体験授業無料受付

成蹊大学 入試対策

成蹊大学 入試対策
成蹊大学 入試傾向と対策

2021年 入試情報

成蹊大学の入試の難易度は決して簡単ではないため、合格を勝ち取るためには、例年の出題傾向を徹底分析し、科目ごとの対策をする必要があります。

以下の入試情報と共にしっかりと受験対策方法も確認しておきましょう。

 経済|経済数理 / 個別学部日程

【英語】配点/150点 時間/60分
【国語(古・漢文を除く)】配点/100点 時間/60分
【数学(数IA・数IIB)】配点/150点 時間/60分

 経済|現代経済 / 個別学部日程

【英語】配点/150点 時間/60分
【国語(古・漢文を除く)】配点/100点 時間/60分
【地歴(日B、世Bから1科目)】配点/100点 時間/60分
【公民(政経)】配点/100点 時間/60分
【数学(数IA・数IIB)】配点/100点 時間/60分
※地歴・公民・数学から1科目選択。

 経営|個別学部日程

【英語】配点/150点 時間/60分
【国語(古・漢文を除く)】配点/100点 時間/60分
【地歴(日B、世B、地理Bから1科目)】配点/100点 時間/60分
【数学(数IA・数IIB)】配点/100点 時間/60分
※地歴・数学から1科目選択。

 法|個別学部日程

【英語】配点/120点 時間/60分
【国語(古・漢文を除く)】配点/100点 時間/60分
【地歴(日B、世Bから1科目)】配点/100点 時間/60分
【公民(政経)】配点/100点 時間/60分
【数学(数IA・数IIB)】配点/100点 時間/60分
※地歴・公民・数学から1科目選択。

 文|英語英米文 / 個別学部日程

【英語】配点/200点 時間/60分
【国語(漢文を除く)】配点/150点 時間/60分
【地歴(日B、世B、地理Bから1科目)】配点/100点 時間/60分

 文|日本文 / 個別学部日程

【英語】配点/100点 時間/60分
【国語(漢文を除く)】配点/150点 時間/60分
【地歴(日B、世B、地理Bから1科目)】配点/100点(1科目60点) 時間/60分

 文|国際文化,現代社会 / 個別学部日程

【英語】配点/150点 時間/60分
【国語(漢文を除く)】配点/150点 時間/60分
【地歴(日B、世B、地理Bから1科目)】配点/150点 時間/60分

 理工|個別学部日程

【英語】配点/120点 時間/60分
【数学(数IA・数IIB・数Ⅲ)】配点/120点 時間/90分
【理科(物理、化学、生物から1科目)】配点/120点 時間/80分

 

2021年 成蹊大学
科目別 入試傾向と対策ポイント

英語国語数学日本史世界史政治経済物理化学生物

英語の傾向・対策

【傾向】「志望学部によって異なる出題傾向」

成蹊大学の英語の難易度は同レベルの他の大学と比較して標準的なレベルになっています。

ただ、受験したい学部が理系か文系によって対策が異なるのが特徴の1つです。

理系学部では長文問題を中心として文法や語句問題が出題される傾向にありますが、文系学部の英語は満遍なく様々な問題形式で出題されるため、志望学部にあった問題対策を行う必要があります。

【対策】「基礎的な単語力を身に付けて合格点を目指そう」

成蹊大学の英語対策で必ず対策すべきことは、基礎レベルの単語と文法をマスターすることです。特別難しい単語が並ぶことは少ないので、基礎レベルの知識を身に付けて得点すべき問題で得点を落とさないことが合格への鍵になります。

単語は『英単語ターゲット1900』や『速読英単語1必修編』など大学入試の基礎レベルとなる語句を1冊完璧に覚えておきましょう。

英語の長文読解は東進の『英語長文レベル問題集 中級~上級編』や『やっておきたい英語長文シリーズ』を問題集として取り組むと対策に効果的です。

問題集でありながら、しっかり解説が記載されているため非常に取り組みやすく、長文を読む上で要点となるポイントも記載されていますので、間違えた部分を覚えるまで復習しましょう。

単語や長文問題集を完成させたら、過去問演習で対策をしていくとより効果的な学習ができます。

国語の傾向・対策

【傾向】「速読力が必要な大量の文章量・問題数」

成蹊大学の国語は論説、小説、古文の3題で構成されており、難易度はやや高めになっています。

特に論説文は全体に占める得点の約半分を占め、記述式での設問が多いため、しっかりとした対策をする必要があります。

また、文章自体は読みやすいものが多いのですが、文章量・問題量が多いため、要点を押さえながら速読していく力が必要になります。

【対策】 「合格には、論説文対策を徹底しよう」

出題される問題自体は標準レベルですが、論説文が苦手な場合は徹底的な対策が必須になります。

論説文で確実に得点するためには、論理的な根拠に基づいた解答の仕方や記述式問題への解答方法を学習する必要があるので、解説付きの参考書を1~2冊ほど使用して学習しましょう。

また、速読の練習を進めておく必要があるため、接続詞や筆者の主張などのキーポイントに線を引くなどして、文章の展開を理解した状態で設問を解くことを早い段階から心掛けておきましょう。

古文の難易度は標準レベルなので『古文単語ゴロゴ』や『ステップアップノート30古文文法ドリル』などを使用して、先ずは古文単語・文法などの基礎知識を完璧にしましょう。

数学の傾向・対策

【傾向】「計算力が必要な大量の問題数」

理系学部の数学は出題範囲が「数Ⅲ」まで入ることもありやや高難易度となっています。

基礎問題が大半ですが、解くのに時間を要す応用問題や難問も出題されますので、時間配分や時間内に解ききる計算力が必要になります。

文系学部の数学はマーク式となっているため、一見解きやすいように感じますが、大問6題を60分で解く必要があるため、理系学部同様に計算力と計算スピードが求められます。

【対策】 「合格には、標準問題で確実に得点を」

理系学部の志望している人は、先ずは基礎レベルの問題を教科書や問題集で演習をして確実に得点できるように学習しましょう。基礎的な実力がついてきたら、他の受験生と差をつけるために応用問題にも挑戦しましょう。

『厳選!大学入試数学問題集』や『数学上級問題精講』は難易度の高い問題集ですが、成蹊大学で出題されるような難問に触れることができるため、余力がある人は取り組んでみると効果的な学習ができます。

文系学部を志望している人は、得点すべき基礎問題を落とさないように対策することを最も意識して学習しましょう。

文系数学は、難問であっても配点が大きく変わらないため、時間内に合格点を取るためには、解ける問題から解いていくことが効率的です。過去問演習することで、あらかじめ解くべき問題の傾向などを掴んでおくことも重要になります。

日本史の傾向・対策

【出題傾向】

成蹊大学の日本史は、教科書レベルを超えた知識が問われる問題も出題されるため、やや高難易度の問題となっています。

教科書の注釈や史料などの細かい部分まで満遍なく出題されますので、模試対策や他の受験校対策などで行う一般的な勉強法とは別に成蹊大学の出題傾向に合わせた対策が必要になります。

問題数はそれほど多くないため時間をかけて解くことができますが、基礎問題を落としてしまうと致命的になってしまうので、教科書や模試レベルの基礎問題は確実に取れるように学習しましょう。

【入試対策】

成蹊大学の日本史は、出題の大半は基礎問題で構成されているので先ずは教科書レベルの基礎知識を身に付けることが重要になります。時代も原始~近現代まで幅広く出題されるため、苦手な分野を残さ内容に満遍なく学習しましょう。

応用問題では、教科書の注釈レベルや史料問題、細かい知識を問われる正誤問題などが出題されるため、それぞれの問題形式を対策できる問題集に取組み、対策しましょう。

特に成蹊大学の問題は、毎年出題パターンがある程度決まっているので、過去問演習などでどのような出題傾向なのか確認しておくと非常に効果的です。

世界史の傾向・対策

【出題傾向】

成蹊大学の世界史は、マーク式の正誤問題が多く出題され難易度が高く設定されています。

また、近現代史についての出題が頻出となっています。現代史は、受験生が後回しにしがちですが、世界史受験者は重点的に対策する必要があります。

【入試対策】

成蹊大学の世界史では、基礎的な問題も出題されますが、出題数がかなり多いのでスピード感をもって解答していくことが必須のため、過去問演習で実際のスピード感などを意識して演習を行いましょう。

また正誤問題は難易度が高いので重点的に対策しましょう。正誤問題は、とにかく数多くの設問演習を行うことが重要です。わからない部分や知識の抜け漏れ部分が出てきたら、その都度復習し苦手分野を潰していきましょう。

また現代史に関しては、現代以前に比べて年代や出来事がかなり細かくなってくるので、曖昧な知識にならないように、史実と時系列の関係をノートにまとめるなどして、整理しながら学習しましょう。

政治経済の傾向・対策

【出題傾向】

成蹊大学の政治経済では教科書レベルを超えた難問も出題されるため難易度が高くなっています。

全体的に難易度が高いため、基礎問題で点数を落としてしまうと致命的になるので、徹底した基礎固めが必須となります。出題傾向として時事問題の出題が頻出であるため、高得点を目指すには時事問題の重点的な対策も必要になります。

【入試対策】

成蹊大学の政治経済で出題される難問は私立大学の中でも非常にレベルが高いため、基礎問題を落とさないようにすることで合格点を狙うことが合格への近道になります。

まずは、教科書レベルの知識は問題集などを用いて確実に得点できるように演習を行いましょう。問題集である程度基礎知識が定着してきたら、過去問を使用して実際の問題の難易度に慣れていきましょう。

物理の傾向・対策

【出題傾向】

成蹊大学の物理はマーク式と記述式の両方が出題され、難易度は標準レベルとなっています。

基礎問題が大半を占めているため、教科書レベルの学習で対応可能です。難易度は基礎問題が多数ですが、出題範囲は例年全ての分野から満遍なく出題されているため苦手分野を残さずに網羅的に学習する必要があります。

【入試対策】

成蹊大学の物理は他の科目と比較して難易度が低いため基礎固めができている方であれば十分に合格圏内に入ることができます。

問題数も多くないので時間に余裕を持って解答できますが、計算ミスなどで得点を落とすと致命的なので普段からケアレスミスには細心の注意を払って演習を行いましょう。

紛らわしい選択肢や記述問題もありますので『よくわかる物理基礎問題集』や『リードα物理基礎・物理』など標準レベルの問題を集めた問題集を反復して解いて問題に慣れることが大切です。

化学の傾向・対策

【出題傾向】

成蹊大学の化学はマーク式と記述式の両方が出題され、難易度は標準レベルとなっています。

教科書レベルの問題が多く、公式や計算方法を正確に活用できれば合格圏内に入ることが可能です。出題範囲は例年、理論・有機・無機・化学反応式など全範囲から満遍なく出題されます。

80分で大問6題の出題量であるため、スピーディーに解答すれば十分に見直しの時間まで確保することができます。

【入試対策】

成蹊大学の物理の問題は、いかに基礎問題を落とさずに得点できるかが合否を分けます。

基礎問題の出題が多く合格最低点も高いことから、計算問題でのミスや公式の暗記が不十分だと逆に点差をつけられてしまいますので『化学基礎の必須整理ノート』や『マーク式基礎問題集 化学基礎』などを用い、繰り返し学習を行い基礎問題で確実に得点できるように演習を行いましょう。

生物の傾向・対策

【出題傾向】

成蹊大学の生物はマーク式と記述式の両方が出題され、難易度は標準レベルとなっています。

出題範囲は、教科書の範囲から満遍なく出題されており、マーク式問題よりも記述問題が多いため記述問題を徹底する必要があります。

また、明確な根拠をもとに意見を記載する論述問題も出題されていますので、生物の専門的な用語については正確に暗記することが必須になります。

【入試対策】

成蹊大学の生物は、全体的には基礎問題が出題されますが、出題範囲が広いため、苦手分野があると致命的になるため教科書や問題集を用いて全体的に学習を行なっていきましょう。

また、基礎的な知識を問う問題のほか「あなたの意見」を求める特殊な記述問題がありますので、普段から学習する際に気になった事や疑問があれば『生物用語集』を用いて調べておきましょう。

 

 

成蹊大学受験におすすめの教師

大野先生

大野先生(慶應義塾大学在籍)
【担当科目】 英語/現代文/古文/漢文/文系数学/世界史/地理

自分の受験の経験を最大限に生かして生徒さんを導いていきたいと思います。 勉強を教えることはとても好きなので、指導するのが楽しみです。愛情と情熱を持って誠心誠意頑張りたいと思います。よろしくお願いいたします。

林田先生

林田先生(慶應義塾大学在籍)
【担当科目】 英語/現代文/古文/漢文/文系数学/世界史/地理

生徒様、保護者様と信頼関係を築き、生徒様のわからないところを見極めて、丁寧な指導で成績が上がるように頑張ります!

 

東大家庭教師友の会が大学受験に強い理由

東大家庭教師友の会は、以下の特徴を持っているため毎年多くの難関大学合格者を排出しております。

家庭教師による個別指導で、成蹊大学に特化した対策を行うことができます!

国内最多の難関大家庭教師
国内最多の難関大家庭教師

 

目的に合った教師
目的に合った教師

 

採用率20%以下のトップクラス教師
採用率20%以下のトップクラス教師

 ▶︎無料体験授業について見る

 

成蹊大学合格に向けた指導コース

大学受験準備コース

料金

(税込)

高1~高2…4,400円/時間

※高3進級後(4月以降)も指導が行われる場合、コース料金は+550円が適用されます。

コース内容 大学受験を目指す高校1,2年生向けのコースです。大学受験を経験した教師が自身の経験を元に、計画的に指導を行います。
大学受験コース

料金

(税込)

高3,浪人生…4,950円/時間
コース内容 大学受験対策をご希望の方向けのコースです。大学受験を経験した教師だからこそ、受験のテクニックはもちろん、入試直前のメンタルケアまで行うことができます。
プレミアム大学受験コース

料金

(税込)

高1~高2…5,500円/時間
高3,浪人生…6,050円/時間

※高2以前に指導を開始し、高3に進級後(4月以降)も指導が行われる場合、1時間あたりの料金は上記高3料金が適用されます。

コース内容 上記いずれかの条件に加え、当会で定めた条件をクリアした、指導経験が豊富な家庭教師をご希望の方向けのコースです。

 

お問い合わせはこちらから

些細なご質問でも受け付けております。

また、無料で授業を体験していただくこともできます。お気軽にお問い合わせください!

  • 電話お問い合わせ” width=
  • WEBお問い合わせ” width=

首都圏以外にお住まいの方でも授業をお受けいただけるよう、オンライン指導もご用意しております。

オンライン指導をご希望の方は下記のリンク先をご覧ください。

オンライン東大家庭教師友の会” width=

 

入会をご検討されている方へ

入会をご検討されている方は、上記リンク先のWEBフォームまたはお電話よりお問い合わせください。

入会についての流れや疑問については、リンク先の「入会までの流れ」をご覧ください。

入会までの流れ

 

他大学の入試傾向・対策

  • 慶應義塾大学
  • 早稲田大学
  • 上智大学
  • 国際基督教大学
  • 明治大学
  • 青山学院大学
  • 立教大学
  • 中央大学
  • 法政大学
  • 東京理科大学

new_pc_btn_experience_common

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集