体験授業無料受付

英語対策-過去形-

英語対策-過去形-

過去形対策

過去形は、中学・高校と英語学習を進めていく上で、土台となる単元の一つです。過去形をしっかりマスターすることで、今後の学習に大きく応用できます。しかしながら、つまづいていらっしゃる生徒様が多くいらっしゃることも事実です。当会の難関大生家庭教師は、自身の学習経験を踏まえて、生徒様個々人の苦手克服のためのサポートをすることができます。
以下は、その指導の一例です。

そもそも「過去形」って?

過去形は、「過去の事柄」を表す表現です。動詞の現在形を変化させて作り、その形から①規則動詞②不規則動詞の2種類に分けられます。
①規則動詞:基本的には、動詞の語尾にedをつけるだけ。
 例)walk→walked
②不規則動詞:変化に決まりがない。
 ⇒必要なものは、全部覚えなければならない。
 例)swim(泳ぐ)→swam   think(思う)→thought
   go(行く)→went   lose(失う、なくす)→lost

なんで過去形が分かりづらいの?

「動詞の変化(特に不規則変化)が分からない」といった方が多いようです。では、どうすれば分かりやすくなるのか。
ずばり、カギはグルーピングです。
不規則動詞とは言っても、似たような変化の仕方をするものも存在します。そんなグループを見つけることで、不規則動詞の暗記もずっと簡単になります。以下で、その例を紹介します。

過去形1
過去形2
過去形3

過去形と完了形の違い

上記のポイントに加えて「過去形と完了形の区別がわかりづらい」という声も多くありました。
中学英語では、学年が上がると現在完了形という単元も学習します。この現在完了形と過去形を混同してしまう生徒様は非常に多くいらっしゃいます。この2つの違いは現在完了形のページで詳しく説明していますので、ぜひご覧ください。

友の会ができること

友の会の難関大生なら過去形の問題を解く上での疑問点やポイントを的確に教え、生徒様の学習をサポートします!二人三脚で過去形を根本から理解し、過去形を 得点源にしましょう!

詳しい指導法をクリック 

▼このページをご覧の方にお勧めのコース

帰国子女・英語特化コース

料金

(税抜)

中1~中3…5,500円/時間
コース内容 1.帰国子女、2.1年以上の留学経験、3.TOEFLiBT 100点以上、4.TOEIC 900点以上、5.英検1級以上、のいずれかの教師条件をお選びいただく、主に英語の指導をご希望の方向けのコースです。
プレミアム帰国子女・英語特化コース

料金

(税抜)

中1~中3…6,000円/時間
コース内容 上記条件に加え、当会で定めた条件をクリアした、指導経験が豊富な家庭教師をご希望の方向けのコースです。

new_pc_btn_experience_common

このページに関連する家庭教師紹介

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集