体験授業無料受付

家庭教師の探し方

家庭教師の探し方

家庭教師の探し方を
東大家庭教師友の会が徹底解説!

「子どもに合った家庭教師の探し方がわからない…」
「家庭教師を探す際に気をつけるべき点がわからない…」
といったお悩みを持っていませんか?

生徒様に合った家庭教師を見つけることは、その後のより良い学習や目標達成に繋がるため重要なステップですが、多くのご家庭様にとって難しい選択となります

ご家庭様にとっての最適な家庭教師探しをサポートするため、東大家庭教師友の会がその方法を徹底解説いたします。

家庭教師の探し方を
こだわりポイントからご紹介

このページでは、ご家庭様のこだわりポイントやご要望に沿った家庭教師の探し方をご紹介します。

ご家庭様や生徒様のご希望に当てはまるものがありましたら、以下の目次から家庭教師の探し方をご確認ください。

教師にこだわりたい方に
おすすめの家庭教師の探し方

志望校合格教師に教わりたい方へ

1. 検索する

1-1. キーワードで検索する

GoogleやYahoo!等の検索エンジンで、「志望校名 家庭教師」と検索する方法です。例えば、「東京大学 家庭教師」と検索すると、東京大学に在籍する教師を簡単に見つけることができます。

1-2. サイト内検索をする

家庭教師センターのWEBサイトの中には、ご家庭に合った教師を検索する機能がついているものがあります。この教師検索を用いると、志望校に合格した経験のある教師を簡単に絞り込むことができます。

2. 大学に問いあわせる

多くの大学では、大学生協や就職支援課が学生家庭教師バイトの斡旋を行っています。そのため、志望大学の生協や就職支援課に、家庭教師依頼の問い合わせをすることも一つの方法です。

以下の大学生協を利用するメリットとデメリットを考慮して判断することがおすすめです。

メリット

問い合わせた大学の学生が応募するため、志望校に在籍する家庭教師をつけることができます。

デメリット

選考以降は大学によるサポートがない場合が多くあります。そのため、「教師との相性が悪い」「教師が当日キャンセルした」などトラブルが起きた際の対応を全てご家庭様が行わなければなりません。

プロ家庭教師に教わりたい方へ

1. センターのプロ家庭教師を探す

1-1. キーワードで検索する

GoogleやYahoo!等の検索エンジンで、「プロ家庭教師」をキーワードに入れて検索する方法です。例えば、「プロ家庭教師 中学受験」と検索すると、中学受験対策に適切なプロ家庭教師を簡単に見つけることができます。

>>プロ家庭教師のメリット・デメリットを見る

1-2. 比較サイトを参考にする

家庭教師比較ネットStudySearch等の家庭教師センター比較サイトを利用すると、プロ家庭教師の中から目的や予算にあったセンターを簡単に絞り込むことができます。

>>家庭教師センターの選び方を見る

2. 個人契約のプロ家庭教師を探す

2-1. マッチングサイトに登録する

家庭教師の登録会社や掲示板を利用する方法です。こうしたサイトでは、ご家庭に合った個人契約の教師を検索することができます。

家庭教師センターのように仲介手数料がかかることはありませんが、契約が成立した場合にマッチング料を請求される場合もあるため注意が必要です。

2-2. 知人に依頼する

家庭教師をつけた経験のある知人に紹介を依頼する方法や、知人に家庭教師になってもらうよう依頼する方法もあります。

学生家庭教師に教わりたい方へ

1. センターの学生家庭教師を探す

1-1. キーワードで検索する

GoogleやYahoo!等の検索エンジンで、「大学名 家庭教師」と検索する方法です。例えば、「慶應義塾大学 家庭教師」と検索すると、慶應義塾大学に在籍する教師を簡単に見つけることができます。

>>学生家庭教師のメリット・デメリットを見る

1-2. 比較サイトを参考にする

家庭教師比較ネットStudySearch等の家庭教師センター比較サイトを利用すると、プロ家庭教師の中から目的や予算にあったセンターを簡単に絞り込むことができます。

>>家庭教師センターの選び方を見る

2. 個人契約の学生家庭教師を探す

2-1. 大学に問いあわせる

多くの大学では、大学生協や就職支援課が学生家庭教師バイトの斡旋を行っています。そのため、大学の生協や就職支援課に、家庭教師依頼の問い合わせをすることも一つの方法です。

以下の大学生協を利用するメリットとデメリットを考慮して判断することがおすすめです。

メリット

問い合わせた大学の学生が応募するため、ご希望のレベルの大学に在籍する家庭教師をつけることができます。

デメリット

選考以降は大学によるサポートがない場合が多くあります。そのため、「教師との相性が悪い」「教師が当日キャンセルした」などトラブルが起きた際の対応を全てご家庭様が行わなければなりません。

2-2. マッチングサイトに登録する

家庭教師の登録会社や掲示板を利用する方法です。こうしたサイトでは、ご家庭に合った個人契約の教師を検索することができます。

家庭教師センターのように仲介手数料がかかることはありませんが、契約が成立した場合にマッチング料を請求される場合もあるため注意が必要です。

2-3. 知人に依頼する

家庭教師をつけた経験のある知人に紹介を依頼する方法や、知人に家庭教師になってもらうよう依頼する方法もあります。

指導内容にこだわりたい方に
おすすめの家庭教師の探し方

受験対策をしたい方へ

1. 検索する

1-1. キーワードで検索する

GoogleやYahoo!等の検索エンジンで、「対策したい学習内容 家庭教師」をキーワードに入れて検索する方法です。例えば「中学受験 算数 家庭教師」と検索すると、中学受験の算数対策に適切な家庭教師を簡単に見つけることができます。

1-2. サイト内で検索する

家庭教師センターのWEBサイトの中には、ご家庭に合った教師を検索する機能がついているものがあります。この教師検索を用いると、志望校に合格した経験のある教師を簡単に絞り込むことができます。

2. 大学に問いあわせる

多くの大学では、大学生協や就職支援課が学生家庭教師バイトの斡旋を行っています。そのため、志望大学の生協や就職支援課に、家庭教師依頼の問い合わせをすることも一つの方法です。

以下の大学生協を利用するメリットとデメリットを考慮して判断することがおすすめです。

メリット

問い合わせた大学の学生が応募するため、志望大学に在籍する家庭教師をつけることができます。

デメリット

選考以降は大学によるサポートがない場合が多くあります。そのため、「教師との相性が悪い」「教師が当日キャンセルした」などトラブルが起きた際の対応を全てご家庭様が行わなければなりません。

定期テスト対策をしたい方へ

1. 検索する

GoogleやYahoo!等の検索エンジンで、「学校名 定期テスト 家庭教師」をキーワードに入れて検索する方法です。例えば開成中に通われている方は「開成中学校 定期テスト 家庭教師」と検索すると、開成中の定期テスト対策に適切な家庭教師を簡単に見つけることができます。

塾の補習をしたい方へ

1. 検索する

GoogleやYahoo!等の検索エンジンで、「塾名 家庭教師」と検索する方法です。例えばサピックスに通われている方は「サピックス 家庭教師」と検索すると、サピックスの授業補習に適切な家庭教師を簡単に見つけることができます。

2. 塾の個別指導サービスを利用する

集団塾の中には、早稲田アカデミーのように個別指導サービスを展開して集団授業のフォローアップを行う塾もあります。生徒様が通われている塾で個別指導サービスが提供されているか確認しておくと良いです。

サポート体制にこだわりたい方に
おすすめの家庭教師の探し方

安心して指導を受けたい方へ

1. 体験授業を受ける

1-1. 体験授業を受けられるかを確認する

教師と生徒様との相性や教師の質を確認するため、体験授業を受けることは非常に重要となります。体験授業を受けられる家庭教師センターであることを確認しましょう。

1-2. 体験授業の教師がその後も担当するかを確認する

体験授業をした教師ではない人が生徒様の担当教師となるセンターもあります。センターに問い合わせたり、実際の口コミを参考にすることで、体験授業の教師がその後も担当することを確認しましょう。

2. 教師変更ができるかを確認する

生徒様との相性が悪い教師である場合や指導力が低い教師である場合は、生徒様の効果的な学習が困難となってしまいます。 その際、生徒様の学習をより良いものにするために教師変更を行う必要があります。

そのため、教師変更ができるセンターであることを確認しておくことがおすすめです。

料金にこだわりたい方に
おすすめの家庭教師の探し方

授業料を安く抑えたい方へ

1. 個人契約の家庭教師を探す

個人契約では、仲介手数料・管理費・入会金がかからないため、センターと比べて費用がかかりません。そのため、コストを抑えたいという方には個人契約の家庭教師を探すことがおすすめです。

個人契約の家庭教師の探し方は3種類あります。

1-1. 大学に問いあわせる

多くの大学では、大学生協や就職支援課が学生家庭教師バイトの斡旋を行っています。そのため、大学の生協や就職支援課に、家庭教師依頼の問い合わせをすることも一つの方法です。

以下の大学生協を利用するメリットとデメリットを考慮して判断することがおすすめです。

メリット

問い合わせた大学の学生が応募するため、ご希望のレベルの大学に在籍する家庭教師をつけることができます。

デメリット

選考以降は大学によるサポートがない場合が多くあります。そのため、「教師との相性が悪い」「教師が当日キャンセルした」などトラブルが起きた際の対応を全てご家庭様が行わなければなりません。

1-2. マッチングサイトに登録する

家庭教師の登録会社や掲示板を利用する方法です。こうしたサイトでは、ご家庭に合った個人契約の教師を検索することができます。

家庭教師センターのように仲介手数料がかかることはありませんが、契約が成立した場合にマッチング料を請求される場合もあるため注意が必要です。

1-3. 知人に依頼する

家庭教師をつけた経験のある知人に紹介を依頼する方法や、知人に家庭教師になってもらうよう依頼する方法もあります。

2. 家庭教師センターの比較サイトを利用する

家庭教師比較ネット等の家庭教師センター比較サイトを利用すると、家庭教師センターの中で授業料が安い会社を探すことができます。

安心できる支払い制度をお探しの方へ

1. 後払い制か確認する

前払い制の場合、家庭教師会社を解約・変更する際に返金されないことが多く発生します。 そのため、先に支払いをしているとご家庭様にとっての損に繋がってしまいます。

後払いの支払いシステムであれば、実際に受講した指導時間分のみ請求されるため、無駄なく明快な料金で家庭教師を利用することができます。

2. 料金詳細が明記されているか確認する

ホームページやパンフレット等に入会金や料金詳細が記載されていない場合、高額の料金を請求する会社である可能性があります。

必ず電話やメール等で会社に問い合わせて確認したり、そのような会社の家庭教師を雇うことを避けたりしましょう。

その他のチェックポイント

家庭教師を探す際、確認しておくべきポイントをご紹介いたします。以下の内容をチェックしたうえで、安心して家庭教師サービスを利用しましょう。

教師の紹介までどのくらい時間がかかるのか?
指導希望地まで教師の派遣が可能か?
初めに申し込んだ科目以外も指導可能か?
指導曜日は変更できるのか?
指導を休んだ場合、キャンセル料はかかるのか?
指導を休んだ場合、振替授業は必要か?

家庭教師の探し方のまとめ

ご家庭様のこだわりポイントや目的別に、家庭教師の探し方を紹介しました。 目標達成に向けて学習を進められるよう、生徒様にぴったりな家庭教師を探しましょう。

お問い合わせはこちらから!

ここまで読んでいただきありがとうございました!

東大家庭教師友の会にご興味のある方や、家庭教師の探し方にお悩みの方はぜひお気軽にお問い合わせください。

free-lesson
free-pamphlet

 

家庭教師を選ぶ際のポイント9つ

  • 家庭教師のメリット・デメリット
  • 個人契約の家庭教師
  • 学生家庭教師とプロ家庭教師の違い
  • 最適な教師の選び方
  • 家庭教師センター(会社)の選び方
  • 家庭教師の料金相場
  • 家庭教師契約の注意点
  • 家庭教師の探し方
  • 教師検索

 

new_pc_btn_experience_common

  • 教師検索
  • お気に入り教師を見る
  • 小学生向けページ
  • 中学生向けページ
  • 高校生向けページ
  • はじめての方へ

  • 特集