体験授業無料受付

大学附属高校受験対策ページ

大学附属高校受験対策ページ

▷学校別の入試傾向と対策方法についてはこちら!

友の会が大学附属高校受験対策に
強い”3つ”の理由!

“大学附属高校出身”の家庭教師が多数在籍!

大学附属高校受験対策には”コツ”があります!

それは、大学附属高校出身者に”大学附属高校に合格するための勉強ノウハウ”を聞くことです! 大学附属高校出身者は、

・大学附属高校に合格するための学習計画
・苦手科目でも得点するための苦手克服
・大学附属高校の過去問対策

など、大学附属高校合格のための勉強ノウハウを熟知しています!

東大家庭教師友の会には、”慶應義塾高等学校”・”早稲田大学高等学院”・”東京学芸大学附属高等学校”などの難関大学附属高校出身の家庭教師が多数在籍しています。

もちろん、お子様が志望している大学附属高校出身の家庭教師も見つかります!

東大家庭教師友の会の家庭教師が、大学附属高校受験の経験をもとに、お子様を大学附属高校合格に導きます!これは、大学附属高校出身の家庭教師が多い東大家庭教師友の会の大きな強みです!

▷お問い合わせはこちらをクリック!

高い”指導力”と”人間力”を備えた家庭教師のみ在籍!

「”頭の良い”家庭教師であれば大学附属高校受験は大丈夫!」と思っていませんか!?

もちろん、大学附属高校受験において、頭の良い家庭教師から指導してもらうことは重要です。しかし、ただ頭の良い家庭教師に指導してもらうだけでは、大学附属高校に合格することができません。頭が良くても、

 

「お子様の勉強状況を把握せず、一方的に授業を行う」

「お子様が勉強の基礎ができているという前提で、授業を進める」

「お子様が授業内容についていけているかを気にせずに、授業を進める」

 

といったような家庭教師では、お子様の学力は上がりません。もちろん、大学附属高校に合格することはできません。何が必要かというと、

 

「テストの点数や宿題の出来具合などを参考にして、お子様の勉強状況を正確に把握する」

「お子様のつまずいている部分にまで立ち戻って、お子様が理解するまで教える」

「お子様が授業内容をしっかりと理解しているかを確認しながら、授業を進める」

 

といったようにお子様に寄り添った指導をすることです!

東大家庭教師友の会には、”慶應義塾高等学校”・”早稲田大学高等学院”・”東京学芸大学附属高等学校”などの難関大学附属高校出身の家庭教師が多数在籍していますが、”頭が良い”だけではありません!

東大家庭教師友の会では、書類選考、面接、模擬授業の3段階の選考を行い、”指導力””人間力”を見て採用しております。その採用率は20%以下という非常に厳しい水準になっています。そのため、

 

「お子様の学力を着実に伸ばす指導力」

「お子様を第一志望校合格に導きたい!という熱い思い」

 

を持った家庭教師が多いことが大きな特徴です!東大家庭教師友の会の家庭教師は、お子様の勉強状況の把握、お子様がつまずいている部分のサポートはもちろん行います!

さらに、難関大学附属高校の難問もお子様にわかりやすく教えることができます!

これは、高い”指導力”と”人間力”を備えた家庭教師のみが在籍している東大家庭教師友の会の強みです!

▷お問い合わせはこちらをクリック!

お子様に合わせた”学習計画立て”が可能!

家庭教師をつければ、”大学附属高校に合格できる”と思っていませんか!?

これを聞いて、「大学附属高校合格のために、家庭教師をお願いしようと考えているのだけれども…」と思われるでしょう。

もちろん家庭教師をつける意味はあります!お子様が志望している大学附属高校出身の家庭教師に指導してもらうことで、

・大学附属高校入試の基礎固めと苦手克服
・大学附属高校の入試傾向を知る
・大学附属高校の過去問対策

といったことが可能になります!そのため、家庭教師による指導は非常に重要です。

しかし、それだけでは大学附属高校に合格できません。他に何が必要か…それは、“家庭学習時間の見直し”です!

家庭教師による指導時間は、週に数時間程度です。しかし、家庭学習時間はその何倍もあります。

つまり、家庭学習時間をいかに効率的に使うかが非常に重要になります。東大家庭教師友の会では、宿題を出すのはもちろんですが、家庭学習計画もお子様と一緒に行います。

具体的には、お子様の授業の様子や学校生活状況を考慮して、

 

「第一志望校合格には基本問題で確実に得点する必要がある。でもまだ基礎ができていないので、宿題では基本問題を解かせよう!」

「時間をかければ応用問題も解けている。しかし、入試では解答速度も求められるので、時間を意識させて、宿題を解かせよう!」

「今週は部活が忙しそうなので、宿題をする時間があまりなさそう。だから、重要なところだけを宿題に出そう!」

 

といったように、お子様の勉強状況・生活状況に合わせた効率の良い家庭学習計画を行います。

このようにお子様に合わせた家庭学習計画が行えるのは、東大家庭教師友の会の家庭教師が、自分の大学附属高校受験の経験を活かせるからです。

自分の勉強状況・生活状況を正確に把握し、その上で「第一志望校に合格するのは何をすればいいのか?」といったことを考え、学習計画を立ててきました。

このような大学附属高校に合格した経験”をお子様の学習計画に活かします!

▷お問い合わせはこちらをクリック!

 

大学附属高校受験対策の
“お悩みを解決”してきました!

東大家庭教師友の会では、ご家庭様の“大学附属高校受験対策に関するお悩み”を解決してきました!

東大家庭教師友の会には、以下のようなお問い合わせを実際にいただいております。

 

「慶應義塾高等学校合格のため、基礎固め・苦手克服をしてほしい!」

「慶應女子高等学校で出題される英語・国語の難問対策をしてほしい!」

「早稲田大学高等学院合格のため、効率的な勉強方法を教えてほしい!」

「東京学芸大学附属高等学校の難問が解けないので、得点できるように指導をしてほしい!」

「立教池袋高等学校の過去問対策をしてほしい!」

「青山学院高等部合格のため、まずは勉強習慣を身にさせてほしい!」

「中央大学附属高等学校の英語・数学に苦手意識があるので、わかりやすく教えてほしい!」

 

東大家庭教師友の会は、大学附属高校受験対策に自信があります!大学附属高校受験対策にお悩みの方は、ぜひ一度、お気軽に東大家庭教師友の会にお問い合わせ下さい!

まずは、お問い合わせください!

大学附属高校受験対策ページをご覧になって、

 

「大学附属高校合格のため、基礎固めと苦手克服をお願いしたい!」

「家庭学習時間の見直しをお願いしたい!」

「東大家庭教師友の会の家庭教師に大学附属高校受験対策をしてほしい!」

 

など思われた方は、ぜひ一度、お気軽に東大家庭教師友の会にお問い合わせ下さい!

▷お問い合わせはこちらをクリック!

 

 

大学附属高校
学校別対策ページはこちら!

同じ系列校でも入試傾向・対策方法が違う!?

同じ慶應でも”慶應義塾高等学校”と”慶應女子高等学校”では、入試傾向も対策方法も全く違います。

同様に同じ早稲田でも”早稲田大学高等学院”と”早稲田実業学校高等部”では全く違います!

以下に一部の大学附属高校の入試傾向と対策方法を示しましたので、参考にしてください!

早稲田大学高等学院  ・早稲田実業学校高等部 

慶應義塾高等学校   ・慶應女子高等学校

青山学院高等部    ・中央大学附属高等学校 

▷他の大学附属高校について知りたい方は、こちらをクリック!

 

早稲田大学高等学院 入試傾向と対策方法

英語:早稲田大学高等学院の英語長文読解では、”高い読解力”が必要です。そのため、英単語や英文法などの知識の丸暗記だけでは高得点を狙うことができません。

多くの英語長文を読みこなすなど、長文読解対策をしておきましょう。

 

数学早稲田大学高等学院の数学では、関数・平面図形・立体図形が頻出ですので集中的に対策しておきましょう。問題の難易度は、基本から応用までと幅広いです。

そのため、まずは基本問題で確実に得点できるように、基礎力をつけておきましょう。

 

国語早稲田大学高等学院の国語は、論説文2題と古文という傾向が続いています。

読解力・記述力だけでなく”解答速度”も求められるので、早めから過去問対策をするなど早稲田大学高等学院の傾向をしっかりと掴んでおくと良いでしょう。

 

詳しい入試傾向・対策方法を知りたい方は、以下をクリックしてください!

▷早稲田大学高等学院の入試傾向と対策方法をさらに詳しく!

 

早稲田実業学校高等部 入試傾向と対策方法

英語:早稲田実業学校高等部の英語長文は、読解力はもちろんですが、”単語力・文法力”が求められます。

そのため、英単語・英文法などの知識は、問題集などを使ってしっかりと身につけておきましょう。

 

数学早稲田大学の系列高校の中では、比較的難関度が低い傾向にあります。しかし、解答時間の割に問題数が多く、解答速度が求められます。

そのため、日頃から時間を意識して問題を解くなどの対策をしておきましょう。

 

国語:国語も同様に、早稲田大学の系列高校の中では比較的難関度は低く、基本的な問題が多く出題される傾向にあります。

そのため、”基本問題で確実に得点”できるかどうかが合否を分けます。基本問題を繰り返し解くなど基礎力をしっかりとつけておきましょう。

 

詳しい入試傾向・対策方法を知りたい方は、以下をクリックしてください!

▷早稲田実業学校高等部の入試傾向と対策方法をさらに詳しく!

 

慶應義塾高等学校 入試傾向と対策方法

英語:慶應義塾高等学校の英語は、難易度の高い英単語や英文法が出題されます。

そのため、英単語帳や英語問題集の”細かいところ”まで覚えるようにしましょう。

 

数学:慶應義塾高等学校の数学は、”計算力と計算速度”が求められます。

そのため、「毎日、計算問題を解く」「時間を意識して計算問題を解く」などの対策をして、入試本番で確実に得点できるようにしておきましょう。

 

国語:慶應義塾高等学校の国語は、知識問題が大きな割合を占めます。そ

のため、漢字や熟語はもちろんですが、文学史や古典文法などの知識も身に付けるようにしましょう。

 

詳しい入試傾向・対策方法を知りたい方は、以下をクリックしてください!

▷慶應義塾高等学校の入試傾向と対策方法をさらに詳しく!

 

慶應女子高等学校 入試傾向と対策方法

英語:慶應女子高等学校の英語は、”自由英作文”が出題されます。この自由英作文で得点できるかどうかで、合否が決まります。

そのため、まずは英単語・英文法などの知識をしっかりと身につけておきましょう。その上で、自分でテーマを決めて簡単な英作文を書くなど自由英作文対策をしましょう。

 

数学:慶應女子高等学校の数学は、確率、平面図形、空間図形が頻出です。

数学の難易度はそれほど高くないので、「問題集などを使って基礎力をつける」「過去問を使って傾向を掴む」などの対策を行い、確実に得点できるようにしておきましょう。

 

国語:慶應女子高等学校の国語は、選択問題は標準レベルです。しかし、記述問題の難易度が高く、受験生の中で大きく差がつきます。

そのため、問題集の記述問題を重点的に解くなど記述力を上げておきましょう。その上で、過去問を使って慶應女子高等学校特有の記述問題で得点できるように対策しましょう。

 

詳しい入試傾向・対策方法を知りたい方は、以下をクリックしてください!

▷慶應女子高等学校の入試傾向と対策方法をさらに詳しく!

 

青山学院高等部 入試傾向と対策方法

英語:青山学院高等部の英語は、リスニングが出題されます。そのリスニングですが、1回しか聞き取れないため、”聞き逃しには注意”しましょう。

聞き逃しを防ぐために、あらかじめ問題文を読むなど、聞くべきポイントを絞っておきましょう。

 

数学:青山学院高等部の数学は、難問も出題されますが、標準的な問題が多く出題されます。

そのため、まずは基本問題で確実に得点できるようにしましょう。その上で、青山学院高等部特有の難問対策をするようにしましょう。

 

国語:青山学院高等部の国語は、文章が長く、問題数が多い傾向にあります。

そのため、解答速度が求められます。普段から時間を意識して問題を解くようにしましょう。

 

詳しい入試傾向・対策方法を知りたい方は、以下をクリックしてください!

▷青山学院高等部の入試傾向と対策方法をさらに詳しく!

 

中央大学附属高等学校 入試傾向と対策方法

英語:中央大学附属高等学校の英語の難易度は、それほど高くありません。しかし、解答時間の割に問題数が多く、”素早く解答”する必要があります。

そのため、問題集や過去問を解くときは、時間を決めて解くなど時間意識するようにしましょう。

 

数学:中央大学附属高等学校の数学は、標準的な問題が多数出題される傾向にあります。

しかし、様々な分野が出題されるため、苦手分野があると高得点を狙うことができません。苦手克服は、早めにしておきましょう。

 

国語:中央大学附属高等学校の国語は、文章量が多いのが特徴です。

そのため、”速読力・読解力”が求められます。数多くの長文読解問題を解くなどの対策をしておきましょう。

 

詳しい入試傾向・対策方法を知りたい方は、以下をクリックしてください!

▷中央大学附属高等学校の入試傾向と対策方法をさらに詳しく!

 

 

▼当ページをご覧の方へのおすすめコース

高校受験準備コース

料金

(税抜)

中1~中2…4,000円/時間
コース内容 高校受験を目標とした受験対策向きの家庭教師をご希望の方向けのコースです。高校受験を経験した教師が自身の経験をもとにスケジュール管理などのサポートもしっかり行います。
高校受験コース

料金

(税抜)

中3…4,500円/時間
コース内容 高校受験を目標とした受験対策向きの家庭教師をご希望の方向けのコースです。高校受験を経験した教師だからこそ、受験のテクニックはもちろん、入試直前のメンタルケアまで行うことができます。
難関国私立高校受験コース

料金

(税抜)

中1~中2…4,500円/時間
中3…5,000円/時間
コース内容 国私立高校を目指す生徒様向けのコースです。国内の難関国私立高校を卒業した教師が指導を行います。
プレミアム高校受験コース

料金

(税抜)

中1~中2…5,000円/時間
中3…5,500円/時間
コース内容 当会で定めた条件をクリアした、指導経験が豊富な家庭教師をご希望の方向けのコースです。

new_pc_btn_experience_common

このページに関連する家庭教師紹介

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集