体験授業無料受付

中学受験算数 ケアレスミス対策

中学受験算数 ケアレスミス対策

ケアレスミス対策で
算数の得点をあげる

お子様の中学受験用の模試や塾のテスト結果を見てみて、
「算数の点数が低い!」
「本来の実力がテストでは発揮できていない!」
「きちんと勉強しているのに…」
と感じることはありませんか?

「本来なら、もっと算数で点数が取れたはず。」
という反省は、中学受験本番では命取りです。

ここでは、多くのお子様が点数を落としがちな
ケアレスミスの原因と対策をご紹介します。

 

算数 ケアレスミスの種類と原因

①計算ミス

ー 慌てて計算をしているから ー

お子様は試験時間を気にするあまり、慌てて計算をしていませんか?
余白で雑に計算して、あとで字が読めないということがないよう注意しましょう。

計算ミスは多くのお子様が持つお悩みです。
時間の限られた中学受験において、速く解くことは勿論大切ですが、
それ以上にケアレスミスで点数を落とさないことの方が重要です。

②問題や答えの写し間違い

ー 正確に書き写せていないから ー

余白の部分で計算しようと思い、問題から式を写すことは多くあると思います。
また、余白で解いた答えを解答用紙に書き写すことも多いでしょう。

その際、問題の式や答えを写し間違えていませんか?
実際に家庭教師が指導にあたる際、
「計算ミスはないのに、なぜか間違っている」場合には、
そもそも問題文の式を写し間違えているということが多いのです。

せっかく解いた問題を確実に得点につなげるために、
式や答えの書き写しには細心の注意を払いましょう。

③問題の理解不足

ー 問題文を正しく把握していないから ー

このケアレスミスは、お子様が注意していても起こるものです。

「この問題は何算なのか(鶴亀算など)を考える」
「問題文で出てきた数字には丸を付けて目立たせる」など、
自分のルールで問題を解くことで、問題文の理解が容易になります。

また、問題文の理解を試すには「この問題の意味を説明して」と問いかけ、
お子様自身の言葉で説明させることが大切です。

 

算数 ケアレスミスをなくすための対策

①日頃から丁寧に計算すること

中学受験本番まで、日々多くの算数の問題を解くと思います。
そのとき、過去問演習など、時間を測って解く問題以外は、
ケアレスミスを絶対にしてはいけないという心持ちで勉強しましょう。
ケアレスミスをしないよう意識するため、問題を解くスピードは多少落ちるかもしれませんが、
それは仕方ありません。

まずはケアレスミスをなくすという心掛けに集中し、
ケアレスミスが減ってきた後でスピードを高めていきましょう。

この流れで勉強すると「解いた問題は確実に得点できる」という状態が作り出せます。
これが中学受験で合格を勝ち取るための近道です。

②余白をきれいに使うこと

余白に式を写すときは、必ず式が間違っていないか2回は確認しましょう。
また、その問題を解くときに、紙面上のどこの余白を使うかということも大切になります。
なぜなら、見直しの際に、余白をきれいに使うことで、
式の間違いや計算ミスなどのケアレスミスが発見しやすくなるからです。

そのため、日々の勉強や過去問演習の中で
「この問題は(テスト上の)どこに解いたの?」と尋ねてあげましょう。

お子様が探すことなく「ここに解いたよ」と答えられ、
かつ丁寧に書かれているならば、ケアレスミスは格段に減るでしょう。

③ケアレスミスをするたびに指摘すること

お子様がケアレスミスをした際に「この問題はケアレスミスだったから本当はできたんだけどな」という発言をしていたら要注意です。中学受験では1点が合否を分けることもあるため、ケアレスミスは確実にゼロを目指さなくてはいけません。
そのため、お子様がケアレスミスをするたびに逐一指摘する必要があります。

「こういうケアレスミスが多いよね」
「前もここの式変形間違えたよね」
などというように、お子様のケアレスミスの傾向を把握し、
その傾向をお子様に自覚させることが大切です。

これは根気のいる指導ですが、たくさん指摘されることで、お子様自身で「自分はこういうケアレスミスが多いから、ここは気を付けよう」などと考えながら解くことができるようになります。

 

東大家庭教師友の会と他社との違い

お子様一人ひとりに最適な対処法を伝授

ケアレスミスをなくす最も有効な対策は
お子様が問題を解く過程を横で見て指摘してあげること
です。

東大家庭教師友の会の難関大生家庭教師は、お子様一人ひとりが、
どのようなミスをしやすいのかを把握し、
それについての対処法を考え、お子様と共に実行します。

これは、お子様の横で見て指導している家庭教師だからこそできることです。

難関中学出身の教師数が業界トップクラス

東大家庭教師友の会には、
麻布・開成・武蔵などの男子校の難関中学校、
女子学院・桜蔭・双葉などの女子校の難関中学校、
筑波大学附属中学校・慶應義塾中等部・早稲田実業学校中等部などの共学校の難関中学校
出身の家庭教師が多数在籍しております。

選べる教師の数が多いということは、
その分、お子様一人ひとりに合った教師を見つけやすいとも言えるでしょう。

例えば、お子様の第一志望校出身の教師に指導してもらうと、

・良きお兄さんお姉さんとして気軽に話せた
・教師の中高生活の話を聞くことで受験勉強への意欲が高まった
・中学受験本番の体験を聞くことで気が引き締まった

という点が良かったという声もいただいております。

家庭教師としての”指導力”に自信

東大家庭教師友の会は、家庭教師登録の面接の際に
様々な質問を通して「人間性」を見たり、模擬授業を通して「指導力」を見ています。

そのため、ただ頭が良いだけではなく、
「お子様の力になりたいという熱い思い」と
「お子様を合格まで導けるような指導力」の両方を兼ねそろえた教師が多い
ことが特徴です。

中学受験生をトータルサポート

東大家庭教師友の会の家庭教師は、授業だけをして終わりではありません。

毎週、宿題を出したり、通われている塾の授業フォローを行うなど、
お子様の第一志望校合格のために、考えて動くことのできる教師が多いです。

実際の宿題以外にも、勉強習慣の確立や勉強計画の作成も、お子様と一緒に行います。
お子様にとって必要なタイミングで、第一志望校の過去問対策も行います。

中学受験生の「困った!」をトータルサポートできる教師が多いことも、
東大家庭教師友の会の他社との違いと言えるでしょう。

お問い合わせ下さい!

このページをご覧になって、

東大家庭教師友の会で教師を探してみたい

東大家庭教師友の会の教師にケアレスミスを減らして欲しい
と思われた方は、

下記バナーをクリックして、お気軽にお問い合わせ下さい。

他社との違いがよくわかるパンフレットを郵送させていただきます。

(圧縮)無料体験授業はこちら
(圧縮)無料パンフレットはこちら

 

中学受験 算数が得点源に

中学受験においては、算数を得点源にすることが第一志望合格への近道になります。

よろしければ、以下の算数の悩み別のページもご覧ください。

  • 中学受験算数対策
  • 中学受験算数の基礎力の定着
  • 中学受験算数の文章題対策

 

中学受験塾のフォローは以下をクリック

  • SAPIX対策
  • 日能研対策
  • 四谷大塚対策
  • 早稲田アカデミー対策
  • 希学園対策
  • z会対策

 

料金

中学受験対策なら

中学受験準備コース

料金

(税抜)

小1~小5…4,000円/時間
コース内容 中学受験を意識した受験対策向きの家庭教師をご希望の小5までの生徒様向けのコースです。しっかりと基礎を築いた上で受験学年に臨めるよう、中学受験を経験した教師がサポートします。
中学受験コース

料金

(税抜)

小6…4,500円/時間
コース内容 中学受験を意識した受験対策向きの家庭教師をご希望の小6の生徒様向けのコースです。実際に中学受験を経験した教師だからこそ、受験のテクニックはもちろん、入試直前のメンタルケアまで行うことができます。
難関国私立受験コース

料金

(税抜)

小1~小5…4,500円/時間
小6…5,000円/時間
コース内容 御三家・国立などの難関校を目指す生徒様向けのコースです。難関中学を受験し卒業した教師が自身の経験をもとにノウハウを伝授し、志望校合格に向けた指導を行います。
プレミアム中学受験コース

料金

(税抜)

小1~小5…5,000円/時間
小6…5,500円/時間
コース内容 上記条件に加え、当会で定めた条件をクリアした、指導経験が豊富な家庭教師をご希望の方向けのコースです。

new_pc_btn_experience_common

このページに関連する家庭教師紹介

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集