体験授業無料受付

家庭教師の探し方

家庭教師の探し方

新しく家庭教師を雇いたいと思ったときに、どのように教師を探せばいいのでしょうか?
家庭教師の見つけ方は大きく3つに分けられます。最も一般的なのが家庭教師センターを利用するという方法。2つ目が知り合いの紹介、そして3つ目がインターネットや大学の掲示板で募集もしくは応募するという方法です。それぞれの探し方にはメリットとデメリットがあります。どうすればお子様に最適な教師が見つかるかを見てみましょう。

探し方1:家庭教師センターを利用

探し方の1つ目が家庭教師センターを利用するというものです。

探し方の流れ

家庭教師センターで教師を探す際の一般的な流れは以下の通りです。

1.問い合わせをして授業科目やスケジュール、教師の希望条件などを伝える。
2.それを受けてセンターが教師を選考し、派遣する。
3.ご家庭で体験授業をし、教師の決定、もし相性が合わなければ再選考。
  友の会なら教師の交代は何回でも可能です!
4.入会、そして指導開始。

メリット

家庭教師センターで教師を見つけることの1つ目のメリットは質の高い教師が多く在籍していることです。多くの家庭教師センターは厳しい選抜を行って教師を登録します。お子様の成績を伸ばすノウハウを持ち、教師に研修を行っているため優秀な教師が常に在籍しています。

2つ目のメリットは最適な教師が見つかることです。家庭教師センターでは志望校出身の先生、といった条件をつけて教師を探すことができます。その後も体験授業を行うので、教師をよく吟味してから決めることができます。また教師がお子様に合わない場合は簡単に教師を交代することが可能です。

3つ目のメリットが保証やサポートがあり安心であることです。家庭教師センターの多くは、ご家庭と教師をフォローするシステムを整備して、質の高い指導環境を維持しています。

デメリット

家庭教師センターを利用して教師を探すことの1つ目のデメリットは家庭教師センターの選び方が難しいことです。多数あるセンターの比較は容易ではありません。友の会には他社との比較ページがあります。

2つ目のデメリットは強引なセールスが行われる可能性があることです。積極的な電話勧誘や自宅訪問を行っている家庭教師センターが存在するのは事実です。

3つ目のデメリットは料金が割高になる傾向があることです。利用にあたっては入会金などの初期費用がかかる家庭教師センターが大半です。またプロ家庭教師は授業料が高めになります。

 

探し方2:知り合いの紹介

探し方の2つ目は知り合いや親戚などの紹介によるものです。

探し方の流れ

知り合いの紹介で家庭教師を探す際の一般的な流れは以下の通りです。

1.知人から教師の紹介をうける。
2.教師と体験授業を行う。
3.教師と契約、指導開始。

メリット

知り合いの紹介によって教師を見つけることの1つ目のメリットは、教師の素性が知れていて安心あることです。知人の紹介ですので全くの他人よりは信頼できるでしょう。

2つ目のメリットは家庭教師センターを利用するのに比べ、料金が安く済む場合があることです。知人の紹介であれば紹介料や入会金はかかりません。

デメリット

知り合い経由で教師を探すことの1つ目のデメリットは、教師の質が保証されていないことです。知人の紹介する教師が優秀であるとは限りません。

2つ目のデメリットは教師の交代や解雇をしにくいことです。知人の紹介という建前上、成績が上がらなくても大目に見ているご家庭がいらっしゃいます。

 

探し方3:掲示板で探す

探し方の3つ目がインターネットや大学の掲示板で公募もしくは応募するというものです。

探し方の流れ

掲示板で家庭教師を探す際の一般的な流れは以下の通りです。

1.掲示板で教師を公募するか、生徒を募集している教師を探す。
2.候補となる教師とやりとりする。
3.候補者の面接を行い、体験授業を行う。
4.教師を決定して契約、その後指導開始。

メリット

インターネットや大学の掲示板で教師を見つける1つ目のメリットは家庭教師センターを利用するのに比べて料金が安く済む可能性があることです。

2つ目のメリットは複数の教師候補者を面接して選べることです。家庭教師センターの場合はご家庭の希望からセンターが最適な候補者を選考します。

デメリット

掲示板で教師を探すことの1つ目のデメリットは教師の質が担保されていないことです。掲示板にいる教師は審査や試験を受けておらず、教師の指導力や人柄を保証するものがありません。

2つ目のデメリットはトラブルが起こった時にすべて自力で対処しなければならないことです。料金で揉めたり、採用した教師が来ないというトラブルが起こりえます。

3つ目のデメリットは採用や教師交代に手間がかかることです。掲示板では一から自分で手続きを進めなければならないため多くの時間と労力を要されます。

 

生徒様にぴったりな教師を見つけるためには、探し方に加え、教師の選び方も大事になってきます。家庭教師の選び方についてはこちらをご覧ください。

個人契約と家庭教師センターの違いの比較ページはこちら

 

new_pc_btn_experience_common

このページに関連する家庭教師紹介

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集