体験授業無料受付

明治大学 政治経済学部 入試対策

明治大学 政治経済学部 入試対策
明治大学政治経済学部 入試傾向と対策

2021年入試情報

偏差値
 62.5~65.0
倍率(2020年度)
4.8倍

 政治経済|政治、経済、地域行政/学部別3科目

【英語】配点/150点時間/60分
【国語(漢文除く)】配点/100点時間/60分
【地歴(日B、世B、地Bから1科目)】配点/100点時間/60分
【公民(政経)】配点/100点時間/60分
【数学(数IA・数IIB)】配点/100点時間/60分
※地歴、公民、数学から1科目選択。
詳しい入試情報は明治大学公式の入試要項をご覧ください

 

2021年明治大学政治経済学部
科目別入試傾向と対策ポイント

明治大学政治経済学部科目別入試傾向と対策ポイント

英語国語数学日本史世界史地理政治経済

英語の傾向・対策

【傾向】「幅広い力が問われる」

例年長文読解問題2題、会話文1題の大問3題構成です。

長文読解問題の長文の分量はいずれも600語程度であり、60分の試験時間に対して多いといえるでしょう。加えて内容が難解であるため、試験時間内にすべて解答するのは至難の業です。

長文読解問題の出題形式は内容把握や空所補充、文法・語法や語彙の問題など多岐にわたります。会話文問題では会話表現を問うというより、会話の流れを問う問題が中心です。そのため、英語力全般が問われる試験といえます。

【対策】「基礎を固めることが最重要」

基礎から応用まで問われるため、しっかりとした基礎固めが重要です。まずは問題集や単語帳を用いて、基礎的な英語力を確実につけます。ちょっとしたニュアンスの違いや、語形変化も問われるので細かな点まで押さえましょう。

政治経済学部の英語では速読の力が求められます。速読の基礎に精読があるので、まずは1段落1段落正確に読めるように力をつけましょう。文と文のつながりを含めた文章レベルでの精読ができたら時間を意識します。

過去問演習でも、どこにどれだけ時間がかかるのか確認しましょう。

国語の傾向・対策

【傾向】「知識問題の割合が高い」

近年大問4題構成です。現代文が2題、古文が1題、漢字問題が1題となっています。現代文は硬めの文章が1題、読みやすい文章が1題です。

古文と漢字問題は標準的な難易度となっています。出題される文章の分量は、現代文が6500~700字程度でやや多く、古文も700~1000字となっているため、高い集中力とスピードが要求されるでしょう。

解答形式は選択式が主ですが、漢字の書き取りや35~50字程度の説明問題といった記述式も出題されます。漢字以外にも古文から文学史や古典常識が知識問題として出題されます。

【対策】「標準的な知識をつける」

スピードは重要ですが、きちんと要点や論の展開を把握できなければ意味がありません。時間がかかってもいいので、まずは正確に文章を読み取る練習に集中しましょう。

説明問題は実際に書くことが一番の対策です。問題集や過去問を用いて書き、添削をしてもらいましょう。

標準的な漢字問題は確実に得点することが求められます。問題集や参考書で繰り返し演習し、標準的な漢字の読み書きをマスターしましょう。

古文に関しても知識が重要となるので、単語や文法を鍛えて読解の基礎を作ります。

数学の傾向・対策

【傾向】「計算が複雑」

例年大問3題構成です。設問数6問程度の小問集合が1題、独立した大問が2題となっています。

全体的な難易度は基本~標準レベル、とくに小問集合は易しめな設定です。難問奇問はほとんどありませんが、計算力が必要となる問題が見られます。

出題される分野は幅広く、すべての分野から満遍なく出題されると考えて問題ないでしょう。あえて傾向を挙げると、微分積分が例年出題されます。また、数列や面積の問題が頻出です。

【対策】「手を動かして勉強する」

基礎~標準レベルの問題を解けるようになることはもちろんのこと、計算力を日々鍛えることが高得点を獲得する要です。

どのような問題でも実際に手を動かして問題を解きましょう。また、計算量の観点でワンランク上の難問とされる問題を解くことも効果的です。

どの分野からも出題されるので、苦手分野を作らないことが大切になります。教科書を中心に、すべての分野で基本的な公式や定理を押さえたうえで、章末問題は解けるレベルまで持ち上げましょう。苦手と感じる分野は重点的に勉強します。

日本史の傾向・対策

【傾向】「史料問題が頻出」

例年大問4~5題構成です。時代別では近現代が重視されており、原始や古代からの出題はあまり見られません。

テーマ別では社会経済史や外交史からの出題割合が高いです。他にも文化史や政治史からの出題も目立ちます。

正誤問題は単なる暗記では解けず、背景知識も必要です。また、近現代の史料問題が頻出で、とくに最初の大問では論述問題や記述問題の史料問題が出題されます。

論述問題が出題される場合が多く、各問題の解答字数は60~100字程度です。

【対策】「史料を読み込み初見史料にも対応」

教科書で歴史の流れを一通り把握した後、近現代史を中心に勉強を進めます。

細かな背景知識まで要求されるので、それぞれの事項を、教科書を用いて、いつ、だれが、どこで、といった5W1Hを押さえます。加えて、用語集や参考書を活用して周辺知識を広げましょう。

史料問題は初見である場合も少なくないため、読解力を向上させる必要があります。史料集を繰り返し読み込みましょう。論述問題は書くことが一番です。実際に書いた解答は誰かに添削してもらいましょう。

世界史の傾向・対策

【傾向】「大型の論述問題が特徴」

例年大問4題構成です。時代別では、古代から現代まで幅広く出題されます。

地域別では、西洋史と東洋史の比重は年度によって変動し、西洋史では西欧史、東洋史では中国史が頻出です。テーマ別では政治史が頻出であり、問題数は少ないものの文化史からの出題も見られます。

明治大学政治経済大学の世界史の最大の特徴は論述問題です。例年200~300字程度であり、分量が多く設定されています。キーワードを用いて論ずる形式で、テーマはさまざまです。

【対策】「論述問題は慣れるまで解く」

苦手な時代を作らないように勉強を進めましょう。頻出地域・テーマを中心に、教科書を用いた学習から始めます。

このとき、単なる暗記にとどまらず、つながりを把握したり、用語集や参考書を用いて周辺知識を広げたりするといった工夫も必要です。

論述問題は慣れが必要なのでたくさんの問題を解きましょう。主要な論の骨格や構成を考え、補強するように情報を肉付けします。書いた論述文は可能な限り誰かに添削してもらいましょう。

地理の傾向・対策

【傾向】「グラフや図表が多数」

大問数は4題で、解答形式はマークシートと記述式です。グラフや図表が多く出題され、地域の特性や諸問題に対する課題の説明を記述させる問題が出題されるのが特徴です。

一部難易度の高い問題が出題されますが、基本的に標準レベルの問題と言えるでしょう。

【対策】「教科書を対策の中心にする」

難問を解けるようになるよりも、標準的な問題を落とさないことが第一です。そのため、教科書の知識をきちんと固めることが重要になります。また、地図帳で地理的感覚を養ったり、資料集で知識を深めたりしましょう。

教科書や資料集、地図帳に出てくるグラフや図表は確実に押さえます。記述問題対策はひたすら書くことなので、なるべく量をこなし、添削してもらいましょう。また地理の一般知識があると記述に有利に働くことがあるので、最新のニュースを押さえておくことも重要です。

政治経済の傾向・対策

【傾向】「長い視点が必要な時事問題」

政治問題と経済問題の両分野からバランスよく出題されるのが明治大学政治経済学部の政治経済の特徴です。

全体的には標準的な問題で構成されています。ただし、一部細かい知識を問う問題も見られるでしょう。

正誤問題の割合が多く、一問一答や空欄補充といった形式が主です。時事問題は最近の話だけでなく、10年、20年前の出来事と関連させて出題される場合があります。そのため、長期的に問題を考える力が試されるといえるでしょう。

【対策】「ニュースを深掘りする」

まずは標準的な知識を押さえ、その後細かな点まで確認していくと効率的です。幅広く出題されるので、苦手な分野を作らないことが大切でしょう。細かな点は用語集や参考書で知識を広げることで対処していきます。問題演習では頻出形式の正誤問題の問題集から始めましょう。

日頃より新聞やテレビでニュースを収集し、時事問題に備えます。このとき、その出来事の背景や経緯を確認し、過去にさかのぼるといった、深い理解と考察が重要になるでしょう。収集した情報はノートにまとめ、見返せるようにします。

明治大学政治経済学部受験におすすめの教師

石神先生

石神先生(早稲田大学在籍)
【担当科目】英語/現代文/古文/漢文/世界史/地理

高校生の時にアメリカに一年留学していたことや、幼少期から家庭で英語を使っていたというバックグラウンドを活かし、生徒さんに実践的かつネイティブレベルの英語力が付くよう指導をさせていただきます!

鈴木先生

鈴木先生(慶應義塾大学在籍)
【担当科目】英語/現代文/漢文/日本史/文系数学

生徒様が楽しく、かつ将来に活かせるような授業をしていきたいと思います。

 

東大家庭教師友の会が大学受験に強い理由

東大家庭教師友の会は、以下の特徴を持っているため毎年多くの難関大学合格者を排出しております。

家庭教師による個別指導で、明治大学政治経済学部に特化した対策を行うことができます!

国内最多の難関大家庭教師
国内最多の難関大家庭教師

 

目的に合った教師
目的に合った教師

 

採用率20%以下のトップクラス教師
採用率20%以下のトップクラス教師

 ▶︎無料体験授業について見る

 

明治大学合格に向けた指導コース

大学受験準備コース

料金

(税抜)

高1~高2…4,000円/時間

※高3進級後(4月以降)も指導が行われる場合、コース料金は+500円が適用されます。

コース内容 大学受験を目指す高校1,2年生向けのコースです。大学受験を経験した教師が自身の経験を元に、計画的に指導を行います。
大学受験コース

料金

(税抜)

高3,浪人生…4,500円/時間
コース内容 大学受験対策をご希望の方向けのコースです。大学受験を経験した教師だからこそ、受験のテクニックはもちろん、入試直前のメンタルケアまで行うことができます。
プレミアム大学受験コース

料金

(税抜)

高1~高2…5,000円/時間
高3,浪人生…5,500円/時間

※高2以前に指導を開始し、高3に進級後(4月以降)も指導が行われる場合、1時間あたりの料金は上記高3料金が適用されます。

コース内容 上記いずれかの条件に加え、当会で定めた条件をクリアした、指導経験が豊富な家庭教師をご希望の方向けのコースです。

 

お問い合わせはこちらから

些細なご質問でも受け付けております。

また、無料で授業を体験していただくこともできます。お気軽にお問い合わせください!

inquiry12
inquiry12

首都圏以外にお住まいの方でも授業をお受けいただけるよう、オンライン指導もご用意しております。

オンライン指導をご希望の方は下記のリンク先をご覧ください。

オンライン東大家庭教師友の会” width=

 

入会をご検討されている方へ

入会をご検討されている方は、上記リンク先のWEBフォームまたはお電話よりお問い合わせください。

入会についての流れや疑問については、リンク先の「入会までの流れ」をご覧ください。

入会までの流れ

 

他大学の入試傾向・対策

  • 慶應義塾大学
  • 早稲田大学
  • 上智大学
  • 国際基督教大学
  • 明治大学
  • 青山学院大学
  • 立教大学
  • 中央大学
  • 法政大学
  • 東京理科大学

new_pc_btn_experience_common

このページに関連する家庭教師紹介

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集