対2もしくは9対1程度にすぎません。過去問を解いていても、東大の問題と意識しすぎてしまい解けなくなるというのは珍しくありません。

ですから何よりもまずは、基礎的な問題を人に説明できるくらい完全に理解することが大事です。英語であれば文の構造、数学であれば解説を見ながら人に説明 できるか、歴史であれば教科書の内容を思い出せるか、などが本番でも生きてくるのです。

これらの力を身につけるまでが基礎力の養成ということになりますから、今日を基準にして今から何週間、何カ月やればよい、と予め区切れるものではありませ ん。
そうではなく、今後使う予定の、基礎力をつける参考書と応用問題の演習問題等の参考書を用意して試験日から逆算していきます。

ある参考書を完全に理解するためにかかる時間を、一日どれだけ参考書を進められるかと照らし合わせながら考えていきます。

そうすることでおのずと、基礎的なことをいつまでにやらなければならないのかわかると思います。
がんばってください。

                                 「東京大学」家庭教師一覧へ                                  東大生プラスワン教師紹介へ

new_pc_btn_experience_common

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集