体験授業無料受付

一橋大学受験対策ページ

一橋大学受験対策ページ

一橋大学生で家庭教師登録をご希望の方はこちらをクリック

目次

1.一橋大学 2次試験 科目別対策

 1.1.数学

 1.2.英語

 1.3.国語

 1.4.社会(地理・世界史・日本史・倫政)

 1.5.対策まとめ

2.東大家庭教師友の会が一橋対策に強い3つの理由

3.おすすめのコース

 

 

1.一橋大学 2次試験 科目別対策

 

 

1.1.一橋大学の数学対策

一橋大学の数学は文系数学最難関と言われています。というのも、一橋大学の数学は、例年大問5題で試験時間は120分、全て記述式という出題だからです。そのため、時間内に全ての大問を解き切ることは難しく、できる問題を確実に得点していくことが求められます。

一橋大学の数学は、出題傾向が明確であるため、一橋大学特有の対策をしっかりしておきましょう。具体的な分野としては「整数問題」「確率」「微分積分」「図形問題」「ベクトル」が出題頻度が高くなっています。特に「整数問題」と「確率」はここ20年間、毎年出題されているため必ず対策をしましょう。しかし、「整数問題」は年度により大きく難易度が異なるので注意が必要です。
「図形問題」や「ベクトル」の融合問題は最初の方針が立てにくいものが多く、最初の方針選択が正解にたどり着くまでのカギを握っています。図形問題では、図をきれいに描くことが大切です。きれいな図は方針を立てやすくしたり、見間違いによるミスを防いだり、採点者に好印象を与えることにもつながります。 日頃の演習の際にも、きれいな図を描くことを心がけましょう。

その他の一橋大学の数学の特徴として、計算量の多いことも挙げられます。複雑な数式でも粘り強く計算し、難しい計算も工夫して簡単にすることが大切です。計算ミスなどがないように、日頃から計算力を付ける練習をしておきましょう。

国公立大学文系の中でも数学のレベルが極めて高い一橋大学ですが、1問か2問は典型問題も出題されます。入試本番では、問題の難易度を見極めて自分が得点できる部分や、比較的容易な微分積分の問題で確実に得点して合格を勝ち取りましょう。

 

 

1.2.一橋大学の英語対策

一橋大学の英語では、例年長文読解問題や自由英作文、リスニングが出題されます。

長文読解問題の特徴として、文章量や問題数は少ない割に、記述量が多いということが挙げられます。そのため、記述対策が必須になります。記述での得点が難しいため、比較的平易な英文和訳問題で確実に得点するようにしましょう。この場合、まずは基本的な問題集を用いて基礎力を養成し、実際の過去問で演習を繰り返すことが大切です。

一橋大学の自由英作文では、社会科学分野をテーマとしたものが多く出題されます。自由英作文の形式としては、3つの例文から1つを選択して、それに関する自分の考えを記述するというものになります。語数は120語~150語です。ここでは、難しい単語や構文を使うより、平易な語彙や文法で良いので、間違いのないこと、論理的に自分の意見を展開することが重視されています。

リスニングは例年、A問題とB問題の2種類から構成されています。A問題は選択式で、B問題は英語で解答する記述式になっています。B問題は記述式で難易度が高いため、A問題で確実に得点するようにしましょう。万が一、形式が変わっても対応できるように、様々な形式のリスニング対策をしておくことも必要です。

一橋大学の英語では、問題の形式の違いはあれど、社会問題をテーマにした出題が多くなっています。そのため、日ごろから新聞を読んでおくことも大切です。一橋大学では、どの学部を受験しても英語の配点は4分の1以上と高い配点になっており、英語での得点が合否に直結することもあります。特に力を入れて対策しておきましょう。

 

 

1.3.一橋大学の国語対策

一橋大学の国語は、大問3題が出題され、解答時間100分が与えられます。大問1では現代評論文が、大問2では近代言語文や現古融合問題が、大問3では現代評論文が出題されています。国語は、配点が低いため差がつかないと思われがちですが、多くの受験生が数学や英語に力を入れて国語をおろそかにする傾向があるため、意外と差がつく科目になっています。

各大問を見てみると、大問1の現代評論文では、解答の制限字数が10~50文字以内と、他の国公立大学に比べて少ないという傾向があります。この字数制限の少なさにより、受験生はただ本文から抜粋するのではなく、要約して自分の言葉で表現することが求められています。しかし、年度によっては100字近くの論述が出題されることもあるため、長文記述の対策もしておく必要があります。例年10題出題されている漢字の書き取り問題や語句の意味説明問題は対策を行い、確実に得点できるようにしましょう。

大問2の近代言語文や現古融合問題では、ここ数年完全な古文や漢文は出題されておらず、文章のジャンルも定まっていません。近代言語文を解く際に必要な古文漢文の知識は、センター試験レベルで十分なので、基本的なセンター対策をした後、過去問を解くことが一番重要な対策になります。もし、文語文をさらに対策したい場合は、京都大学や滋賀大学などの文語文を出題する大学の過去問を活用することで対策が可能です。

大問3の現代評論文では、問題文を200字で要約する問題が出題されます。大問1と同様に、自分で文章の内容を言い換えたり、要約したりする力が試されています。このような要約力は、一朝一夕で身につくものではないため、日々過去問などで解答を作成し、添削指導を受けることが一番の対策になります。

 

 

1.4.一橋大学の地理対策

一橋大学の地理は、大問3問が出題され、社会経済事情を問う出題が多くなっています。出題内容としては、細かな知識というより、地図や統計資料を正しく読み取り論述する力が問われています。高校地理の範囲内での出題が多い中、時事ネタに関連した出題もされることがあります。空欄補充の問題で確実に得点し、過去問を繰り返すことで論述力を高めるようにしましょう。

1.4.一橋大学の世界史対策

一橋大学の世界史は、400字の論述が3題出題されます。日本史もそうですが、自分でどの小問の配点が高いかを予想して、それぞれの字数配分を考慮して解答する必要があります。他の大学と比べても、量・難易度ともに最難関と言えるでしょう。頻出分野としては中世ヨーロッパ、近現代の欧米、近現代のアジアが挙げられ、過去に出題された問題と似た問題がよく出題されています。記述量の多さなど、一橋大学特有の出題形式に対応するためにも過去問研究が欠かせないでしょう。

1.4.一橋大学の日本史対策

一橋大学の日本史は大問が3問で、各大問は小問3,4問で構成されています。各大問に400字の論述問題が出題され、小問ごとの字数指定はありません。つまり、自分でどの小問の配点が高いかを予想して、それぞれの字数配分を考慮して解答する必要があります。近現代や経済史から頻繁に出題されるため、過去問研究をすることが合格への近道になります。

1.4.一橋大学の倫理・政経対策

一橋大学の倫理・政経は、大問1が倫理からの出題、大問2,3が政治・経済の分野からの出題になっています。それぞれの小問は200字程度の論述問題が中心に出題されています。他の地歴科目と同様に、一橋大学特有の記述量の多さなど出題傾向に特徴があります。特に、倫理の西洋近代哲学に関わる問題は頻出であるため、過去問を用いた対策をしっかりするようにしましょう。

 

 

 

1.5.二次試験対策まとめ

・特に数学と英語で点を稼ぐ!

・最難の数学で周囲と差をつける!

・一橋数学はやり方しだいで解ける

・そのために効果的な添削が必要!

 

 

 

2.東大家庭教師友の会が一橋大学対策に強い3つの理由

①一橋大学対策に強い家庭教師が国内最多在籍

●一橋生教師約1400人在籍!

一橋数学・英語に精通した教師を選抜!

●お子様の得意苦手に合った教師が見つかる!

>一橋大学に在籍している家庭教師を探す

②指導力の高い一橋大学生を厳選

採用率20%の選考を通った教師陣!

添削が上手で指導力の高い教師を選抜!

人間性も考慮した選考で精神サポートも!

③一橋大学受験をトータルサポート

150分の無料体験授業を実施!

●お子様一人ひとりのマイページがある!

・選考の進捗や候補教師の簡単な紹介
・次回の指導予定や教師からの指導報告の確認
など、指導に関わる情報をご覧いただけます。
(選考の進捗・候補教師の簡単な紹介に関しては、お電話でも詳細にご連絡させていただきます。)

また、受験情報や学習ツールをマイページ上で提供しております。

上記以外にも参考書紹介・学校情報などの情報提供も行なっております。

友の会マイページ

●詳細な学習プランの提案!

 ◆学習プランを立てることのメリット

 ・計画的に勉強ができる。
 ・すべきことが明確になり時間を効率よく使える。

 ・苦手科目集中でき、成績UPに繋がる。
 ・過去問を解き始める時期を明確にできるため、不安なく勉強を進めることができる。

明確で安心な料金設定!

料金

東大家庭教師友の会では、入会金・体験授業料(初回無料)・授業料・教師交通費・学習サポート費以外の料金はいただいておりません。 また、完全後払い制のため過払いはありません!

 

 

 

3.おすすめのコースはこちら 

大学受験準備コース

料金

(税込)

高1~高2…4,400円/時間
コース内容 大学受験を目指す高校1,2年生向けのコースです。大学受験を経験した教師が自身の経験を元に、計画的に指導を行います。
大学受験コース

料金

(税込)

高3,浪人生…4,950円/時間
コース内容 大学受験対策をご希望の方向けのコースです。大学受験を経験した教師だからこそ、受験のテクニックはもちろん、入試直前のメンタルケアまで行うことができます。
AO・推薦対策コース

料金

(税込)

高1~高2…4,400円/時間
高3,浪人生…4,950円/時間
コース内容 AO・推薦受験にて大学に入学した教師による指導をご希望の方向けのコースです。小論文の書き方や面接対策など、自身の経験をもとに指導を行います。
プレミアム大学受験コース

料金

(税込)

高1~高2…5,500円/時間
高3,浪人生…6,050円/時間
コース内容 上記いずれかの条件に加え、当会で定めた条件をクリアした、指導経験が豊富な家庭教師をご希望の方向けのコースです。

 

東大家庭教師友の会と一橋大学合格へ!

東大家庭教師友の会は一橋大学対策に力を入れております。

文系最難関の数学がどうしても解けない。

過去問を一緒に解いてほしい。

一橋の特殊な傾向に対応できない。

英語の長文・英作文でなかなか点が取れない。

といった悩みを解決してまいりました。

同じような悩みを抱えている方、他の受験生と差をつけましょう!

 

お子様に最適な一橋大生家庭教師をお探しの方はお問い合わせください!

 

無料パンフレットで友の会について詳しく知りたい方はこちら

無料体験授業で友の会の教師の指導を体験したい方はこちら

new_pc_btn_experience_common

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集