体験授業無料受付

早稲田大学 創造理工学部 入試対策

早稲田大学 創造理工学部 入試対策
早稲田大学創造理工学部 入試傾向と対策

2021年 入試情報

偏差値
 62.5~65.0
倍率(2020年度)
4.1倍

 創造理工|建築 / 個別学部日程

【英語】配点/120点 時間/90分
【数学(数IA・数 IIB・数Ⅲ)】配点/120点 時間/120分
【理科(物理、化学の2科目)】配点/120点(1科目60点) 時間/120分
【実技】配点/40点 時間/120分
※ 実技は空間表現(鉛筆デッサンなど)。

 創造理工|建築以外 / 個別学部日程

【英語】配点/120点 時間/90分
【数学(数IA・数 IIB・数Ⅲ)】配点/120点 時間/120分
【理科(物理、化学の2科目)】配点/120点(1科目60点) 時間/120分

 

2021年 早稲田大学創造理工学部
科目別入試傾向と対策ポイント

早稲田大学創造理工学部科目別入試傾向と対策ポイント

英語数学物理化学

英語の傾向・対策

【傾向】「難易度も時間も厳しい試験内容」

例年大問5題構成で、1題は文法や語法、語彙といった知識系の大問、残り4題が専門用語も見られる科学技術系のテーマを中心とした長文読解です。内容理解や空所補充といった通常の問題形式が中心ですが、単語のスペルをアルファベット単位でマークさせるといったクセのある問題も見受けられます。

設問ごとに難易度の開きがありますが、語彙や表現のレベルが高く、全体でみると高い難易度となっています。また、合計で2500語を超えることもあるほど分量が多いため、完答する時間的な余裕はないでしょう。

【対策】「基礎を固めて類推と速読へ」

知識系問題や長文読解問題に向けて、まずは文法や語法、語彙のレベルアップに力を注ぎましょう。とくに科学技術系の文章は専門用語が散見されるため、語彙を中心に知識を深めて単語の意味を類推できるようにすることが大切になります。

長文読解問題は分量が多いため速読力が必要となりますが、土台となる精読力をつけるために、まずは一文一文ていねいに読み解く訓練から始めると効果的です。

過去問演習では実力を測るだけでなく、時間配分を意識すること、独特な問題形式に慣れることも目標にしましょう。

数学の傾向・対策

【傾向】「難易度に差がある」

例年大問5題構成となっており、典型問題や標準的な問題も出題されるものの、高校数学を逸脱したようなレベルの難問も出題されます。

出題範囲は幅広く、さまざまな分野から出題されますが、とくに頻出である分野は数学Ⅲ、とりわけ微分積分と極限です。高い分析力と処理能力、計算力を必要とし、大学受験数学のなかでも最高レベルの試験であることは間違いないでしょう。融合問題が多いため解答の糸口を見つけるのが難しく、証明問題や図示問題のような受験生の多くが対策を後回しにしがちな問題も頻出です。

【対策】「基礎から始めて発展レベルに」

基本レベルの勉強だけでは敵わない問題が頻出なので、発展レベルまで数学力を引き上げることを最終目標としましょう。

基礎固めの際には公式や定理を暗記するのではなく、導出過程はどのようなものか、問題にどのように応用するのかを意識し、知識を定着させましょう。標準的な問題集で典型問題を確実に解けるようにしたら、発展的な問題集を用いて、最初はじっくり考えながら解き、徐々に早く解法を見つけ出して解ける状態まで持っていきましょう。

過去問演習では、解ける問題を見極めながら解いていくことが大切です。

物理の傾向・対策

【傾向】「標準レベルだが時間はない」

例年大問3題で、力学と電磁気はそれぞれ1題ずつ、残り1題は熱力学または波動が多いですが原子が出題された年度もあります。出題内容は計算問題が中心となっており、描図問題が出題されることもあります。

公式を上手に活用しなければ解けないひねりの効いた難問も見られますが、基本的に標準レベルの問題が多いです。他の科学の科目と比較すると物理は問題量が多いため、時間配分や解く問題の順序決め、取捨選択をおこない得点を稼ぐテクニックが重要でしょう。

【対策】「標準レベルを正確に素早く解く」

難問対策も大事ですが、基本的に標準的な問題が多いため、いかに標準レベルの問題を正確に素早く解けるようになるかが合格のカギです。まずは教科書をベースにして公式や物理現象を深く理解し、さらに参考書や問題集で知識を定着させ、物理の土台を作りましょう。

原子は出題頻度が低いですが、出題の可能性は十分にあるので、苦手分野を作らずに全分野幅広く勉強して十分な対策を取る必要があります。標準レベルの問題集で演習する際は、スピードを測ること、計算問題でケアレスミスをしないことを意識して実力を鍛えましょう。

化学の傾向・対策

【傾向】「細かな知識や思考力を問う」

例年大問3題構成で、大問1が小問集合、残りの2題が理論化学、無機化学、有機化学から出題されます。各分野単独で出題される場合もありますが、融合問題、とくに無機化学は理論化学と絡めて出題される傾向です。

実験問題や観察問題も多く、ついつい後回しになってしまいがちな実験器具などの知識に加えて、知識だけでは解けない化学的思考力を必要とする問題も頻出となっています。難易度は標準的な問題が多いですが、計算問題や問題の分量が多く時間的な余裕のある試験とはいえません。

【対策】「じっくりと思考力を養う」

実験に関する知識や思考力が問われますが、標準的な問題が基本となるので、教科書を用いて、基本的な用語や物質、実験、公式といった知識を固めてから、標準的な問題集に取り組みましょう。典型問題や標準的な問題は素早く正確に、ケアレスミスなく解けるように繰り返し解きましょう。思考力を問う問題は、まずはじっくり考え、徐々に解答の糸口を掴めるようにすることが大切です。

過去問演習では自分の現段階の実力を試すことに加えて、難問や時間のかかる問題を見極められるように練習し、時間配分を立てられるようにしましょう。

早稲田大学受験におすすめの教師

篠原先生

篠原先生(早稲田大学在籍)
【担当科目】英語/現代文/古文/数学/物理/化学/小論文

勉強を通して学力だけでなく、人間力を向上させていきたいです。よろしくお願いします。

井戸先生

井戸先生(早稲田大学在籍)
【担当科目】数学/物理/化学/地理

生徒様に寄り添った丁寧な指導で分からないことが分かるようになる喜びを一緒に味わっていきたいです。

 

東大家庭教師友の会が大学受験に強い理由

東大家庭教師友の会は、以下の特徴を持っているため毎年多くの難関大学合格者を排出しております。

家庭教師による個別指導で、早稲田大学に特化した対策を行うことができます!

国内最多の難関大家庭教師
国内最多の難関大家庭教師

 

目的に合った教師
目的に合った教師

 

採用率20%以下のトップクラス教師
採用率20%以下のトップクラス教師

▶︎無料体験授業について見る

 

早稲田大学合格に向けた指導コース

大学受験準備コース

料金

(税抜)

高1~高2…4,000円/時間

※高3進級後(4月以降)も指導が行われる場合、コース料金は+500円が適用されます。

コース内容 大学受験を目指す高校1,2年生向けのコースです。大学受験を経験した教師が自身の経験を元に、計画的に指導を行います。
大学受験コース

料金

(税抜)

高3,浪人生…4,500円/時間
コース内容 大学受験対策をご希望の方向けのコースです。大学受験を経験した教師だからこそ、受験のテクニックはもちろん、入試直前のメンタルケアまで行うことができます。
プレミアム大学受験コース

料金

(税抜)

高1~高2…5,000円/時間
高3,浪人生…5,500円/時間

※高2以前に指導を開始し、高3に進級後(4月以降)も指導が行われる場合、1時間あたりの料金は上記高3料金が適用されます。

コース内容 上記いずれかの条件に加え、当会で定めた条件をクリアした、指導経験が豊富な家庭教師をご希望の方向けのコースです。

 

お問い合わせはこちらから

些細なご質問でも受け付けております。

また、無料で授業を体験していただくこともできます。お気軽にお問い合わせください!

inquiry12
inquiry12

首都圏以外にお住まいの方でも授業をお受けいただけるよう、オンライン指導もご用意しております。

オンライン指導をご希望の方は下記のリンク先をご覧ください。

オンライン東大家庭教師友の会” width=

 

入会をご検討されている方へ

入会をご検討されている方は、上記リンク先のWEBフォームまたはお電話よりお問い合わせください。

入会についての流れや疑問については、リンク先の「入会までの流れ」をご覧ください。

入会までの流れ

 

他大学の入試傾向・対策

  • 慶應義塾大学
  • 早稲田大学
  • 上智大学
  • 国際基督教大学
  • 明治大学
  • 青山学院大学
  • 立教大学
  • 中央大学
  • 法政大学
  • 東京理科大学

new_pc_btn_experience_common

このページに関連する家庭教師紹介

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集