体験授業無料受付

小学生英会話ページ

小学生英会話ページ

なんのために小学生のお子様に英会話を習わせるのか

お子様を英会話教室に通わせたいという親御様は多くいらっしゃるかと思いますが、それははっきりとした目的があってのことでしょうか。当会に寄せられるお問い合わせに、「英会話教室ではゲームや歌などが多く、本当に子供に英語の力が付いているのかわからない」というご意見がしばしば寄せられます。それでは、多くの親御様はどのような目的でお子様に英会話を習わせているのでしょうか。本項目では、実際に親御様がどのような目的で小学生のお子様に英会話を習わせているかについてご紹介します。

英会話の目的①:英会話を通して、英語に慣れ親しむ

もっとも多いのがこのケースです。小学生のうちからネイティブの英語を聞き、英語を使ったワークをして英語に耳を慣れさせ、発音も学ばせることで、「大きくなってから効率的な英語の学習ができるようにさせたい」「実際に使える英語を習得してほしい」という思いから小学生のお子様に英会話を学ばせる親御様は非常に多いです。

しかし一方で、英会話教室ではゲームや歌の練習ばかりしていて、実践的な会話の練習が全然できていない、と心配になる方も多く見られます。

英会話の目的②:英会話を通して文法や単語の知識を習得させる

目的①から発展して、このような目的をもって英会話教室に子供を通わせる親御様も多いです。英語に慣れるだけではなく、そこからさらに発展して実際に使える会話のフレーズや、頻出の単語、あわよくば中学で使用するような文法についてまで小学生のうちから知識を入れてあげてほしい、という思い、すなわちいわゆる「実践的な英語を学んでほしい」という思いから英会話教室にお子様を通わせる親御様もいらっしゃいます。

しかし一方で、英会話教室は英語に慣れ親しんでいるだけで、このような実践的な英語の指導はなかなかやってくれないという悩みを抱えてる方も多くいらっしゃいます。

英会話の目的③:英検の2次試験対策をさせたい

英検3級以上からは口頭試験が課されます。近年、小学生のお子様でも口頭試験が課されるレベルの英検の級の取得をされるお子様が増えてきています。口頭試験はいわゆる英語を話す力が試される試験であるため、ネイティブとの会話を通じて「話せる英語」を身につける必要があります。そのため、英会話教室にお子様を通わせるご家庭が多いです。

しかし一方で、英検の1次試験ではいわゆる文法力や単語力も問われるため、英会話教室だけではこちらの対策に対応しきれないというお悩みの親御様が多いです。

 

このように、英会話を子供に習わせる目的ははさまざまであり、その全てに英会話教室では対応しきれません。しかし、家庭教師であれば、これら全てに対応することが可能です。その理由について、下でご説明いたします。

 

家庭教師と英会話学習の相性が良い理由

家庭教師の指導は、基本的にマンツーマン指導で行います。そのため、ご家庭の要望、すなわち指導を通じてどのような力をお子様に身につけてもらいたいか、という内容を親御様と家庭教師で相談した上で指導カリキュラムを組みます。そのため、英会話+発音+英検対策という目的を組み合わせての指導も可能になります。さらに、英会話教室同様のネイティブの発音が可能な帰国子女家庭教師が英語と日本語両方を駆使した指導をすることが可能であるため、英会話の充実度も英会話教室と比べて遜色ありません。

 

東大家庭教師友の会の強み

帰国子女家庭教師多数在籍!

東大家庭教師友の会を運営する株式会社トモノカイでは、EDUBALという海外在住の留学生のために大学受験指導を全て英語で行うサービスを展開しており、その教師を東大家庭教師友の会でも共有しています。そのため、日本語と英語を駆使した指導、そしてもちろん全て英語での指導に熟練した帰国子女家庭教師を英会話教師としてご紹介することが可能です。

中学受験対策もお任せ!

「子供に英会話教室に行かせたかったけれど、中学受験があるために断念した」という親御様の声が多数あります。東大家庭教師友の会なら、難関校出身の帰国子女も多数在籍しているために受験対策の指導まで可能です。さらに、英会話教室と違って自宅での指導になるため、通学の煩わしさもない状態で英会話と中学受験対策を両立することが可能です。

指導に使用するテキストも、家庭教師をつける目的に合わせて教師が最適な教材をご紹介いたします。

採用選考通過率20%の家庭教師をご紹介!

東大家庭教師に在籍している家庭教師は、コミュニケーション能力や指導の分かりやすさなどを評価する選考通過率20%の採用試験を通過している家庭教師のみです。そのため、お子様と良いコミュニケーションをとりながら学習を進めるお兄さん、お姉さんのような存在になることが可能です。もちろん、帰国子女家庭教師もこれらの採用基準をクリアしているため、高いコミュニケーション能力と、お子様に分かりやすい指導力の双方を兼ね備えています。

本ページを見てご興味を持たれた方は、ぜひお問い合わせください!

 

▽関心のある項目をクリックしてください。


 


 

new_pc_btn_experience_common

このページに関連する家庭教師紹介

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集