体験授業無料受付

中学生数学対策-文章題-|高校受験

中学生数学対策-文章題-|高校受験

文章題対策

文章題は、お子様の多くが苦手とされる代表的な分野です。そのため、都立高校の共通入試でも毎年大問で出題されるほど、高校受験において重要な分野だと言えます。それと同時に、今後習う数学においても、文章から正確に条件を読み取る力が大切になってきます。

 

文章題が苦手な3つの原因

実際に、指導経験のある友の会の教師陣に聞いたところ、以下の3つが主な苦手の原因として挙げられました。

①文章題に抵抗感がある。
→文章を読むのすら、嫌だと感じてしまうお子様が多いです。
②文章から条件を読み取れず、立式できない。
→数字や文字だけの計算はできていたお子様も、文章題になった途端に解けなくなることが多いです。
③文字が多いために正しくできない。
→文字が多く煩雑になった式を解くのは、計算ミスが多くなってしまいがちです。

 

苦手を解消するためのポイント

文章題は、求めたいものを明確にして、一つ一つの条件を整理するのが大切です。どの文字式が何を表しているのかを、自分の言葉で書いておけば、解いていく過程で分からなくなったときにも安心です。
また、計算の過程では、改行をしながら、なるべくきれいに途中式を書き、計算ミスを未然に防ぐ工夫もしていきましょう。一問一問丁寧に解いていくことで、苦手は克服できます。

 

友の会ができること

文章の中にある条件を整理しながら、文字式を自分の言葉で表して問題を解いていくことは、お子様だけでは大変なことも多いです。また、一度苦手意識をもってしまうと、克服には努力が必要です。友の会の家庭教師は、お子様と共につまづいている箇所まで戻り、一人一人に最適な学習方法で苦手克服のサポートを致します。
友の会に在籍する難関大生の教師は、自らの学習の際の経験だけでなく、実際にお子様へのご指導の経験により培われた指導ノウハウを持っています。また、実際に問題を解くときの着眼点だけでなく、高校入試や大学入試のアドバイス等も致します。
ぜひ、友の会の家庭教師を有効に活用して、苦手な文章題を得意にして下さい。最近では、友の会の家庭教師と共に、苦手だった数学を得意にしたお子様や、成績を大幅にアップさせたお子様が多くいらっしゃいます!

 

気になる指導法をクリック

 

new_pc_btn_experience_common

このページに関連する家庭教師紹介

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集