体験授業無料受付

政治経済対策ページ

政治経済対策ページ

政治経済に関するよくある3つのお悩み

⑴勉強の仕方が分からない

「政治経済の勉強の仕方がよく分からない」というお悩みをよく耳にします。政治経済という科目は、他の社会科目と違い、ただ暗記すれば良いというものではないのです。例えば、GDP(国内総生産)はを自ら計算して回答を導き出したり、経済動向を考える問題や時事問題では、自ら考えて回答するという力が求められます。このような力をつけられるか否かが合格への鍵となります。

⑵高得点がなかなか取れない

実は政治経済という科目は他の社会科目と比べて、高得点が取りにくいと言われています。その理由として、難問が多いことが挙げられます。一般の教科書には載ってないような問題や、最近の時事問題が出題されるので、受験生が対策しいくいということがあります。しかし、基礎知識を活かして、考え、予測する力を身につけることでこのような問題にも対応することができます。

⑶時事問題の対策の仕方が分からない

政治経済という科目の特徴として、時事問題が出題されることが挙げられます。時事問題は、毎年出る内容が変わり、出題範囲も幅広いです。そのため、対策が難しい分野の一つです。ニュースや新聞を見ることはもちろん、なぜこの出来事が起こったのかという「背景」、問題はどこにあるのかという出来事の「本質」を押さえて勉強することが時事問題で高得点を取る鍵となります。

 

友の会の家庭教師ができること

難関大学家庭教師が政治経済の勉強法から時事問題までサポート

政治経済科目で受験できる大学は限られています。そのため、政治経済の指導ができる教師自体多くはありません。しかし、東大家庭教師友の会には多数の政治経済科目で難関大学に合格した家庭教師が多数在籍しています。上記で紹介した、勉強方法から時事問題の対策まで徹底的に指導し、生徒さまの志望校合格をサポートいたします。実際に政治経済を利用して受験した人にしか分かりません。
そこで、政治経済受験経験者、尚且つ、難関大学に合格した教師がサポートいたします。

政治経済科目でお悩みを抱えている方はぜひ、友の会へ一度お問い合わせください。

new_pc_btn_experience_common

このページに関連する家庭教師紹介

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集