体験授業無料受付

慶應義塾大学 法学部 入試対策

慶應義塾大学 法学部 入試対策

2021年 入試情報

偏差値
67.5~70.0
合格得点率(2020年度)
法律:63.0%(252/400)
政治:64.5%(258/400)
倍率(2020年度)
4.2.倍

 法|個別学部日程

【英語】配点/200点 時間/80分
【地歴(日B、世Bから1科目)】配点/100点 時間/60分
【小論文】配点/100点 時間/90分

 

 

2021年 慶應義塾大学法学部
科目別入試傾向と対策ポイント

慶應義塾大学法学部科目別入試傾向と対策ポイント

英語日本史世界史小論文

英語の傾向・対策

【傾向】「高い知識を持っていることを前提としている」

発音・アクセント問題、文法問題、会話文問題、長文読解問題2題の大問4〜5題構成であることが多く、難易度は高いです。

長文読解問題は法律問題などの法学部らしいテーマとは限らず、時事ネタや医療、自然科学、環境など多彩なテーマが取り上げられます。中には随筆や小説などの出題も見られます。高い語彙力を求められるとともに、語数が2000語を超えることも多く、時間的に厳しい試験となるでしょう。

発音・アクセント問題や文法問題は高度な知識が問われ、英語が得意な受験生の間でも得点に差がつきやすいです。会話文問題では会話文に特有な表現も含まれるので要注意です。

【対策】「常に語彙力や文法力を高めていく」

どの問題においても高いレベルの語彙力や文法の知識が求められ、知識がなければ解答どころか読むことさえ困難です。レベルの高い単語帳や文法の問題集を使ったり、演習でわからなかった語彙や文法を押さえたりすることで語彙力や文法力のアップを常に図りましょう。

また、意味を知らない単語でも類推できるように文脈を読み取る力を付けることも大切です。会話文は独特な表現が出てくるので、会話文対策の問題集で一通り表現を押さえておくと安心でしょう。

過去問を解く際、発音・アクセント問題や文法問題は点が安定しなかったり、難易度が高かったりすることから、取捨選択をしたり、できるだけ早くさばいたりする訓練をしましょう。短縮して生まれた時間を他の問題に充てることが合格の秘訣です。

日本史の傾向・対策

【傾向】「確かな知識が要求される」

例年大問4~5題で、小問数は50問程度と、試験時間60分に対してかなりの問題量があります。加えて、どの問題も選択肢が50個以上あり、選択肢を確認するだけでも一苦労です。選択肢の中に適当な答えがない場合は、なし、と答えなければならないケースもあるため、消去法が通用せず、自信をもって正答を見つけられるほどの知識量が求められます。

古代から近現代まで幅広く出題されますが、中でも頻出分野は、時代では近現代史、分野では政治史です。また、特定の政治家を取り上げた問題が出題される割合が高く、政治史は重点的に対策する必要があります。教科書に見られない事柄や史料が出てくることもあります。

【対策】「まずは教科書の知識を定着させる」

難問を一部含むものの多くが標準の問題であり、確実に点数を獲得するために教科書による基礎固めからスタートしましょう。本文だけでなく脚注なども読み込むと良いです。並行して基礎的な問題集で演習をし、アウトプットすることでより一層知識や理解が強固なものになるでしょう。一通り教科書をマスターしたら、問題集の難易度を上げ、さらなる知識や理解の強化へとつなげる段階へと進みます。

過去問演習の一環で、教科書を超えるような知識を補いましょう。初見の史料にどう向き合うかも過去問演習で慣れておくとともに、史料集の読み込みをおこなうと実力アップにつながります。加えて、たくさんの選択肢から解答を選択する時間をどう短縮するか考えたり、ひっかけのような問題でケアレスミスを防ぐために訓練しておいたりすることも過去問演習でおこなっておくと良いです。

世界史の傾向・対策

【傾向】「頻出分野はあるものの地域や時代を問わない」

例年大問4題で、小問数は30問程度の年度もあれば、50問程度と分量的に時間が厳しい年度もあり、時間配分に注意が必要です。中世から現代までがよく見られる範囲で、特に近年は近現代史が頻出となっています。しかし、基本的には地域や時代を問わず幅広く出題されるため、全体的な世界史の知識が必要となるでしょう。

分野別には文化史が頻出で、他にも思想や科学なども出題されます。地図を使った問題が出題されることもあり、用語の暗記だけでは立ち行かない場合もあるでしょう。教科書を超えるレベルの知識が問われることもあります。

【対策】「過去問や問題集でアウトプットし知識を定着させる」

一部登場する細かな知識は他の用語と結び付けることが難しく記憶に定着しづらいため、教科書を中心に基本的な知識を付けていくことが先決です。同時に基礎的な問題集でアウトプットするとより効果的に知識をつけていけるでしょう。基本が身についたら、ワンランク上の問題集で細かな知識を補強します。

教科書を超える知識や、教科書を押さえるだけでは解答の難しい問題演習は、過去問演習を通しておこないましょう。また、問題数や選択肢が多いので、素早く解答したり、時間配分を考えたりする訓練も過去問演習でおこなうと良いです。間違えた問題や悩んだ問題は教科書などをもとに復習し、知識の抜けをなくしましょう。

小論文の傾向・対策

【傾向】「法や政治についての課題文が多い」

慶応義塾大学法学部では小論文が課されます。4000字程度の課題文が示され、課題文に関する説明・要約問題と論述問題の2問が合計1000字程度で出題されます。ただし説明や要約問題は出題されない年度も確認されています。

出題される課題文は法や政治に関係したものが多く、現代の社会問題についてどのような意識や関心があるのか問う傾向が強いです。高度な理解力、構成力、発想力、表現力を問われる難易度の高い小論文となっています。

【対策】「常日頃から法や政治についての知識をつけておく」

課題文を読み込めば論述できる、と考えてしまうかもしれません。ですが、論述力をつけるには難解な用語やキーワードを理解する知識も必要です。慶應義塾大学法学部ではとくに法や政治についての課題文が多いので、小論文向けのキーワード集や問題集、新聞などで知識を増やしていくことが求められます。

課題文を読む際は焦らずに、主張や意見を見抜き、論理展開を正確に読み取りましょう。論述は、序論→本論→結論を意識することが大切で、場合によっては頭に結論を簡単に提示して、最後に再度確認する、という形式を取ると良いです。書いた小論文は学校や塾の先生に添削してもらうことで力にしましょう。

 

 

東大家庭教師友の会で慶應義塾大学に合格!

東大家庭教師友の会には、慶應義塾大学含め、難関大学に合格した生徒様の実績が多数ございます。

以下では、実際に当会から慶應義塾大学に合格した生徒様の体験記を一部ご紹介いたします。

女性

2018年 慶應義塾大学合格
【生徒様からのメッセージ】

家庭教師のココが良かった!

苦手科目を勉強することが気分がのらず大変でした。各教科の時間配分もむずかしかったです。苦手科目はたくさん勉強しても模試の成績が大きく上がらず不安になりました。最終的には得意科目(英語)が唯一の自信で英語で苦手科目の分を補おうという気持ちでのりきりました。

受験勉強で大変だったこと

人前で手をあげて質問するのが苦手なのですが、1対1なので人目を気にせずに発音したり質問することができました。また受験の直前は自宅で学習していましたが、分からないところをメールで先生に聞くことができました。

先生へのメッセージ

夏期講習などで1度予備校で授業をうけたこともあったのですが、先生の授業の方が全然おもしろかったです。受験勉強の中で英語があるから大丈夫と思えたのは先生にはげまして頂いたおかげだと思います。宿題は考えて考えて・・・というものが多くて大変な時もありましたが、文章を読んで考えるということが少しずつできるようになりました。まだ大学の話とか先生とお話ししたいです。ありがとうございました。

 

慶應義塾大学受験におすすめの教師

大野先生

大野先生(慶應義塾大学在籍)
【担当科目】 英語/現代文/古文/漢文/世界史/地理/文系数学

自分の受験の経験を最大限に生かして生徒さんを導いていきたいと思います。 勉強を教えることはとても好きなので、指導するのが楽しみです。愛情と情熱を持って誠心誠意頑張りたいと思います。よろしくお願いいたします。

手塚先生

手塚先生(慶應義塾大学在籍)
【担当科目】 英語

帰国子女の皆さん!自身の海外経験を活かし、日本での受験を目指す上での重要なTIPSを伝授します!よろしくお願いします

 

東大家庭教師友の会が大学受験に強い理由

東大家庭教師友の会は、以下の特徴を持っているため毎年多くの難関大学合格者を排出しております。

家庭教師による個別指導で、慶應義塾大学に特化した対策を行うことができます!

国内最多の難関大家庭教師
国内最多の難関大家庭教師

 

目的に合った教師
目的に合った教師

 

採用率20%以下のトップクラス教師
採用率20%以下のトップクラス教師

 ▶︎無料体験授業について見る

 

慶應義塾大学合格に向けた指導コース

大学受験準備コース

料金

(税抜)

高1~高2…4,000円/時間

※高3進級後(4月以降)も指導が行われる場合、コース料金は+500円が適用されます。

コース内容 大学受験を目指す高校1,2年生向けのコースです。大学受験を経験した教師が自身の経験を元に、計画的に指導を行います。
大学受験コース

料金

(税抜)

高3,浪人生…4,500円/時間
コース内容 大学受験対策をご希望の方向けのコースです。大学受験を経験した教師だからこそ、受験のテクニックはもちろん、入試直前のメンタルケアまで行うことができます。
プレミアム大学受験コース

料金

(税抜)

高1~高2…5,000円/時間
高3,浪人生…5,500円/時間

※高2以前に指導を開始し、高3に進級後(4月以降)も指導が行われる場合、1時間あたりの料金は上記高3料金が適用されます。

コース内容 上記いずれかの条件に加え、当会で定めた条件をクリアした、指導経験が豊富な家庭教師をご希望の方向けのコースです。

 

お問い合わせはこちらから

些細なご質問でも受け付けております。

また、無料で授業を体験していただくこともできます。お気軽にお問い合わせください!

inquiry12
inquiry12

首都圏以外にお住まいの方でも授業をお受けいただけるよう、オンライン指導もご用意しております。

オンライン指導をご希望の方は下記のリンク先をご覧ください。

オンライン東大家庭教師友の会” width=

 

入会をご検討されている方へ

入会をご検討されている方は、上記リンク先のWEBフォームまたはお電話よりお問い合わせください。

入会についての流れや疑問については、リンク先の「入会までの流れ」をご覧ください。

入会までの流れ

 

他大学の入試傾向・対策

  • 慶應義塾大学
  • 早稲田大学
  • 上智大学
  • 国際基督教大学
  • 明治大学
  • 青山学院大学
  • 立教大学
  • 中央大学
  • 法政大学
  • 東京理科大学

new_pc_btn_experience_common

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集