体験授業無料受付

経済学のための数学対策

経済学のための数学対策

経済学とは?

大学で学ぶ経済学は、マクロ経済・ミクロ経済がメインです。近年実学である経済学を学べる経済学部・商学部が人気ですが、経済学の単位をとるためには基礎的な高校数学の知識も必要になります。

 

経済学に必要な数学の分野

数学ⅠⅡの範囲である、微分・積分・統計(データ分析)が経済学を学ぶ上で必須です。これらは、高校数学で学ぶ範囲ですが、文系は軽く触れる程度のみで、大学生になっても使えるほどのレベルにはなりません。そのため、文系大学生が経済学を学ぶためには、高校数学を勉強し直す必要があります。
しかし、大学の授業は微分・積分など経済学で使う数学をマスターしているという前提のもと行われるため、数学の解説をしません。そのため、大学で経済学を学ぼうとしても数学的知識がないために、経済学を習得することができず単位を落としてしまい、最悪留年してしまう可能性があります。

 

経済学を学ぶ時の学生の悩み

上記で書いたように文系の学生は経済学を学ぶときに非常に苦労します。
そのため、AOや指定校推薦、数学受験ではなく地歴受験で経済学部や商学部に入学し、経済を必修で履修することが決まっている文系高校生の方が経済の単位を落とす不安を抱えていることが多いです。

 

友の会の家庭教師なら…

現役大学生と一緒に先取り学習ができる!

東大家庭教師友の会には、数学が得意な家庭教師が多く在籍しています。また、現役大学生が家庭教師であるため、大学の様子を聞きながら楽しく経済学を学ぶために必要な数学を勉強して、他の人より一歩進んだ状況をつくることができます。

大学生になってもサポートを継続できる!

指導を受けられるのは、高校生だけではなく、もちろん大学生の方も可能です。そのため、高校生の時から友の会に入会してくださっている方も、そのまま継続して経済学などの大学の授業のフォローをすることができます。また、大学生の方でも経済学を学ぶために家庭教師をつけることも可能です。

友の会の家庭教師と一緒に数学を学んで、素敵なキャンパスライフを送りましょう!

 

また、東大家庭教師友の会では、経済学を学ぶ上で必須となる数学の学習方法を掲載しています。ぜひご覧ください。

 

▽このページをご覧の方にオススメのコースはこちら

カスタマイズコース

料金(税抜)

5,500円/時間
コース内容

経済学のための数学対策をご希望の方は、こちらのコースでお問い合わせください。お客様のニーズに合わせた柔軟な指導が可能な家庭教師をご紹介いたします。

new_pc_btn_experience_common

このページに関連する家庭教師紹介

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集