体験授業無料受付

中学生数学対策-一次関数-|高校受験

中学生数学対策-一次関数-|高校受験

一次関数の攻略

一次関数は、多くのお子様が苦手とされる代表的な分野です。初めて関数というものに触れるので、数字と文字が混在していて難しく感じることが多いようです。また、この分野は”比例”の分野の延長上にあるので、比例を苦手にしたままだと、つまづいてしまうことが多いです。

 

一次関数が苦手な3つの原因

実際に、指導経験のある友の会の教師陣に聞いたところ、以下の3つが主な苦手の原因として挙げられました。

    • ①公式が覚えられていない。

→公式を覚えていないと、どこから手をつけていいのか分かりません。

  • ②数字以外の文字(xやaなど)を含んだ計算に慣れていない。

 

→多くのお子様は、文字の計算を苦手としています。

  • ③求めたものが何か分からない。

 

→なんとなくで解いていると、今は何を求めているのか分からなくなります。

 

苦手を解消するためのポイント

一次関数の問題は、下図のような図を描くことで視覚的に捉えられ、頭の中が整理されます。同時に、どの文字が何を表しているのかも分かるので、文字に苦手意識のあるお子様にも有効です。
また、問題で求めたいものを意識しながら問題を解いていくと、早期に苦手を克服できます。 一次関数の関係

友の会ができること

図を書いて問題の条件を整理するのは、お子様だけでは大変なことも多いです。また、一度苦手意識をもってしまうと、克服には努力が必要です。友の会の家庭教師は、お子様と共につまづいている箇所まで戻り、一人一人に最適な学習方法で苦手克服のサポートを致します。
友の会に在籍する難関大生の教師は、自らの学習の際の経験だけでなく、実際にお子様へのご指導を通して培われた指導ノウハウを持っています。また、実際に問題を解くときの着眼点だけでなく、ミスを防止し点数につなげる方法のアドバイスも致します。
ぜひ、友の会の家庭教師を有効に活用して、一次関数を得意にして下さい。最近では、友の会の家庭教師と共に、成績をアップさせ、苦手を得意にしたお子様が多くいらっしゃいます!

 

気になる指導法をクリック

 

new_pc_btn_experience_common

このページに関連する家庭教師紹介

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集