体験授業無料受付

森先生

special_teacher

教師指名が可能な教師を指名することが出来ます。
お気に入り教師に登録してお問い合わせください。

お気に入り教師へ追加

「お気に入り」に追加した教師を見る

教師指名 可能

森先生

物理は公式を暗記するのではなく、根本の理論を丁寧に理解することが大切

森先生

  • お問い合わせ教師番号:12770273
  • 東京工業大学工学部
  • 横浜翠嵐高等学校

特集教師

教師インタビュー

  • ご家庭からの評価 

    大変熱心に指導していただいています。子どももとても信頼し、尊敬しています。

    引き続き、ご指導をぜひお願いしたいです。

    このページの先頭へ

  • 指導開始時の生徒様の学習状況

    今回担当したのは、高校2年生の生徒様です。物理の指導を中心に行っています。学校の授業との相性が合わない状態が長く続いていたため、前の学年の内容までの理解で止まっている状態でした。そこで、その補習を行うという形で指導を開始しました。

    当初、差し迫った定期テストの対策をご希望でしたが、テスト対策以前に単元の理解ができていない段階であったため、基礎の確認をしながら定期テストの重要ポイントを押さえていくというやり方で指導をしていました。

    このページの先頭へ

  • 生徒様のつまずきポイントとその対策

    物理の公式を覚えるのが苦手な点です。生徒様は実際に問題を解き、数をこなさないと公式が頭に定着しないタイプでした。そこで、公式を丸暗記ではなく理論から根本的に理解すること、さらに問題演習で使い方を覚えていくことを意識して指導にあたりました。

    具体的には、(1)問題を解く前に一旦自分で図を書く (2)数値を単純なものに置き換えて解く といったことを行いました。(1)では、力学の問題で力を全て書き出してみるなど、自分で図を丁寧に書くことを指導しました。これによって頭の中を整理することができ、より深い理解に繋げることができます。(2)では、問題に出てくる数値を単純なものに置き換えることで、問題のままの複雑な数値に惑わされて見えなくなりがちな問題の構造をつかむことができます。こういったプロセスを丁寧に踏んだうえで「では、この問題はどうなるかな?」と問いかけ、一緒に解くことを心がけています。

    このように、1つの問題を解く際にも丁寧に段階を踏むことで、公式の根本的な理論の部分をしっかりと理解し、より定着させることができるように心がけています。

    このページの先頭へ

  • 工夫している指導法

    私が受験生だった時にやっていた学習法なのですが、問題を解く用の交換ノートを作ってもらい、生徒様とやりとりをしています。

    やり方としては、ノートを2冊用意してもらって、問題集の問題を1冊のノートに解いてきてもらいます。1週間経ったら提出してもらい、その内容を見てつまずいている点を確認します。私がチェックをしている間に、生徒様にはもう1冊のノートで同様に問題を解いてきてもらいます。

    自習では丸つけだけで学習を終えてしまうことも多いと思いますが、家庭教師がチェックすることで「ここがわからないんだな」というポイントがわかります。そういった点は次の授業の時間に一緒に確認をします。生徒様にとっても、先生に提出して見せることがわかっていると気が引き締まり、図や式を丁寧に書くことにつながります。そういった作業を練習する機会にもなるため、非常に有意義な学習法であると考えています。

    このページの先頭へ

  • 生徒様と関係を築くうえで大切にしていること

    生徒様と接するうえで大切にしていることは2点あります。1つは時間を絶対に守ること、そしてもう1つが「これはどう?これはどう?」と1つずつ確認し、できる・できないを丁寧に見極めて指導することです。

    1点目ですが、開始時間は絶対に守るようにしています。終わりの時間は指導の区切りが良いところで切り上げるため延長することもありますが、始めの時間はきっちりと守ることを意識しています。2点目のコミュニケーションでは、わからない点をきちんと把握し、生徒様の理解度に合わせて指導することを大切にしています。

    このページの先頭へ

  • 生徒様の成績の変化

    元々の点数があまり高くなかったこともあり、点数は大きく変化しました。具体的には、指導を始める前と後で定期テストの点数が5倍も伸びました。それまでは学年平均点数をかなり下回っている状態でしたが、5倍伸びたことでほぼ学年平均と同じ点数まで近づきました。本人はまだまだ…と謙遜していましたが、保護者の方も喜んでくださり、私もとても嬉しかったです。「次のテストは学年の平均を超えようね」という話を生徒様としています。

    このページの先頭へ

  • 家庭教師と塾の違いは何ですか?

    生徒様のレベルに対応した指導ができる点です。

    生徒様の中には、集団塾に通ったとしてもレベルが高すぎてついていけないだろうと思われる学力の方もいます。そういった生徒様についても、丁寧に対応して生徒様のペースに合わせられる点が強みだと思います。

    このページの先頭へ

  • ご家庭へのメッセージ

    やってと言った課題をしっかりとやろうとする姿勢は見えるので、自分としても応援したいと思える生徒様です。これからも頑張りましょう!

    このページの先頭へ

new_pc_btn_experience_common

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集