体験授業無料受付

川崎先生

special_teacher

教師指名が可能な教師を指名することが出来ます。
お気に入り教師に登録してお問い合わせください。

お気に入り教師へ追加

「お気に入り」に追加した教師を見る

教師指名 可能

川崎先生

東大模試総合4位、数学1位、数学入試本番満点!

川崎先生

  • お問い合わせ教師番号:12673346
  • 東京大学法学部
  • 開成高等学校

特集教師

教師インタビュー

  • きっかけ

    ■東大が当然という環境

    私は出身が開成高校ということで、東大を目指して当然という風潮がありました。そのため、東大を目指すことを自主的に決めたというよりは、全体の風潮に従った形でした。
    勉強を頑張り出した時期というものは、特にありません。高1の夏に、周りが行っているからという理由で鉄緑会に入りました。しかし、意識を高く持って、勉強していたというよりは、常に毎週課される宿題をこなし、クラス分けテストの前にはその対策を行っていました。そうした、当たり前の繰り返しが成績向上につながったと思います。

    このページの先頭へ

  • 実績までの道のり

    ■解法プロセスを三段階に分けて勉強

    私は数学が得意だったのですが、自分なりの勉強法がありました。数学の問題が解けるようになるには三段階あると考えていて、それは一段階目が解法を覚える段階、次が解法を使うタイミングを覚える段階、そして最後がそれを実際に用いる段階です。これを意識して勉強することで、問題に対して感覚で行き詰まったときに、論理的に解決を導くことが出来ました。例えばある問題がわからなかったら、解法を知らなかったのか、解法は知っていたがタイミングがわかっていなかったのか、それとも解法もタイミングもわかっていたが使えてなかったのかを確認するようにしていました。これによって、一般的には安定しにくいと言われる数学を安定させることができ、他の文系生と比べて、大きなアドバンテージを得ることで出来たと思います。

    このページの先頭へ

  • 実績までの道のり

    ■継続的で計画的に勉強

    また、私が勉強において大切だと思うのは、継続的で計画的な勉強です。大学入試に必要な英単語や、世界史の用語の数は一日やそこらで覚えられる量ではありません。私は、英単語は高1のときに、世界史は高3の夏前に、一日のノルマを決めて覚えていました。それによって夏以降知識の詰め込みに苦しむ事がなく、演習や過去問に取り組む事ができました。また、受験に関して言うと、英数を高2までに固められることが一つ重要なポイントだと思いますので、3年になる前から計画性を持って継続的に勉強しておく事が重要だと思います。

    このページの先頭へ

  • メッセージ

    ■その時にしか出来ない事を

    皆さんにはぜひ、そのときにしか出来ない事をして欲しいです。私の母校である開成高校は運動会が盛んです。全国のどの高校のどの行事よりも生徒たちが熱意を込めて本気になって行っている行事だと自負しています。高3の春は開成の生徒は運動会ですべての時間が潰れます。休み時間や、勉強時間、寝る時間はもちろん、学校の授業中でさえ運動会活動に消えていきます。そのくらい、運動会にみんなが本気になり、勉強はまったくと言っていいほど手付かずとなります。しかし、私はそのことを誇りに思っています。開成の運動会もう一生体験できないし、自分のすべてを注ぎ込んで、夢中になれるような体験は二度と無いと思うからです。
    私は勉強よりも大切なことはいくらでもあると思います。それは人によって違いますが、その時にしか出来ないことを通じてでしか、得られないものだと思います。大人になって子供の時の自分を振り返ったときに、後悔だけは絶対にしたくありません。50年後の自分に誇れるように生きてほしいと思います。勉強で得た知識はその道標でしかないと思います。

    このページの先頭へ

  • 現在、頑張っていること

    ■楽しい大学生活を

    私は大学では、楽しい日々を歩みたいと思っています。大学生は、体力があり、バイトをしたらお金もあり、時間もあります。この3つがあるのは人生でこの時期だけではないでしょうか。そう考えて現在は、ESSという英語サークルやサッカーサークルなどの興味を持った活動に積極的に参加しています。ESSでは、英語でのディスカッションや英語劇をしたりしました。また、現在は夏のミュージカルに向けた準備をしていて、非常に充実しています。

    このページの先頭へ

  • 指導に向けて

    ■継続的で計画的に勉強するお手伝いを

    私は、勉強は継続的で計画的にする事が重要だと思うのですが、それには自己管理やノルマの設定といった、勉強の力とは異なる力が必要だと思います。そして、そのお手伝いをするのが家庭教師だと思っています。例えば受験を目標に置いた場合、高1や高2の生徒さんには英数の計画的勉強に重点をおき、高3や中学受験生に関しては、全教科のスケジュール管理の手伝いをすることが、合格への近道だと思っております。
    指導においては出来るだけ宿題や小テストをしていきたいと思っています。特に暗記作業は、自分で決めてやるのはなかなかしんどく、他人に課されるなど外部からのプレッシャーがあるとやりやすいものだと思います。現在も指導している生徒さんがいるのですが、宿題を出す事で、自分だけでは勉強しにくい英単語を覚えてもらっています。
    また、私はこれまで色々な人に教えられてきた分、自分が教えられる身になったら教えるのが役割だと思っていました。また、高校の時でも勉強を教えてあげた友達の成績が伸びると非常にうれしくやりがいを感じました。ぜひ生徒さんの勉強のお手伝いをし、生徒さんと一緒に成績を伸ばす事で、自分も楽しさや嬉しさを感じられたらと思っています。

    このページの先頭へ

new_pc_btn_experience_common

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集