体験授業無料受付

東京理科大学 理工学部 入試対策

東京理科大学 理工学部 入試対策
東京理科大学理工学部 入試傾向と対策

2021年 入試情報

偏差値
55.0~62.5
倍率(2020年度)
3.3倍

 理工|数学 / 個別学部日程

【英語】配点/100点 時間/60分
【数学(数IA・数 IIB・数Ⅲ)】配点/200点 時間/100分
【理科(物理、化学、生物から1科目)】配点/100点 時間/80分

 理工|土木工 / 個別学部日程

【英語】配点/100点 時間/60分
【数学(数IA・数 IIB・数Ⅲ)】配点/100点 時間/100分
【理科(物理、化学から1科目)】配点/100点 時間/80分

 理工|情報、応用生物、経営工 / 個別学部日程

【英語】配点/100点 時間/60分
【数学(数IA・数 IIB・数Ⅲ)】配点/100点 時間/100分
【理科(物理、化学、生物から1科目)】配点/100点 時間/80分

 理工|先端化学 / 個別学部日程

【英語】配点/100点 時間/60分
【数学(数IA・数 IIB・数Ⅲ)】配点/100点 時間/100分
【理科(化学)】配点/100点 時間/80分

 理工|物理、建築、電気電子情報、機械 / 個別学部日程 

【英語】配点/100点 時間/60分
【数学(数IA・数 IIB・数Ⅲ)】配点/100点 時間/100分
【理科(物理)】配点/100点 時間/80分

 

2021年 東京理科大学理工学部
科目別入試傾向と対策ポイント

早稲田大学人間科学部科目別入試傾向と対策ポイント

英語 数学 物理 化学 生物

英語の傾向・対策

【傾向】「長文読解問題は内容把握が中心」

例年大問3~4題になります。出題内容は安定しておらず、長文読解問題が1~2題、残りが文法・語法や語彙といった知識問題と会話文問題である年度が多いです。

長文読解問題は理系学部らしく自然科学の内容が多く、難易度は標準的、設問数が多く、問題文が英文であるのが特徴です。長文読解問題の設問は内容把握が主となっています。

知識問題は空欄補充や語句整序が中心で、例えば空欄補充では語形変化や派生語について問われます。語句整序は単純な並び替えや不要な語の指摘が見られます。会話文問題は文章が長く、長文読解問題に近い形式です。

【対策】「パラグラフごとに要点をまとめる」

知識問題対策や英語力の底上げのために、まずは標準的な文法・語法の問題集や単語帳を仕上げましょう。語句整序や空欄補充形式の問題が多い問題集がおすすめです。また、複数の問題集や単語帳を使うより、1冊を極める方針で進めると効果的に学習できます。

東京理科大学理工学部の英語の長文読解問題は工夫やスピードが必要です。問題を解く際、設問文から読んで出題文の内容を予想しましょう。また、内容把握が多いので、パラグラフリーディングを取り入れると効率的です。

会話文問題も長文読解問題と同様の対策を取りましょう。

数学の傾向・対策

【傾向】「微分積分は必出」

例年大問3題で、大問1がマーク式の小問集合、大問2と大問3が記述式の誘導形式の大問となっています。最頻出分野は微分積分で、次いで確率です。しかし、小問集合が出題されることもあり、幅広い分野から出題されています。

易しい問題から難問までさまざまな難易度の問題が見られ、全体的な難易度は標準~やや難といえるでしょう。証明問題から計算力や処理能力を問う問題まで多様な内容の問題が出題されます。試験時間に対して分量は多いわけではなく、多くの受験生が落ち着いて問題に取り組むことができるでしょう。

【対策】「標準的な問題を落とさない」

出題される分野に一定の偏りはあるものの、どの分野から出題されてもおかしくないのが東京理科大学の数学です。まずは教科書を中心に数学全範囲の基礎を網羅し、苦手分野をなくしましょう。小問集合はマーク式であり、途中過程が評価されないので、同時に計算力もつけていきます。

難問を無理して解くよりも、比較的難易度の低い問題を確実に解けることが大事です。そのため、とくに頻出である微分積分は、まずは標準的な問題を解けるようにしましょう。また、証明問題も出ることから途中式をきちんと書く習慣をつけておくことが大切です。

物理の傾向・対策

【傾向】「問題数が多く難易度も高い」

例年大問3~4題で、大問1が力学、大問2が電磁気、残りが熱力学、波動、原子のいずれかというパターンが多いです。なかには波動と原子を絡めた問題が出題されるなど融合問題も見られます。解答形式はマーク式です。

全体的な難易度はやや難で、問題数や解答群も多く設定されています。単なる定理の暗記では太刀打ちできないような問題や、教科書の範囲外の見慣れない問題が出題されるのが特徴です。東京理科大学理工学部の物理は厳しい試験となるでしょう。

【対策】「 基礎から難まで段階的に仕上げる 」

やや難の難易度ではありますが、基礎固めから始めることが合格への第一歩です。まずは教科書を用いて、公式や物理法則の知識をつけましょう。このとき、単に暗記するのではなく、自分で公式を導き出したり、物理法則を深く理解したりすることが求められます。

基礎を固めたら問題集での演習に移りましょう。1冊の標準的な問題集を繰り返し解き、標準的な問題の解法を身につけ、解答スピードを上げていくことを意識します。最終的にはやや難の問題集や過去問で仕上げましょう。とくに過去問演習では時間配分を意識して解くことが大切です。

化学の傾向・対策

【傾向】「 全分野から出題される 」

例年大問6~7題構成です。解答方式はマーク式になります。大問数が多いこともあり、理論化学、無機化学、有機化学全体から幅広く出題されます。無機分野は他分野との融合問題として出題されることが多いです。

全体的な難易度は標準となっています。他大学や他学科と比較して、複雑な計算問題は少なく、一方で知識問題の分量が多いです。試験時間は短くありませんが、問題数が多い傾向であるため、適度なスピードが必要でしょう。

【対策】「 問題を通して知識を定着させる 」

知識を問われる問題が多いため、まずは教科書を中心に化学反応や現象、公式などの知識固めから始めましょう。一通り知識が固まったら問題集に移ります。間違えた問題は周辺知識も含めて再度定着させましょう。苦手だったり、忘れがちだったりする事項はノートにまとめていくのも有効です。

計算問題は難易度が高い問題まで触れて置き、どのような問題が出ても解けるようにしておきます。過去問ではどの順序で問題を解くのか意識しましょう。とくに計算問題に時間をかけすぎないように注意します。

生物の傾向・対策

【傾向】「 高い難易度と短い試験時間 」

例年大問3~4題で、問題の分量には年度ごとにやや差があります。大問1題に対して複数のテーマが取り入れられており、さらに長い設問文や図表、グラフが続々と登場するのが特徴です。80分という試験時間に対して解き切るには相当なスピードや処理能力を必要とするでしょう。

知識問題よりも思考力や計算力を問う問題が多く、難易度も高いです。とくに考察問題は難しく、問題文の読解力やデータをどう処理するかの思考力が試されるでしょう。幅広い分野から出題されますが、遺伝情報に関する問題は頻出で、計算問題も見られます。

【対策】「 実験や現象を深く理解する 」

難易度が高いとはいえ、基礎が固まっていなければ難問は解けません。まずは、教科書を中心に知識を固めます。このとき、単に知識を押さえるだけでなく、実験や現象についてなにをしているのか、どのようなことが起こっているのかといった背景部分まで理解しましょう。

教科書で基礎が固まったら、参考書や図説、資料集でさらに高度な勉強をします。

問題演習では考察問題や計算問題に力を入れます。単純に問題を解くのではなく、過程を理解することが重要です。標準的な問題は当たり前、というレベルまで持っていきましょう。

 

東大家庭教師友の会で東京理科大学に合格!

東大家庭教師友の会には、東京理科大学含め、難関大学に合格した生徒様の実績が多数ございます。

以下では、実際に当会から東京理科大学に合格した生徒様の体験記を一部ご紹介いたします。

女性

2016年 東京理科大学合格
【生徒様からのメッセージ】

家庭教師のココが良かった!

家庭教師の良かった点は2つあります。1点目は授業で判明した僕の苦手分野の問題を先生が僕に解かせてくれたことです。僕の場合、苦手な物理分野の対策をどうすれば良いか分からないことが多くありました。だから先生が持ってきてくれた問題のおかげで苦手分野の克服の1歩を踏み出せたと思います。2点目は、解説でわからなかったところを分かるまで聞けるということです。予備校の集団授業では、途中で質問できないので、1つ分からないところがあるとそれ以降で分からなくなってしまうことがあります。しかし、家庭教師なら途中で質問して分かるまで聞いたのでこういう心配なく助かりました。

受験勉強で大変だったこと

受験勉強で大変だった事は1年間のモチベーションの維持です。僕は受験生としてのこの1年間を非常に長く感じました。1年間休みなく勉強するのはよほどの精神力がないと難しいです。そこで、僕はメリハリをつけることを重視しました。遊ぶときは遊んで、勉強するときは勉強する。そう決めたおかげでストレスを少なく1年間を乗りきれたと思います。また、両親や、家庭教師の先生の支えもあり、1年間のモチベーションを維持できたと思います。

先生へのメッセージ

4ヶ月間本当にありがとうございました。4ヶ月前より英語、数学、物理、化学どれも実力が上がった感じがします。僕はこれからの大学生活で勉強と遊びを両立して楽しい大学生活を送れたらいいなと思っています。先生も勉強大変でしょうが、頑張ってください。応援しています。また、いつかどこかで会うかもしれないので、そのときは楽しく過ごしましょう。

 

東京理科大学理工学部受験におすすめの教師

北村先生

北村先生(東京理科大学在籍)
【担当科目】 英語/理系数学/文系数学/物理/化学

生徒様の目標を共に達成できるよう、精一杯指導させていただきます。

澤邊先生

澤邊先生(東京理科大学在籍)
【担当科目】 英語/理系数学/文系数学/物理/化学

一人一人に合った学習を提案します!

 

東大家庭教師友の会が大学受験に強い理由

東大家庭教師友の会は、以下の特徴を持っているため毎年多くの難関大学合格者を排出しております。

家庭教師による個別指導で、東京理科大学に特化した対策を行うことができます!

国内最多の難関大家庭教師
国内最多の難関大家庭教師

 

目的に合った教師
目的に合った教師

 

採用率20%以下のトップクラス教師
採用率20%以下のトップクラス教師

 ▶︎無料体験授業について見る

 

東京理科大学合格に向けた指導コース

大学受験準備コース

料金

(税込)

高1~高2…4,400円/時間

※高3進級後(4月以降)も指導が行われる場合、コース料金は+550円が適用されます。

コース内容 大学受験を目指す高校1,2年生向けのコースです。大学受験を経験した教師が自身の経験を元に、計画的に指導を行います。
大学受験コース

料金

(税込)

高3,浪人生…4,950円/時間
コース内容 大学受験対策をご希望の方向けのコースです。大学受験を経験した教師だからこそ、受験のテクニックはもちろん、入試直前のメンタルケアまで行うことができます。
プレミアム大学受験コース

料金

(税込)

高1~高2…5,500円/時間
高3,浪人生…6,050円/時間

※高2以前に指導を開始し、高3に進級後(4月以降)も指導が行われる場合、1時間あたりの料金は上記高3料金が適用されます。

コース内容 上記いずれかの条件に加え、当会で定めた条件をクリアした、指導経験が豊富な家庭教師をご希望の方向けのコースです。

 

お問い合わせはこちらから

些細なご質問でも受け付けております。

また、無料で授業を体験していただくこともできます。お気軽にお問い合わせください!

inquiry12
inquiry12

首都圏以外にお住まいの方でも授業をお受けいただけるよう、オンライン指導もご用意しております。

オンライン指導をご希望の方は下記のリンク先をご覧ください。

オンライン東大家庭教師友の会” width=

 

入会をご検討されている方へ

入会をご検討されている方は、上記リンク先のWEBフォームまたはお電話よりお問い合わせください。

入会についての流れや疑問については、リンク先の「入会までの流れ」をご覧ください。

入会までの流れ

 

他大学の入試傾向・対策

  • 慶應義塾大学
  • 早稲田大学
  • 上智大学
  • 国際基督教大学
  • 明治大学
  • 青山学院大学
  • 立教大学
  • 中央大学
  • 法政大学
  • 東京理科大学

new_pc_btn_experience_common

このページに関連する家庭教師紹介

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集