体験授業無料受付

附属高校受験対策

附属高校受験対策

附属高校受験対策はクセを理解すること

附属高校は、非常にクセが強い問題が出題されます。そのため、合格のためにはそれぞれの学校の傾向(クセ)と自分の特徴(クセ)にあわせ、徹底的に対策を練る必要があります。
オーダーメイドの授業
東大家庭教師友の会の家庭教師は各学校の傾向と生徒の特徴にあわせたオーダーメイドの授業を行い、合格へと導きます。

それぞれの附属校でこれだけ違う傾向

早稲田大学高等学院対策方法

英語:「読解力」が必要なため、丸暗記だけで解ける問題は極端に低くなっています。そのため、多くの英文を読みこなす対策が必要です。
数学:関数・平面図形・立体図形が頻出単元です。難易にムラがあるため、どんな問題がでても対応できるような思考力が必要です。
国語:論説文×2+古文という傾向が続いています。古文の文法的な知識をしっかり抑えましょう。

早稲田大学高等学院対策方法

早稲田実業学校高等部対策方法

英語:他の早慶附属に比べて難関度は低く、オーソドックスな問題です、そのため、全体的にバランス感覚を持った学習が必要です。
数学:共学後は難関校としては標準レベルになっています。正確な計算力をつける必要があります。
国語:英語同様オーソドックスな問題です。文章全体で伝えたいことは何かを把握しながら、文章を読破する必要があります。

早稲田実業学校高等部対策方法

慶應義塾高校対策方法

英語:単語・文法とも高校初級程度の知識が必要です。また、問題数も多い為、深い知識とハイレベルな処理能力が必要です。
数学:全ての単元から満遍なく出題されます。計算力と処理能力が問われるため、日頃から訓練しておく必要があります。
英語:読解問題は解き方のパターンをマスターすることが大切です、知識事項も比較的多数ありますので、しっかりと覚えておきましょう。

慶應義塾高校対策方法

慶應女子高校対策方法

英語:本格的な英作文があり、合否を決める大きな要素となります。普段から、英作文を書く、それをチェックしてもらうという学習を繰り返してください。
数学:難問ではありませんが、絶対的な数学力が必要です。日頃から、数学的センスを磨くための論理性や記述力を身につける必要があります。
国語:選択問題は標準レベルですが、記述問題で点数の差が付きます。記述問題を解く力をつけるためには、家庭教師や塾講師に書いた答案を添削してもらうのがお薦めです。

慶應女子高校対策方法

青山学院高等部対策方法

英語:リスニングがあるため、リスニング対策を含めた、じっくりと時間をかけたバランス良い対策が必要です。
数学:難題よりも標準問題を早く正確に解けるようにすること。普段の演習時から時間を計り、正誤にこだわる対策が必要になります。
国語:附属校の中では、比較的容易です。文章構造をしっかり把握するように日頃から心掛ける必要があります。

青山学院高等部対策方法

中央大学附属高校対策方法

英語:読解問題中心ですが、高度な知識は必要ありません。ですから、徹底的に速読の力を養えるように、時間を計り、訓練する必要があります。
数学:標準的な問題が多数出題される傾向があります。問題を見た瞬時にどういう解き方をすればいいかを把握し、それを素早く正確に解けるよう学習を積み重ねる必要があります。
国語:現代文の出題が中心のため、現代文に重点をおいて対策しましょう。特に、文量の多い文章が出題されやすいので、速読できるように心掛ける必要があります。

中央大学附属高校対策方法 

各附属高校の詳しい情報を記載した個別ページがございます。

慶應義塾志木高校 早稲田大学本庄高等学院
国学院高等学校 国学院大学久我山高等学校
立教新座高等学校 明治大学付属中野高等学校
明治学院高等学校 明治学院東村山高等学校
明治大学付属明治高等学校 明治大学付属中野八王子高等学校
学習院高等科 慶應義塾湘南藤沢高等学校
帝京大学高等学校 専修大学附属高等学校
東京家政大学附属女子高等学校 立教池袋高等学校
帝京八王子高等学校 工学院大学附属高等学校
東工大附属科学技術高等学校 帝京高等学校
筑波大学附属高等学校 東京学芸大附属高等学校
東邦音楽大学附属東邦高等学校 城西大学附属城西高等学校
日本女子体育大学附属二階堂高等学校 二松学舎大学附属高等学校
 

new_pc_btn_experience_common

このページに関連する家庭教師紹介

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集