体験授業無料受付

早稲田大学 法学部ページ

早稲田大学 法学部ページ

早稲田大学  法学部の特色

早稲田大学法学部は、毎年約4,000人が受験し、その倍率は約4.5倍です。授業は、法学の知識だけでなく幅広い一般教養を体系的に身につけるため、講義形式で行われるとともに、学んだ知識を具体的な問題に実践的にあてはめることができるよう、少人数の演習形式の授業も実施されています。また法学部では、「わが国の社会が真に必要とする法的感覚を有する人材」の育成を目指しています。

早稲田大学法学部 入試対策

英語(60点/90分)

法学部の英語は、政治経済学部と並んで非常に難易度が高くなっています。大問は6~7題から構成されており、長文読解、文法・語彙問題、英作文がそれぞれ2題ずつ出題されています。問題量も多いため、高度な速読力が要求されます。設問は段落の主題、内容真偽、要約など、各段落の内容把握力を問うものが多いため、段落ごとの内容理解を確実に行う必要があります。また自由英作文では、社会問題や時事問題に関連したテーマが指定された上で、50~70語程度の記述が要求されます。自分の主張を英語で簡潔に書き表す訓練を積んでおくと同時に、常日頃から時事問題や社会問題に目を向け、関心を持ちましょう。

国語(50点/90分)

法学部の国語は、早稲田大学の中でも最難関といえるレベルです。特に現代文の内容は抽象度が高い文章が多く扱われるうえに、専門用語も多用されるので、スムーズに読み進めるのは困難です。設問文の内容を把握してから本文を読むことで内容把握が容易になります。問題の解き進め方は、過去問演習を通じて戦略を練っておくべきでしょう。また古文には、その文章に関連した漢文と共に出題される形式が定着しています。難易度は高いものの、現代文と比較すると、易しめな内容になっているため、文法や古典常識を確実に網羅したうえで、得点源としておきたいところです。

日本史(40点/60分)

法学部の日本史は大問4題から構成されています。昭和時代と江戸時代はほぼ毎年出題されるため、入念に対策しましょう。分野別でみると、政治史は設問の半分を占め、外交史は毎年出題されています。各時代の政治の流れを的確に把握し、外交関係を常に意識しましょう。また、近現代が最も頻繁に出題されるため、内閣ごとに時代背景や出来事を整理しましょう。教科書を繰り返し読み、基本的な知識を確実に定着させれば、8割以上は得点できます。本文だけでなく、資料や図表にも目を通しておきましょう。
一方、教科書の範囲を超えた難易度の高い問題も出題されます。教科書レベルの知識を完璧に押さえたあとは、ハイレベルな一問一答問題集を活用するなどして、知識の深化に努めましょう。加えて、早稲田大学に関連した問題もたびたび出題されるため、斎藤隆夫、石橋湛山などの早稲田大学出身者や創立者の大隈重信についても細かく把握しておきましょう。

世界史(40点/60分)

法学部の世界史は、大問5題から構成されます。西洋史、東洋史にわたって幅広く出題されていますが、特に西ヨーロッパや北アメリカからの出題が多くなっています。東洋史では中国の前近代史についての内容がほぼ毎年出題されているので、重点的に対策しておきましょう。出題される問題のほとんどが教科書レベルであるため、教科書を隅々まで読み込み、基本的な知識の定着を図りましょう。本文だけでなく、資料や図表、統計データなどにも目を通し、時代背景や出来事と紐づけて覚えましょう。法学部の世界史は、論述問題が特徴的であり、合否を分けるといっても過言ではありません。200~250字という長めの文字数指定ですが、指定語句があることもあるため、記述のポイントはつかみやすくなっています。しかし、題意に即した解答を作るためには、日頃から訓練を積んでおく必要があります。論述の問題集を活用して答案を簡潔に作成し、その答案を他人に添削してもらう習慣をつけましょう。答案の添削には予備校や学校の先生のほか、家庭教師も有効です。

政治経済(40点/60分)

法学部の政治経済は、大問4題から構成されます。政治、経済の両分野から幅広く出題されます。教科書に載っているような標準的なレベルの問題だけでなく、基礎的知識を前提とした応用問題も扱われます。そのため、最新版の資料集を用いて、グラフや統計データ、図表などと照らし合わせながら教科書を読み進め、知識の深化を図りましょう。また政治分野では、基本的人権と時事問題を絡めたハイレベルな知識問題が出題される傾向にあります。日頃から新聞やニュースの内容に気を配り、現代社会の動向に関心を持つようにしましょう。

 

おすすめのコースはこちら 

大学受験準備コース

料金

(税抜)

高1~高2…4,000円/時間
コース内容 大学受験を目指す高校1,2年生向けのコースです。大学受験を経験した教師が自身の経験を元に、計画的に指導を行います。
大学受験コース

料金

(税抜)

高3,浪人生…4,500円/時間
コース内容 大学受験対策をご希望の方向けのコースです。大学受験を経験した教師だからこそ、受験のテクニックはもちろん、入試直前のメンタルケアまで行うことができます。
AO・推薦対策コース

料金

(税抜)

高1~高2…4,000円/時間
高3,浪人生…4,500円/時間
コース内容 AO・推薦受験にて大学に入学した教師による指導をご希望の方向けのコースです。小論文の書き方や面接対策など、自身の経験をもとに指導を行います。
プレミアム大学受験コース

料金

(税抜)

高1~高2…5,000円/時間
高3,浪人生…5,500円/時間
コース内容 上記いずれかの条件に加え、当会で定めた条件をクリアした、指導経験が豊富な家庭教師をご希望の方向けのコースです。

 

東大家庭教師友の会にできること

東大家庭教師友の会に所属しているのは、慶應義塾大学、早稲田大学、東京大学などの難関大生であり、採用率20%以下の厳しい選抜によって選び抜かれた教師です。 友の会に在籍している難関大生家庭教師の高校・大学受験の経験は、努力の成果であり、生徒様に教える際の確固たる自信にもなっています。 このような自信を持った質の高い家庭教師の中から、生徒様一人ひとりに合わせた教師をご紹介することで、最適な学習と成長を実感できる指導をご提供します。生徒様の志望校である早稲田大学法学部に在籍している教師をご紹介することも可能です。 是非一度お問い合わせください。

お問い合わせはこちら

new_pc_btn_experience_common

このページに関連する家庭教師紹介

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集