体験授業無料受付

インターナショナルスクール編入対策

インターナショナルスクール編入対策

このページはインターナショナルスクールへの編入をお考えの方のためのページです。インターナショナルスクールから日本の普通校への編入をお考えの方は、インターナショナルスクールからの小学校・中学校・高校受験対策ページをご覧ださい。

インターナショナルスクール編入の基本情報

インターナショナルスクールへの編入の流れ

インターナショナルスクールの編入の基本的な流れは以下の通りです。

①情報収集
編入を希望するインターナショナルスクールが編入を受け付けているか、空席があるかどうかの確認をしましょう。多くのインターナショナルスクールは、年間を通じていつでも編入を受け付けています。資料請求や学校説明会に参加することで、インターナショナルスクールに関する詳しい情報を入手できます。

②入試手続き
希望のインターナショナルスクールの出願資格を満たしていることを確認したら、必要な書類をそろえて、入試出願手続きを行いましょう。スクールの中には、入試を経ずに編入が可能なところもあります。

③選考
編入に際しては学科試験と個人面接が課されます。個人面接は保護者同伴の場合もあります。学科試験がなく、書類審査しか行わないスクールもあります。

④編入
選考に合格すると、晴れてインターナショナルスクールに編入となります。

インターナショナルスクールの編入試験について

編入試験は随時実施しており、年間を通じて編入を受け入れているスクールは多くあります。多くの場合、編入試験では学科試験個人面接が課されます。学科試験の科目は英語や国語、算数、数学、作文などスクールにより様々です。例えば、聖心インターナショナルスクールに中学校から編入する場合、算数のテストと英語のエッセイ、英文読解力テストが課されます。個人面接では、学習意欲や生活態度、適性、興味の対象、将来の目標などを聞かれます。下記に述べたように、お子様の年齢が低い場合は英語力は問わないというスクールもあります。

インターナショナルスクールへ編入するのに英語力は必要か

日本の学校からインターナショナルスクールへ編入する場合、小学校の低学年までは英語力はあまり問われず、やる気に重点を置いた入学審査が行われます。しかし、それ以上の学年で英語力が十分でない場合、通常のコースに直接編入するのは難しくなります。そうした生徒様のために、多くのインターナショナルスクールはESLやEALと呼ばれる英語補習クラスや英語集中クラスを設けています。なお、こうした英語のサポートクラスがない通常クラスのみのスクールでは、英語力が十分でないと不合格になることもあります。

日本人でもインターナショナルスクールに編入できるか

スクールの方針にもよりますが、多くのインターナショナルスクールでは帰国子女でない日本人のお子様でも編入することは可能です。しかし、日本において多くのインターナショナルスクールは正式な学校とは認められていない(学校法第一条に規定された学校、「一条校」ではない)ため、インターナショナルスクールを卒業しても公立中学校や公立高校に進学する資格は得られません。しかし最近ではインターナショナルスクールの中には、幕張インターナショナルスクールのように国から正式に一条校と認められているところも出てきています。

 

インターナショナルスクール編入はここが大変

一定水準以上の英語力は必要

英語補習コースがあるスクールや編入するときの年齢が低い場合はこの限りではありませんが、編入の際には授業についていくほどの英語力があるかどうかがチェックされます。また、英語力が十分でないままインタナショナルスクールに編入し、編入後に苦労する生徒様がいらっしゃいます。日本人の生徒様が編入する場合はある程度の英語力を身に着けることは不可欠です。

英語だけでなくほかの科目の試験がある

スクールによっては編入試験で、英語だけでなく算数や数学、国語などの科目も課されます。英語が苦手生徒様は英語の勉強でお忙しいと思いますが、さらにこれらの科目も合わせて対策しなければならないため、効率よく勉強する必要が出てきます。

 

東大家庭教師友の会のインター編入対策

指導力ある帰国子女・インター出身教師陣

友の会にはネイティブ並みの英語力を持った、帰国子女やインターナショナルスクール出身の教師が多数在籍しています。そこから指導力があり生徒様と相性の良い教師を、採用率20%の厳しい選考によって選抜します。インターに詳しい教師による分かりやすい指導が、友の会のインター編入対策の特徴です。

オーダーメイド指導で英語力が確実に上がる

家庭教師はマンツーマン指導という、生徒様の性格や苦手を把握し、1人1人に合わせた指導ができる指導形態です。友の会の指導力ある教師が生徒様の目的と現在の学習状況から導き出した、完全オーダーメイドの指導によって英語が苦手な生徒様でもでも英語力がメキメキと上達します。

英語以外の科目の指導にも強い

友の会には現在難関大学に在学し、実際に家庭教師として算数や国語などの科目を教えている指導経験豊富な帰国子女・インター出身教師が多数在籍しています。同じ教師が英語に合わせて他科目も指導することで効率よくインタナショナルスクール編入対策をすることができます。

友の会は生徒様のインターナショナルスクール編入を全力でサポート致します。興味を持たれた方はまずはお問い合わせください。資料請求や体験授業のお申し込みができます。

▼おすすめのコース

帰国子女・英語特化コース

料金

(税抜)

5,500円/時間
コース内容 1.帰国子女、2.1年以上の留学経験、3.TOEFLiBT 100点以上、4.TOEIC 900点以上、5.英検1級以上、のいずれかの教師条件をお選びいただく、主に英語の指導をご希望の方向けのコースです。
プレミアム帰国子女・英語特化コース

料金

(税抜)

6,000円/時間
コース内容 上記条件に加え、当会で定めた条件をクリアした、指導経験が豊富な家庭教師をご希望の方向けのコースです。

new_pc_btn_experience_common

このページに関連する家庭教師紹介

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集