体験授業無料受付

中1のための家庭教師

中1のための家庭教師

中1のお子様に家庭教師をおすすめする理由

中1はつまずきやすい時期

小学校を卒業し中1になると、日々の学習において様々な変化が起こります。1つめが授業の変化です。小学校の授業は全員が理解できるよう復習も兼ねた内容で進みますが、中学校の授業は復習もあまり行われず授業についていけない生徒も増えてきます。2つめが科目数と内容の変化です。中学校では算数が数学になったりと科目内容が高度になり、定期テストでは副教科のテストも実施されるので勉強量が一気に増加します。3つめがテストの範囲とレベルの変化です。小学校では月に一度復習を兼ねたテストが行われることが多いですが、中学校では年に5回ほどなので、テスト範囲は小学校の頃の倍になります。また、基本重視の小学校のテストに比べ、中学校では応用力が問われるなど、テストのレベルが上がります。以上の3つの理由で、小学生の頃は成績優秀だった生徒でも、中1になったとたん躓いてしまうことが多くなるのです。

中1のうちに勉強習慣をつけることはとても大切

小学生の内は授業や宿題をなんとなくこなしていれば、テストである程度の点数をとれてしまうケースがありますが、授業レベルとスピードが上がり、科目数が増える中1にもなるとそうはいきません。中学校でいい成績を取るには、中1の内から毎日継続的に勉強することがとても大切です。また、中1の内に勉強習慣が身に着かないと、苦手科目や苦手分野、分からないところが雪だるま式に増えていき、高校受験を控えた中3の頃にはもう手遅れになっているというケースもよくあります。そのため、中学校に入学したての中1のうちに勉強習慣を着けることが鍵になります。

 

東大家庭教師友の会なら中1のお子様をこう伸ばす

指導力ある家庭教師教師が考える、完全オーダーメイドの指導

友の会には東大や早慶などの難関大生教師が25,000人も在籍しています。そこから採用率20%という厳しい選考を行うことで、中1のお子様に分かりやすく教えられる指導力を持った教師を選抜しています。個性はお子様1人1人異なるので、もちろん最適な指導法や接し方は変わってきますが、指導力ある友の会の教師なら、お子様の性格や苦手分野を詳細に把握し、最も学力が伸びるような完全オーダーメイドの指導を提供することができます。

勉強の仕方やノートの取り方から指導

中1の内から自分にあった勉強法をみつけることで、その後の学習がグッと楽になります。東大家庭教師友の会の教師は実際に試行錯誤した結果、勉強法を確立し、その勉強法で難関大学に合格したという経験があります。そのため、「どのように学習すれば効率よく勉強できるか」「どうすれば自分に合った勉強法を確立できるか」を手取り足取り教えることができます。また、授業中のノートの取り方なども指導することができます。

綿密な学習計画で勉強習慣の定着

勉強法と同じくらい大切なのが、勉強習慣の定着です。東大家庭教師友の会の教師は、お子様の学習状況を把握し、お子様・親御様とよく話し合いながら計画を立てることで、中1のお子様でも無理なく学習できる計画をお考えします。家庭教師の授業と綿密な学習計画で、お子様も指導のない日でも勉強に取り組め、結果的に勉強習慣を定着させることができます。また友の会は、宿題の達成度・授業内容・生徒様の授業の理解度・次回までの宿題などを確認できるマイページを生徒様1人1人に用意しております。

高校受験対策や塾のフォローも

中1の内から高校受験を見据えた指導をご希望の方もお任せください。東大家庭教師友の会に在籍するのは実際に高校受験を体験し、乗り越えてきた教師ばかりです。高校受験のポイントや対策のコツを活かした指導で、中1のお子様の先取り学習をサポートいたします。また、高校受験対策は、学校の入試情報や対策法を熟知した志望校出身の教師に指導してもらうことが大切ですが、友の会には様々な高校出身の教師が在籍しています。また、鉄緑会や平岡塾、SEGなどの塾のフォローもお任せください。

 

東大家庭教師友の会に興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。資料請求や体験授業のお申し込みができます。

中1のお子様におすすめのページ

  • 中1の英語対策はこちら
  • 中1の数学対策はこちら

new_pc_btn_experience_common

このページに関連する家庭教師紹介

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集