体験授業無料受付

中学生英語ページ

中学生英語ページ

中学生 英語の成績に悩みをお持ちの方へ

当会の2人に1人」が英語の指導を希望されます

中学生のお子様を持つご家庭から東大家庭教師友の会にいただくお問い合わせで最も多いのが、

「中学英語のフォロー・高校受験英語の対策」です。

「第一志望校の高校合格に向けて、英語の得点を伸ばしたい。」

「英語のテストの結果が悪くなってきてしまった。」

「もともと英語が苦手。」

「英語の基礎を定着させたい。」

などのお問い合わせを多くいただきます。

英語であまり点数が伸びないお子様は、努力をしていないわけではありません。

答えを丸暗記したり、たくさん勉強してみたり、自分なりに頑張っているお子様が多いです。

しかし、残念ながら「間違った勉強の仕方」をしていることが多いのです。

そのため、勉強しても成績が伸びなかったり、何度も間違えて×を付けることになります。

そして、英語への苦手意識がどんどん強くなっていきます。

 

英語の得点が上がらない原因

英語が伸びない3つの原因

お子様の英語の得点が上がらない原因として

・英単語/文法の知識が身についていない

・問題を解く量が足りていない

・継続的な勉強を行っていない

の3つが挙げられます。それでは、それぞれどのような状況かを見ていきましょう。

英単語・文法の知識の習得が不十分

英語の問題を解く上で、最も重要なのが英単語、文法の知識の習得です。

英語の得点が伸びないお子様の半数ほどは、英単語と文法の知識の習得が十分でないことが原因で、

成績が伸び悩んでいることが多いです。

とはいえども、自分で計画を立て、強い意志を持って地道に勉強しなければ、

なかなか知識の習得は上手くいかないものです。

問題を解く量が足りていない

文法や英単語の知識があるだけでは、英語の成績はなかなか伸びません。

英語の成績を伸ばすためには、「問題を解く」という行為が必要不可欠です。

しかし、ただ問題を解くだけではいけません。

「どういうところに気をつけて問題を解けばいいのか」

「どういうやり方で復習をすればいいのか」

正しい英語の勉強の仕方を覚えるだけで、成績の伸びる速度は全く違います。

継続的な勉強を行っていない

英語も日本語と同じ語学です。継続的な学習をしなければ、すぐに出来なくなってしまいます。

「昔はとても英語ができていたのに、最近になって一気に成績が下がってしまった。」

「一時期成績が大きく伸びたが、その後伸び悩んでいる。」

お子様はそのような状況になってはいないでしょうか。

このような方は要注意です。正しい英語の勉強をしていないからです。
このままズルズルと引きずってしまうと、後で取り返しがつかないことになってしまいます。

英語を正しく勉強すると…

定期テスト・模試の成績が大きく上がる

英語を正しく勉強すると、英語の問題がどんどん解けるようになります。

知識量や英文を読むスピードがぐんぐんのびていき、
英語の定期テストや模試での成績がメキメキ上がっていきます。

苦手克服がお子様の自信に!

お子様が英語を正しく勉強することで、英語の定期テストや模試の成績は上がります。

そして、成績が上がると英語の勉強が楽しくなり、さらに勉強をします。

このような良いサイクルで、英語の成績が伸びると、

「英語ができない」という思い込みを乗り越えられたことになります。

この苦手克服という経験が、お子様が英語を勉強していく上での自信になります。

自分は英語が「できる」という自信があるからこそ、勉強がもっと楽しくなるのです!

第一志望校合格が近づく

高校受験を視野に入れているお子様の場合、

英語ができるようになり、苦手克服ができたという自信もついた結果、

お子様の「第一志望校合格」が大きく近づきます。

この第一志望校合格という経験は、

その後のお子様の人生にとって、「かけがえのない成功体験」となリます。

 

東大家庭教師友の会の”違い”

難関高校出身の教師数が業界トップクラス

東大家庭教師友の会には、
開成・慶應義塾女子・早稲田実業などの難関私立高校
筑波大学附属駒場高校・お茶の水女子大学附属高校などの難関国立高校
日比谷・西・国立などの難関都立高校 

など、様々な高校出身の家庭教師が多数在籍しております。

選べる教師の数が多いということは、
その分、お子様一人ひとりに合った教師を見つけやすいとも言えるでしょう。

例えば、お子様の第一志望校出身の教師に指導してもらうと、
・良きお兄さんお姉さんとして気軽に話せた
・教師の実際の体験からつまづきやすいポイントの対策法を知ることができた

・教師の高校生活の話を聞くことで受験勉強への意欲が高まった

という点が良かったという声もいただいております。

家庭教師としての”指導力”に自信

東大家庭教師友の会は、家庭教師登録の面接の際に
様々な質問を通して「人間性」を見たり、模擬授業を通して「指導力」を見ています。

そのため、ただ頭が良いだけではなく、
「お子様の力になりたいという熱い思い」と
「お子様を合格まで導けるような指導力」の両方を兼ねそろえた教師が多い
ことが特徴です。

中学生をトータルサポート

東大家庭教師友の会の家庭教師は、授業だけをして終わりではありません。

毎週、宿題を出したり、部活との両立を考えて勉強計画を立てたりなど、
お子様の英語の成績アップのために、考えて動くことのできる教師が多いです。

もちろん、勉強習慣の確立や苦手分野の集中補強も、お子様と一緒に行います。
お子様にとって必要なタイミングで、苦手の第一志望校の過去問対策も行います。

中学生の「困った!」をトータルサポートできる教師が多いことも、
東大家庭教師友の会の他社との違いと言えるでしょう。

もちろん、中学生ながらに「大学受験を視野に入れた勉強をしてほしい」
というご相談もおまかせください!

ぜひ、お問い合わせ下さい!

このページをご覧になって、

東大家庭教師友の会で教師を探してみたい

東大家庭教師友の会の教師に英語の成績を上げて欲しいと思われた方は、

ぜひ一度、お気軽にお問い合わせ下さい!

お問い合わせはこちらをクリック

 

new_pc_btn_experience_common

このページに関連する家庭教師紹介

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集