体験授業無料受付

個人契約家庭教師のメリットとデメリット?

個人契約家庭教師のメリットとデメリット?

個人契約家庭教師と派遣型家庭教師の比較

家庭教師は生徒さんの学習進度に合わせて教師が講義計画を考えることにより、生徒さんに最も学習効果の高い指導を提供するサービスです。家庭教師には派遣型と個人契約の2種類が存在しており、個人契約の家庭教師は派遣型の家庭教師と比べて、料金が安いというメリットがあります。その理由は、個人契約の家庭教師では支払う料金が契約している教師の指導料のみだからです。しかし、家庭教師との個人契約では、その安さの裏で様々なトラブルが報告されていることも事実です。家庭教師との個人契約を検討するにあたり、個人契約のデメリットにはどのようなものがあるのか参考にご覧ください。

①相性のいい教師を見つけるのが難しい

個人契約で家庭教師を依頼するには、一般的に個人契約家庭教師の紹介サイトを利用します。紹介サイトで生徒さんに合いそうな家庭教師を探し、仲介手数料を紹介サイトに支払うと契約が成立し指導が始まります。しかし、紹介サイトに記載されている情報だけから生徒さんに相性の良い教師を見つけるのは難しく、指導が始まってから途中で契約を解除することもしばしばです。その場合新たに家庭教師を個人契約で探そうとすると手間も時間もかかり、また再度仲介手数料も支払わなければなりません。そのため、派遣型家庭教師よりもかえって割高になることもあります。

②教師の質が保証されていない

個人契約の安い金額で良い教師に指導してもらうのは理想的ですが、一般的に個人契約家庭教師の紹介サイトは教師に何も審査も行っていないか、非常に簡単な試験しか設けていません。これにより、紹介サイトに教師登録するだけでほとんど誰でも教師となることができます。そのため、教師の人柄や指導力を保証するものがなく、ご家庭に招き入れて生徒さんの学力向上を任せるのには不安が残ります。

③料金が明瞭でない

教師に指導料を支払う際、派遣型の家庭教師であれば領収書などの支払い記録を発行してもらえますが、個人契約の場合は領収書を発行してもらうことはできません。そのため、月謝を支払ったのか支払ってないのかで教師と揉め、トラブルになるケースがあります。また、派遣型の家庭教師では料金が固定されているのと異なり、個人契約の家庭教師では料金交渉をされる可能性があります。 生徒さんが教師に慣れて成績が伸びてきた頃に料金交渉をされると、新しい教師を探す手間や生徒さんへの影響を考えて交渉に応じざるを得ない場合が有ります。

④教師の責任感にばらつきがある

派遣型の家庭教師では、表彰制度や昇給制度などで教師を評価する仕組みを設けており、教師が継続的に責任感を持って指導するサポートを行っています。一方、個人契約の家庭教師では、教師が責任感を持って継続的に指導を行うかどうかは完全に教師個人の資質に委ねられています。そのため教師によっては責任感に欠け、平気で遅刻や無断欠勤をしてしまう場合もあります。 派遣型の家庭教師でそのような教師がいれば派遣センターから教師に注意できますが、個人契約では直接言わなければならず、我慢してしまうご家庭も多いようです。

 

友の会だからできること

東大家庭教師友の会に所属しているのは東大、早慶、医学部などの難関大生からさらに経験豊富な面接官による採用率20%以下の厳しい選抜によって人柄や指導力を見極められた教師たちです。そうして選ばれた教師からさらに生徒さんに相性の良い教師を、体験指導などを通じながらご要望に沿うまで何度でもご紹介いたします。料金は完全後払い制になっており、独自教材の販売などで余分な費用が発生することも一切ありません。責任感を認められた教師を派遣し、良き教師かつ先輩として生徒さんに寄り添うことで、成長を実感できる指導を提供いたします。

new_pc_btn_experience_common

このページに関連する家庭教師紹介

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集