体験授業無料受付

横浜国立大学対策ページ(案)

横浜国立大学対策ページ(案)
横浜国立大学 入試傾向と対策” width=

横浜国立大学公式ホームページ

目次

1.2021年度 入試情報

2.横浜国立大学・各学部の合格最低点

3.横浜国立大学 入試傾向と対策ポイント

4.家庭教師友の会が千葉大学受験に強い理由

2021年度 入試情報

横浜国立大学の入試では、センター試験900点+2次試験の合計点で評価してきました。

※2次試験の配点は各学部で異なります。
※横浜国立大学では入試要項が例年9月に公表のため
・入試科目:2021年度入試変更予告
・配点/試験時間:2020年度入試要項
を参考に入試情報を作成しています。

【2021年度の主な入試変更点】

●全学部で、出願時に調査書と自己推薦書の提出が必要
経営学部での2次学科試験導入
   [調査書のみ→英語/数学から1科目選択]
都市科学部都市社会共生学科での2次試験科目変更
 [英語と小論文→前期/小論文のみ 後期/面接のみ]

※足切りや共通テスト導入による利用科目の変更についてはこちら

 教育|人間形成・教科教育(400点満点)

【面接】配点/200点
【小論文】配点200点 時間/120分
【実技(音楽、美術、体育から1科目)】配点200点 時間/120分
※小論文、実技から1科目選択

教育|特別支援教育(400点満点)

【面接】配点/200点

【小論文】配点/200点 時間/120分

経済|経済(800点満点)

【英語】配点/400点 時間/90分
【数学(数1A・数2B)】配点/400点 時間/90分
※センター試験の合計点と個別学力検査の合計点をそれぞれ偏差値に換算し、1対1の比率で合計する。センター試験の偏差値は、個別学力検査受験者全体のものとする。

経営|経営

【英語】時間/90分
【数学(数1A・数2B)】時間/90分
※英語、数学から1科目選択

 理工|機械・材料・海洋系(1200点満点)

【英語】配点/300点 時間/90分
【数学(数1A・数2B・数3)】配点/450点 時間/150分
【理科(物理、化学)】配点/450点 時間/計150分

 理工|化学・生命系|化学・化学応用(1200点満点)

【英語】配点/300点 時間/90分
【数学(数1A・数2B・数3)】配点/450点 時間/150分
【理科(物、化)】配点/450点 時間/計150分

 理工|化学・生命系|バイオ(1200点満点)

【英語】配点/300点 時間/90分
【数学(数1A・数2B・数3)】配点/450点 時間/150分
【理科(物、化、生から2科目)】配点/200点 時間/計150分

 理工|数物・電子情報系(1200点満点)

【英語】配点/200点 時間/90分
【数学(数1A・数2B・数3)】配点/300点 時間/150分
【理科(物、化)】配点/200点 時間/計150分

都市環境|都市社会共生

【小論文】 時間/120分

都市環境|建築(1200点満点)

【英語】配点/300点 時間/90分
【数学(数1A・数2B・数3)】配点/450点 時間/150分
【理科(物、化)】配点/450点 時間/150分

都市環境|環境リスク共生(1200点満点)

【英語】配点/300点 時間/90分
【数学(数1A・数2B・数3)】配点/450点 時間/150分
【理科(物、化)】配点/450点 時間/150分

 

横浜国立大学の合格最低点

2019年度合格最低点【前期/学部学科/合格最低点(セ+2次)】

 横浜国立大学・各学部の合格最低点

※以下は2020年度の試験状況であり、2021年度入試とは配点が異なります。
学部 学科 最低点/満点 得点率
教育 人間形成・教科教育コース 小論文 907.2/1300 69.8%
音楽 786.2/1300  60.5% 
美術 784.2/1300 60.3%
体育 823.6/1300  63.4% 
特別支援教育コース 870.4/1300 67.0%
経済 経済

1135.0/1700
(107.889)

66.8%
経営 経営 717.4/900 79.7%
理工   機械・材料・海洋系

 

機械工学 1497.2/2100 67.3%
材料工学 1457.4/2100 71.3%
海洋空間のシステムデザイン 1472.4/2100 70.1%
化学・生命系   化学・化学応用 1439.0/2100 68.5%
バイオ 1392.6/2100 66.3%
数物・電子情報系     数理科学  1483.6/2100  70.6%
物理工学  1470.8/2100  70.0%
電子情報システム 1508.4/2100 71.8%
情報工学 1573.0/2100 74.9%
都市科学    都市社会共生 1116.8/1500 74.5%
建築 1617.4/2100 77.0%
都市基盤 1557.4/2100 74.2%
環境リスク共生 1443.0/2100 68.7%

★年度によって難易度が変動する横浜国立大学の2次試験では変わらない傾向の把握と対策が重要です

2021年度 入試傾向と対策

英語の傾向・対策

【傾向】「正確な内容理解と表現力が重視される」

長文2題・会話文1題・英作文1題の計4題で構成されています。

長文は設問の8割が内容説明問題で、自由英作文はメールの返信として相手の問いに対する自分の考えを100語程度で答える形式になっています。

【対策】「和訳と英作文を得意になろう」

制限時間にはある程度のゆとりがあるので、1文を正確に和訳できる精読の練習を重ねましょう。文構造を瞬時に判断・理解することで、結果的にスムーズな読解につながります。

英作文は、メール形式の他大学を含む過去問演習を通じて、「書く内容を決める→論理的に組み立てる→制限字数内で収める」の時間配分やコツをつかんでおくようにしましょう。

文系数学の傾向・対策

【傾向】「本質的な理解が求められる」

大問は3題で、標準的なレベルの問題が大半を占めます。一方で、3題中1題は微分積分と各分野の融合問題で、年度によってはやや難しい問題もあります(参考:2019年度入試第3問)。

【対策】 「丁寧な演習を心がけよう」

全体として、幅広い分野における基礎知識について本質的に理解し活用する力が求められます。記述式なので、途中式を丁寧に書き、計算や文字の扱いでミスが起きないよう意識して学習しましょう。

また、ほとんどの問題で誘導があり、その意図を汲むことでやや難しい問題でも得点することができます。

理系数学の傾向・対策

【傾向】「計算量が多く難易度高め」

大問は5題で、微分積分・空間ベクトル・確率などがよく出題されます。 難易度は標準~やや難で、計算量が多く効率化が必要とされる問題も多いです。

文理共通の問題ではほとんど差がつかないので、数3を含む難度の高い問題を攻略する必要があります。

【対策】 「計算効率化の工夫を学ぶ」

高難易度の問題に対しては、2018年度の大問2,大問3にみられるように、先を見越して式の展開や変形を判断するというような早く正確に解を出すための工夫が重要になってきます。

過去問や問題集を通じて様々な発想・視点を学んでおくとよいでしょう。

物理の傾向・対策

【出題傾向】

計算問題が中心で、一部語句を問う問題も出題されます。試験時間に対して問題量が多いため、早く正確な計算処理が求められます。誘導は丁寧なので、解ける問題から確実に得点することが重要です。

【入試対策】

一見するとあまり見たことのないような問題でも、本質を見抜くことができれば基本的な知識・考え方で解答可能です。

各分野の基礎的な知識を本質的に理解し活用できるよう基礎~標準レベルの問題集や過去問で演習を重ねましょう。

化学の傾向・対策

【出題傾向】

標準レベルの知識について、内容正誤問題や空所補充で問う問題が多い傾向にあります(参考:2017年大問2,2018年大問3)。計算問題も数問出題され、有機化学分野では計算処理が多く計算ミスを誘発します。

【入試対策】

知識問題については、単位格子の重点率など見落としがちな知識も含め、標準的な問題集で教科書知識を徹底させましょう。

計算問題についても、2019年度の大問3のように一問間違えると連鎖的に失点する形式となっているので、途中式を書くなどして対策しましょう。

生物の傾向・対策

【出題傾向】

「生態と環境」「進化と系統」が頻出範囲で、教科書内容が中心ですが、参考部分や発展内容等についても出題されます。20字~120字程度の論述問題が5~6題出題されるため、対策しておきましょう。

【入試対策】

語句や計算に関する典型的な問題は教科書を中心に抑えるとともに、2017 年大問3のように分野を超えた出題にも対応できるようにしておきましょう。

また、短めの論述では簡潔な解答を、長めの論述では論理性を意識した明快な解答を作成できるようにしましょう。演習時は第三者に添削してもらうなどして常に採点者を意識して論述するようにしましょう。

小論文の傾向・対策

【傾向】

学部学科に即した内容の課題文から2題が出題されます。問1は国語の読解問題に近く、文章の内容について150字~300字程度で説明する問題で、問2は文章を踏まえた上で自分の意見を300字程度(都市共生学科は600字)で述べる問題になっています。

【入試対策】

小論文は2018年度から導入され過去問は少ないため、他の国立大学の過去問で演習しながら小論文に詳しい人に添削してもらうといいでしょう。

また、教育学部であれば教育や実際の教育現場について、都市社会共生学科であれば国際社会や多文化共生について、新書・新聞・ニュース等で情報収集し、それに対して自分の意見を持ち表現する習慣をつけておくとよいでしょう。

 

横浜国立大学受験におすすめの教師

神山先生

神山先生(横浜国立大学在籍)
【担当科目】 英語/理系数学/物理/化学/倫理

自主的に学習意欲が湧いてくるような指導を行います!

朝倉先生

朝倉先生(横浜国立大学在籍)
【担当科目】 英語/現代文/古文/漢文/文系数学/理系数学/政経/倫理/物理/化学

僕自身、帰国子女入試をした際は、情報が少なくて不安でした。生徒様と話し合って、志望校対策のサポートが出来ればと考えています。よろしくお願いします。

澤井先生

澤井先生(東京大学在籍)
【担当科目】 英語/現代文/古文/漢文/世界史/日本史/現代社会/文系数学/小論文

生徒の方と同じ目線で、楽しく分かりやすく指導致します!

 

東大家庭教師友の会が横浜国立大学受験に強い理由

東大家庭教師友の会は、以下の特徴を持っているため毎年多くの難関大学合格者を輩出しております。

友の会には、横浜国立大学をはじめ、難関国立大生が多数在籍しており、個別指導で論述問題や小論文を含む横浜国立大学入試に特化した対策を行うことができます!

国内最多の難関大家庭教師
国内最多の難関大家庭教師

 

目的に合った教師
目的に合った教師

 

採用率20%以下のトップクラス教師
採用率20%以下のトップクラス教師

 ▶︎無料体験授業について見る

 

横浜国立大学合格に向けた指導コース

大学受験準備コース

料金

(税抜)

高1~高2…4,000円/時間

※高3進級後(4月以降)も指導が行われる場合、コース料金は+500円が適用されます。

コース内容 大学受験を目指す高校1,2年生向けのコースです。大学受験を経験した教師が自身の経験を元に、計画的に指導を行います。
大学受験コース

料金

(税抜)

高3,浪人生…4,500円/時間
コース内容 大学受験対策をご希望の方向けのコースです。大学受験を経験した教師だからこそ、受験のテクニックはもちろん、入試直前のメンタルケアまで行うことができます。
プレミアム大学受験コース

料金

(税抜)

高1~高2…5,000円/時間
高3,浪人生…5,500円/時間

※高2以前に指導を開始し、高3に進級後(4月以降)も指導が行われる場合、1時間あたりの料金は上記高3料金が適用されます。

コース内容 上記いずれかの条件に加え、当会で定めた条件をクリアした、指導経験が豊富な家庭教師をご希望の方向けのコースです。

 

お問い合わせはこちらから

些細なご質問でも受け付けております。

また、無料で授業を体験していただくこともできます。お気軽にお問い合わせください!

  • 電話お問い合わせ” width=
  • WEBお問い合わせ” width=

首都圏以外にお住まいの方でも授業をお受けいただけるよう、オンライン指導もご用意しております。

オンライン指導をご希望の方は下記のリンク先をご覧ください。

オンライン東大家庭教師友の会” width=

 

入会をご検討されている方へ

入会をご検討されている方は、上記リンク先のWEBフォームまたはお電話よりお問い合わせください。

入会についての流れや疑問については、リンク先の「入会までの流れ」をご覧ください。

入会までの流れ

new_pc_btn_experience_common

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集