体験授業無料受付

定期テスト450点奪取対策ページ

定期テスト450点奪取対策ページ

そのままの勉強を続けていて、本当に450点が取れますか?

定期テストで450点を狙うお子様は優秀なお子様が多いです。毎回の定期テストで平均80点以上を継続して取っているお子様がほとんどでしょう。

しかし、そのようなお子様にとってはもう一段階突き抜けること、すなわち、

“450点(5教科平均90点)”

の壁を超えることは、非常に難しいです。

なぜならば、現在成績がいいからこそ、すでに自分の勉強の型、定期テストへの意識のベースができてしまっているため、点数をあげるためにはこれらの「根本的な要素を変える」ことが必要になってくるからです。

しかし、400点台前半で成績が止まってしまう人は優秀なお子様が多いため、勉強法などの定期テスト対策に少しの要素を加えてあげれば、そこからぐんぐんと成績が伸び、一気に450点まで到達するお子様が多いのです。

そのような、大きな「伸びる可能性」をお持ちのお子様のご支援をしたく、本ページを作成いたしました。親御様も中学生の生徒様も、どうぞ最後まで本ページをお読みくださいませ。

>>友の会へのお問い合わせはこちら

 

定期テストで450点を取りたい!という生徒のよくある悩み

公立中学校では5教科500点満点の定期テストがしばしば行われます。

しかし、「せっかくの定期テストだから、450点(全教科平均90点)を取りたいけれど、なかなか難しい・・・」という声が当会の生徒からよく聞かれます。

そのため、本ページでは定期テストで450点を目標とする生徒のよくある悩みについていくつかご紹介させていただきます。定期テストで450点を取りたいお子様は共感できるのではないでしょうか

1、ケアレスミスがどうしても減らない

全教科で平均90点を取ろうとするなら、絶対にケアレスミスは避けなければなりません。

しかし、英語のスペルや文法ミス、数学、理科の計算ミス、国語、社会の漢字ミスなど、少しでも気が抜けてしまったら、うっかり点数を落としてしまう要素が定期テストには沢山あります。

中にはケアレスミスで数十点も落としてしまう、という生徒の声もありました。気をつけていても、なかなか撲滅することのできない悩みがこのケアレスミスです。

2、あと一歩点数が450点に届かない

定期テストで、それほどケアレスミスがないのにもかかわらず、どうしても解けない問題があって定期テストの点数が400〜430点台にとどまってしまう。

そのような「あと一歩点数が450点に届かない」生徒も多いです。原因は、定期テストで問われる範囲の知識にムラがある、応用力の不足、など個人によって様々です。

しかし、定期テストで400点が取れているということは全教科平均で80点を取っていることと同じで、「勉強を頑張っている」ことは間違いありません。せっかく勉強をするのであれば、450点を取りたいですよね!

3、定期テストで450点を取るための勉強法が分からない

こちらのお悩みも多いです。

部活との両立の中で、いつ頃から勉強をすれば良いのか、どのような勉強をすればいいのか、どれぐらい勉強すればいいのかが全く分からず、実際に定期テストで450点を取っている人の勉強時間・勉強方法を直接聞きたいというお悩みが生徒から多く寄せられています。

生徒個人の学力によって450点奪取のための勉強時間や勉強法は様々ですが、実際に450点を奪取した経験のある人の話は大変参考になります。

いかがでしょうか?公立中学校に通うお子様は以上のような悩みをお持ちではないでしょうか?
それでは、定期テストで450点を取ることのメリットについてご紹介いたします!

 

>>友の会へのお問い合わせはこちら

 

定期テストで450点を取るメリット

内申点の獲得に非常に効果的!

中学校の定期テストの点数と授業中の態度、提出物の提出率などを総合的に考えてつけられる内申点。

難関高校を目指すのであれば、この内申点は入試問題の得点と同じぐらいに重要であり、その点数は普段の定期テストの成績の影響を強く受けます

定期テストの点数で定期的に90点を取れれば、「熱心に勉強している」と評価され、内申点は高くなります。

中には、授業態度がどれだけ良くても定期テストで90点を取れなければ5(最高値)はあげられないという先生もいるため、難関高校入試を有利に進めるには、継続的に定期テストで450点を奪取する必要があると言えるでしょう。

模擬試験(Vもぎなど)で高得点を取りやすい!

公立中学校の定期テストをきちんとやって高得点をとったところで、「入試に本当に役に立つのか」、という質問が多く当会に寄せられています。この質問に対する回答は、「役に立つ」です。

なぜならば、定期テストで継続的に450点を取り続けるということは、既習範囲の理解がほぼ完璧であるということに他ならないからです。

そのため、中学3年生になってから必死で既習範囲の穴を埋める必要がないため、応用力の養成に時間を割けるようになり、模擬試験(Vもぎなど)でも安定した高得点が出せるようになります

模擬試験の点数は本番の合否と強い相関があるため、結局定期テストで継続的に450点を取ることは第一志望校合格のための近道となるのです。

>>友の会へのお問い合わせはこちら

 

お子様の450点獲得を支援する
友の会の家庭教師の強みをご紹介!

難関大学生家庭教師が多数在籍!

東大家庭教師友の会には、中学校の定期テストで継続的に450点以上の高得点を奪取してきた難関大学生家庭教師が多数在籍しています。

彼らは忙しい部活動と定期テストでの高得点を両立した経験を持っており、いつ頃から、どれぐらい、どのような方法で勉強をすれば定期テストで450点を取れるかについて熟知しています。

そのため、お子様の定期テストのための勉強方法に関するお悩みに直接お答えすることが可能です!

もちろん、ケアレスミスを防ぐコツについても直接指導を受けることが可能である他、内申点オール5を取って日比谷高校や西高校に実際に合格した経験ある家庭教師から直接指導を受けることも可能であるため、内申点対策もバッチリです!

マンツーマン指導で定期テストの計画・復習もバッチリ!

友の会では、難関大学生の家庭教師によるマンツーマン指導を受けられるため、定期テストまでにどのようなスケジュールで勉強をすれば良いのか家庭教師と一緒に計画を立てられます

また、定期テスト後の復習で、解けなかった問題をなぜわからなかったのか」を突き詰めて徹底指導するため、苦手を後に残さない勉強が可能です!

>>友の会へのお問い合わせはこちら

 

資料請求のお申し込みはこちら

▽親御様へ▽

東大家庭教師友の会の詳細についてご関心をお持ちの方は、資料お申し込みフォームよりお問い合わせください。コース内容や料金など、友の会について詳しく記載されたパンフレットをお届け致します。

また、無料体験授業も受け付けております。こちらよりお問い合わせ下さい。

 

▽中学生の生徒様へ▽

中学生の生徒様も、“頑張っているのに450点の壁が越えられないことが本当に悔しい”とお思いであれば、お母様やお父様に相談して、ぜひ当会まで一度お問い合わせください。

その悔しさがあれば、必ず成績を大きく伸ばすことが可能です。

ぜひ当会に、あなたが“学年で一番”の成績をとるためのお手伝いをさせてください。東大生をはじめとした難関大学生家庭教師が、あなたの成績をぐんぐん伸ばす、”勉強のエッセンス”を惜しみなくご提供いたします。ぜひ一度お問い合わせください。


▽公立・中高一貫校の補習をご希望の方はこちら

 

▽このページをご覧の方にオススメのコースはこちら

ベーシックコース

料金

(税抜)

中1~中2…3,500円/時間
中3…3,500円/時間
コース内容 学校の授業のフォロー、勉強の習慣付けなど、日頃の学習を意識した指導をご希望の方向けのコースです。
※高校受験を目指す方は中3時に+500円となります。
プレミアムコース

料金

(税抜)

中1~中2…5,000円/時間
中3…5,500円/時間
コース内容 上記条件に加え、当会で定めた条件をクリアした、指導経験が豊富な家庭教師をご希望の方向けのコースです。

▽受験を視野に入れている方はこちら

高校受験準備コース

料金

(税抜)

中1~中2…4,000円/時間
コース内容 高校受験を目標とした受験対策向きの家庭教師をご希望の方向けのコースです。高校受験を経験した教師が自身の経験をもとにスケジュール管理などのサポートもしっかり行います。
高校受験コース

料金

(税抜)

中3…4,500円/時間
コース内容 高校受験を目標とした受験対策向きの家庭教師をご希望の方向けのコースです。高校受験を経験した教師だからこそ、受験のテクニックはもちろん、入試直前のメンタルケアまで行うことができます。
公立高校受験コース

料金

(税抜)

中1~中2…4,000円/時間
中3…4,500円/時間
コース内容 公立高校を目指す生徒様向けのコースです。各都道府県立高校を卒業し、傾向を熟知した教師が指導を行います。
プレミアム高校受験コース

料金

(税抜)

中1~中2…5,000円/時間
中3…5,500円/時間
コース内容 当会で定めた条件をクリアした、指導経験が豊富な家庭教師をご希望の方向けのコースです。

new_pc_btn_experience_common

このページに関連する家庭教師紹介

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集