体験授業無料受付

学習院大学 法学部 入試対策

学習院大学 法学部 入試対策
学習院大学法学部 入試傾向と対策

2021年度入試情報

偏差値
60.0
倍率(2020年度)
3.7倍

法学科、政治学科|コア試験

【英語】配点/60点 時間/90分
【国語】配点/50点 時間/90分
【地歴(日B、世Bから1科目)】配点/40点 時間/60分
【公民(政経)】配点/40点 時間/60分
【数学(数IA・数IIB)】配点/40点 時間/60分
※数学は共通テストの「数IA」と「数IIB」を40点に換算して採点。
※地歴・公民・数学から1科目選択。
詳しい入試情報は学習院大学公式の入試要項をご覧ください

 

2021年度 学習院大学法学部
科目別入試傾向と対策ポイント

学習院大学法学部科目別入試傾向と対策ポイント

英語国語数学日本史世界史地理

英語の傾向・対策

【傾向】「読解問題・会話文など幅広く出題」

大問数は7題、マークシートと記述式の解答形式で出題されますが、英語力を幅広い出題傾向から問われることが特徴です。7題ある大問のうち3題が読解問題、2題は文法・語彙問題、会話文と和文英訳の英作文がそれぞれ1題ずつとなっています。

読解問題の文量は400文字~500文字程度で、同意表現や内容説明、内容真偽が問われます。それ以外にも、英文和訳や語句整序などが出題されています。

文法・語彙問題は、空所を補充して短文を完成させるものが出題されます。和文英訳英作文は、書き出しと書き終わりが指定された問題です。

【対策】「語彙と文法は基本をもれなく」

語彙力と文法力は、標準レベル以上を目指すことが重要です。そのためには英単語の習得はもちろん、参考書や問題集を使用して熟語や慣用表現、構文などを重点的に学習するようにしましょう

長文読解は、内容を細かく尋ねる設問が多い傾向にあるため、まずは設問を読み、設問ごとに問題を解いていくことも意識して取り組むことが大切です。

書き出しと終わりが指定されている和文英訳英作文は、熟語や構文などある程度決められた中で英文を考える必要があるため、過去問で多くの問題を解いておくようにしましょう。

国語の傾向・対策

【傾向】「新聞掲載の文章が頻出」

漢字の書き取りや文法などの基本問題が1題、現代文と古文がそれぞれ1題ずつの大問3題構成で、解答形式はマークシートと記述式の併用です。

記述式として出題される問題は、書き取り読みなどの知識問題、箇所指摘問題がメインとなっており、文字数を指定した記述問題の出題はほとんどありません。

現代文として出題される内容は、評論や随筆が多く、特に新聞に掲載されている文章が頻出しています。文章全体の内容を問う問題や、語句の知識を問う基本的な問題まで幅広いのが特徴です。

【対策】「本文の論旨を捉える練習」

現代文の入試対策としてできることは、解答の根拠となるものが本文のどの部分に該当するのかを差し、答えの根拠を明確にできるようになることです。問題集などを使用して、どんどん問題を解いていくようにしましょう。

古文は、基本的な古語として500語程度は習得しておきましょう。問題文を素早く理解し、解答することができるようになります。文法・語彙問題は、助詞や助動詞の意味や敬語の種類と用法といった基礎的な部分を習得しておくことが重要です。

数学の傾向・対策

【傾向】「微分・積分、三角関数が頻出」

出題範囲が広いですが、例年同じような問題が頻出しており難易度的には高くはありません。

微分積分と三角関数は例年出題されていますが、確率は出題年度によっては出題されないこともあります。また証明問題も毎年出題されているので、論理的に解答を構成できるよう対策が必須です。

【対策】「基本定着のための学習が必須」

出題範囲は広いものの、教科書レベルの標準的な問題が頻出していることから、科書を中心とした学習を行い、苦手な分野を作らずに満遍なく解くことができるようにすることが大切です。

教科書に記載されている重要な公式や定理を理解し、例題を解くことで数学の基本を身につけることができます。

毎年出題される証明問題対策は、いくつかある証明問題の模範解答を覚えて、証明のパターンを身につけることで、採点者に伝わりやすい答案を作ることができます。

日本史の傾向・対策

【傾向】「教科書とは違う切り口から歴史が問われる」

大問数は5題出題され、解答形式はマークシート式と記述式です。一見問題の分量がとても多く感じますが、5題ある大問数にある解答個数は60~70個程度なので、それほど多くはありません。大問の1~3は選択式の問題で、4~5は穴埋めや設問形式の記述式となっています。

出題範囲は、古代から近現代までと幅が広く、教科書とは異なるテーマに沿って歴史を問う問題も出題されています

テーマ史として出題されるものの中には、政治史や文化史、道路や交通に関することなどがあります。史料問題も頻出されていますが、大問としての出題はありません。

【対策】「史料を交えた教科書学習が必須」

基本的には教科書レベルの問題がほとんどなので、まずは教科書を中心として基本的な学習をすすめるようにしましょう。教科書に記載されている重要用語はもちろんですが、それだけではなく歴史の流れを理解して身につけることが大切です。

史料問題は、大問として出題されないものの、史料集を読み込まなければ解けない問題も出題されているため、教科書と同じく史料集もしっかり読み込み覚えるようにしましょう

テーマ史対策は、テーマに沿った歴史の流れや要点をまとめておき、過去問にも取り組むことが大切です。

世界史の傾向・対策

【傾向】「古代から現代、西洋史・東洋史が頻出」

大問数は5題で小問が70問前後と多めの分量となっているので、ある程度のスピード感を持って解答していくことが求められます。解答形式は、マークシート式と記述式です。

マークシート式で解答する問題は選択式ですが、記述式で解答する問題は短文論述が出題されることもあるので対策は必須です。

出題範囲は、古代から現代までと幅広く、地域も西洋・東洋などバランスよく出題される傾向にあります。またテーマ史として政治史や文化史が頻出しています。

【対策】「教科書を完璧に、文化史対策を行う」

出題範囲は広く、満遍なく出題される傾向にありますが、問題のほとんどは教科書レベルのものとなっているので、まずは教科書を使用した学習を行い世界史の基礎となる部分を完璧にしましょう

教科書での学習では、重要事項はもちろん、それに関連する人物、地域、作品なども覚え、史料があるならその史料についても理解しておくことが重要です。

短文論述問題対策は、重要事項の概要を説明する問題が頻出しているので、用語集を活用して簡潔に説明する練習をすると良いでしょう。

地理の傾向・対策

【傾向】「地形図・統計図を利用した問題が頻出」

大問数は、例年4題~5題の出題となり、解答形式はマークシート式と記述式です。

環境や資源、食料問題、経済に関することなど、現代社会が抱えている課題を取り上げたテーマを中心に、地形図やグラフ、統計表、イラスト図を用いた問題が頻出しています。

2010年度には計算問題があり、時事問題に関することや論述問題も出題されています。全体的には標準的な問題が多いものの、難問と言われる問題も出題されています。

【対策】「基本の定着と時事問題も押さえる」

まずは教科書を中心に繰り返し学習し、基本を定着させることに重点を置くようにしましょう。教科書学習を行う時には、地形図やグラフ、統計図など必要なものも合わせて学習し、用語集なども積極的に活用するのがおすすめです。

時事問題に関する対策としては、新聞やニュースから経済や環境に関することを読み、今起きていることに興味を持って覚えておくようにすると良いでしょう。

論述問題対策は、地理用語の説明など文字数を決めて練習しておくことが大切です。過去問にも取り組み、問題傾向や時間配分などを身に着けていくと良いです。

学習院大学法学部受験におすすめの教師

大野先生

大野先生(慶應義塾大学在籍)
【担当科目】英語/現代文/古文/漢文/世界史/地理/文系数学

自分の受験の経験を最大限に生かして生徒さんを導いていきたいと思います。 勉強を教えることはとても好きなので、指導するのが楽しみです。愛情と情熱を持って誠心誠意頑張りたいと思います。よろしくお願いいたします。

荒井先生

荒井先生(早稲田大学在籍)
【担当科目】英語/現代文/古文/漢文/世界史/地理/文系数学

効率の良い指導をしたいと思います。

 

東大家庭教師友の会が大学受験に強い理由

東大家庭教師友の会は、以下の特徴を持っているため毎年多くの難関大学合格者を排出しております。

家庭教師による個別指導で、学習院大学法学部に特化した対策を行うことができます!

国内最多の難関大家庭教師
国内最多の難関大家庭教師

 

目的に合った教師
目的に合った教師

 

採用率20%以下のトップクラス教師
採用率20%以下のトップクラス教師

▶︎無料体験授業について見る

 

学習院大学合格に向けた指導コース

大学受験準備コース

料金

(税抜)

高1~高2…4,000円/時間

※高3進級後(4月以降)も指導が行われる場合、コース料金は+500円が適用されます。

コース内容 大学受験を目指す高校1,2年生向けのコースです。大学受験を経験した教師が自身の経験を元に、計画的に指導を行います。
大学受験コース

料金

(税抜)

高3,浪人生…4,500円/時間
コース内容 大学受験対策をご希望の方向けのコースです。大学受験を経験した教師だからこそ、受験のテクニックはもちろん、入試直前のメンタルケアまで行うことができます。
プレミアム大学受験コース

料金

(税抜)

高1~高2…5,000円/時間
高3,浪人生…5,500円/時間

※高2以前に指導を開始し、高3に進級後(4月以降)も指導が行われる場合、1時間あたりの料金は上記高3料金が適用されます。

コース内容 上記いずれかの条件に加え、当会で定めた条件をクリアした、指導経験が豊富な家庭教師をご希望の方向けのコースです。

 

お問い合わせはこちらから

些細なご質問でも受け付けております。

また、無料で授業を体験していただくこともできます。お気軽にお問い合わせください!

inquiry12
inquiry12

首都圏以外にお住まいの方でも授業をお受けいただけるよう、オンライン指導もご用意しております。

オンライン指導をご希望の方は下記のリンク先をご覧ください。

オンライン東大家庭教師友の会” width=

 

入会をご検討されている方へ

入会をご検討されている方は、上記リンク先のWEBフォームまたはお電話よりお問い合わせください。

入会についての流れや疑問については、リンク先の「入会までの流れ」をご覧ください。

入会までの流れ

 

他大学の入試傾向・対策

  • 慶應義塾大学
  • 早稲田大学
  • 上智大学
  • 国際基督教大学
  • 明治大学
  • 青山学院大学
  • 立教大学
  • 中央大学
  • 法政大学
  • 東京理科大学

new_pc_btn_experience_common

このページに関連する家庭教師紹介

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集